運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年06月24日

トレーニングを行う上での幾つかのハードルを取り除く

前回は 筋力を高めるにはオーバーロードの原則の
考え方が大事
、という内容で 如何に継続的に



筋力を高めて行くか?と言う事に ついて綴りましたが、
今回は『トレーニングを行う上での幾つかのハードルを



取り除く』と言う事について書いて行きたいと思います。





トレーニングを行う際には、心の葛藤、体調の崩れ、関節の痛み、
時間の有無、場所、など幾つかの問題が常に付きまといます。




心の葛藤については、どれだけ長くウエイトトレーニング
継続して居ても毎回、必ず乗り越えなければなりません。





今日はイマイチやる気が出ない、と言う事を始めとして、
先程 記した『体調が、関節が痛む、時間が無い、場所が・・』




と、続いてしまうのです。




この心の葛藤を 一つづつ取り除いて行くには、その日の
体調なりに行えることをやる!という所から意欲を高めて、





関節が痛むのなら、可動域を短くするとか、バーベルや
マシンでは無く、ダンベルを使い、




痛むポイントからズラして、出来る範囲内で筋肉に最大限
刺激を与える、と言う事をイメージして、




どの様にトレーニングを行うかを考えている段階で、
トレーニング意欲が どんどん湧いて来ます。




そうして居る内に、集中力が直ぐに高められ無い場合は
思った以上に時間が過ぎてしまう事があると、




結局、トレーニングをしようか否か、の迷いが
生じてしまいます。




トレーニングを行う際に、最も モチベーションを左右するのは
時間の有無だと思います。





忙しくて時間が取れない。反対に、時間がありすぎてトレーニングを
後回しにした結果、ズルズルと時間が経過してしまい、




意欲もドンドン削がれ、とうとう その日はトレーニング行えず終い、
と言う事すら あります。





時間が無さすぎると、トレーニングが行えないですし、有りすぎると
ダラけて時間を無駄にしてしまう。



なので、忙しい合間の『この時間に必ず20分か30分ほど運動を行う』
と、決めて、必ず実行する事が大事ですし、




反対に、時間がありすぎる時も『この時間に必ず行う。』
と決めて、その通りにトレーニングを開始する事が大事です。





時間を上手く使う事で、多少モチベーションが低い時でも、
『一気に やっちゃおう!』と勢いで




トレーニングを終えられる事もあるので、時間はキッチリ
管理しましょう。




もう一つのポイントである、『場所』ですが、いざトレーニングを
行おうと思っても、トレーニングを行うのに相応しく無い場所では、



トレーニングを行い様が ありません。




今時は、なかなか公園で運動するのも 躊躇ってしまいますし、
そんな時はモチベーションを 一旦 鎮め、




着替えを用意してジムに行くか、モチベーションを再び高めて
自宅で行うなど しましょう。



パワーラックで自宅で安全にトレーニングを行う


自宅でも、パワーラックがあれば、フリーウエイト
トレーニングで全身の運動を安全に行う事が出来ますし、




何より、トレーニング用の着替えも用意する必要が
無いので、



モチベーションを高めた瞬間にパッ、と行えるので
その点は自宅だからこその 優位点だと思います。




こうして、心の葛藤を毎回のトレーニングの度に
乗り越える事が出来るので、時間や体調を管理し、



トレーニングイメージを高めて毎回のトレーニングに
臨みましょうね。


パワーラックがあれば自宅でも安全にトレーニングを行える
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング