最もシンプルなトレーニング器具バーベルとダンベルを活用する: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

posted by fanblog

2020年05月29日

最もシンプルなトレーニング器具バーベルとダンベルを活用する

ウエイトトレーニングと言う言葉のイメージから普段トレーニングを
する習慣の無い人でもベンチプレスの動作をしながら


『これ何kg位挙げられるの?』


と真っ先に思い浮かべ、聞いて来る程ウエイトトレーニングのイメージ
としてトレーニング=ベンチプレスと定着しています。


(とは言え、実際にはジムに行くと フィットネス目的でジムに通っている
ほとんどの人はフリーウエイトでは無く マシン種目を行っている事が

多い様に感じますが。)


大胸筋を刺激するベンチプレスのグリップ位置


マシンだと それぞれ決まった可動範囲で動作途中に軌道もブレないで行え
ますし、もし限界まで追い込んだとしても構造上 潰れる心配も無く行えるしで

フィットネス以外の筋力を強くしたいとか、筋肉を大きくしたいと言う人も
最初の内はマシンを使用した方が今まで動かした事の無い筋肉を可動させて


筋肉を活性化させる為に とても有効だと思います。


マシンでは決まった重量までしか扱えない為、マシンの限界重量以上に筋力が
向上して以降、その制限を超えて無理にウエイトを追加させて運動を行うと、

ケーブルが千切れたりして危ないですし、ジム側にも迷惑に なってしまうので、
マシンに備え付けられている重量では物足りなくなったらフリーウエイトも


取り入れて 疲労した状態で行う。と言う方法で行えばマシンの限られた
重量でも再び成果を出せるので、上手く使い分けましょう。


マシンとフリーウエイトを上手く使い、自宅で
上腕三頭筋を鍛える



話しはズレましたが、フリーウエイトは別に重量制限は無いので自身の
身体が耐えられる範囲内で行っていけばオーバーロードの原則に則って

筋力は強くなり続ける。と言う事は『更に筋肉に強い負荷を掛けられる
様に なる』と言う事なので、今まで以上に強い刺激を与える事で筋肉を

太く大きくする事にも繋がります。


筋肥大の根本はオーバーロードの原則の発想・
考え方が大切



その際にバーベルとダンベルを活用し、ダンベルでは行い難い種目をバーベルで、
バーベルでは行いづらい種目をダンベルで。と言う様に使い分ける事で

トレーニングバリエーションを どんどん広げられるので、筋肉に同じ刺激の
連続で慣れさせない様に色々な応用パターンで それぞれの部位に対して

トレーニングごとに異なる負荷を 掛けて行きましょう。


腕立て伏せとベンチプレス、ダンベルベンチ、
マシンの長所短所



例えば、胸をトレーニングする場合、1週〜3週はバーベルベンチプレスを
行い、4週〜6週目はダンベルベンチプレスを行う、と言う感じで似たような

種目でも バーベルと ダンベルとでは軌道・範囲、角度など違いますし、
ダンベルの場合は それに加え、両方のバランスを保つ力と集中力も

大切に なります。



バーベルシャフトが家に1本あるだけで上半身はショルダープレス、ベンチ
プレス、ベントオーバーローイング、デッドリフト、ナロウグリップ

ベンチプレス、アップライトローイング、シュラッグ、ちょっと手首に
負担が掛かるけれどバーベルカールと言った種目が行えますので、


重量を使い分ければ各種目ドロップセットで追い込めますし、シンプルな
鉄の棒が自身の身体に とって、非常に重要な役割を果たしてくれるのが

良く分かるかと思います。


脚はスクワットにランジ・スクワット、カーフレイズと言った種目で充分
効果を感じられますし、汎用性の高いバーベルシャフトが1本あるだけで

自宅トレーニングが かなり幅広く行えます。


【自宅でガンガン筋肉に激を与えるなら こちら↓↓】

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8210961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。