自宅でトレ―ニングに変化を付けるなら組み合わせを増やす: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年01月15日

自宅でトレ―ニングに変化を付けるなら組み合わせを増やす

昨日は『トレーニングマシンのみで筋肉に新鮮な刺激を
与え続けるには?
』と言うタイトルで 限られた器具、

限られたトレーニング種目の中で如何にマンネリ感を
感じずに継続的に筋肉に新鮮な刺激を与え続ける

方法に ついて綴りました。

昨日のブログ→トレーニングマシンのみで
筋肉に新鮮な刺激を与え続けるには?

1つの器具しかないと 限られたトレーニング種目の種類しか
行えないですし、まして それがマシンの場合は変化を

加える為に 色々な工夫すること自体が難しいです。


ですが、1レップ毎の動作スピードや筋肉に負荷を乗せる
タイミングに変化を付けたり、トレーニングの組み合わせを

変えたりする事で決められた軌道でしか動かせないマシンでも
飽きが来る事無く、継続的に変化を加えて行く事が出来ます。


【ホームジムマシンで自宅で安全に身体を
鍛えるなら こちらから↓↓】




ホームジムマシンで上半身や下半身を鍛える

ホームジムマシンで自宅で安全に身体を鍛える→→


自宅で安全に運動すると言う事を重視した場合、ホームジム
マシンが最も適して居ると思いますし、何よりも軌道が完全に

定まって居る為、トレーニングを始めたばかりで どうやって
運動を行えば良いのか分からない、と言う人でもマシンの


動きの通りに 押したり引いたりと言った動作を行えば、それだけで
筋肉にしっかりと負荷を乗せる事が出来ますし、


マシンのスペース分の幅が あれば上半身から下半身まで運動が
行えるので、ジムに行く時間もないし、人目が気になるのは

嫌だから『家でトレーニングしたいな。』と思った時に最初に
導入する器具としては 最も適切だと思います。

ホームジムマシンの安全性と気軽さ

しかし、やがて重量を追加して行くだけでは飽きを感じて
しまうので工夫を少しづつ加えて行く必要が あるのです。


昨日、一昨日に書いた様にマンネリ感を防ぐ為に変化を加えるのは
さほど難しく無くて、ほんの少しだけ いつもと違うポイントを

重視して行うだけです。



その上で更に変化を加えるならダンベルを数セット入手すると、
非常に楽に なります。


マシンでラットプルダウンを行ってからワンハンド・ダンベル
ローイングを行って広背筋を よりピンポイントで鍛えたり、


あるいはラットプルダウン効果を もっと高める為にダンベル
プルオーバーを行ってプレイグゾースト法(事前疲労法)の


効果を高めてから行ったりと、ダンベルが ある事で短い時間の
中で筋肉に より集中的に刺激を与える事が出来ます。


背中だけに限らず、二頭筋や大胸筋、脚ならばレッグエクス
テンションからのランジスクワットなどの組み合わせも

考えられますね。

自重トレーニングで足を鍛える/ランジ
スクワットとブルガリアンスクワット

マシンにダンベルを加えるだけで行えるトレーニングのバリエー
ションが遥かに増えるので、万が一マシンの工夫に困った時には


ダンベルも取り入れてみて下さいね。

【固定式ダンベルなら動作に集中して筋肉に
刺激を与えるなら こちら↓↓】





固定式ラバーダンベルで身体を鍛える

固定式ダンベルなら安定した動作でトレーニングが行える→→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9560039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング