ネガティブ動作を意識してトレーニングを行う事で強い負荷を筋肉に与える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年12月11日

ネガティブ動作を意識してトレーニングを行う事で強い負荷を筋肉に与える

昨日は『筋肉に強い刺激を与える為に可動範囲を意識する/
収縮と伸展
』と言うタイトルで何処から何処までが


自身の筋肉に とっての最大限に収縮・伸展が強まる
ポイントなのか?と言うのは結局の所、自分自身にしか

分からないと言う事を綴りました。

昨日のブログ→筋肉に強い刺激を与える為に
可動範囲を意識する/収縮と伸展


自宅でもジムでも トレーニングを短い時間で効率よく
終える為には 必ず動作中に筋肉に最大限の負荷が

掛かり続ける様に意識し続ける必要が あります。


こうして可動範囲をキッチリと意識しながら行えば、自宅
トレーニングに おいて必ずネックと なる『家に所有している


重量が限界に達した為、それ以上の加重が行えない』と言う
点に関して、多少なりとも解決する事が出来ます。

自宅トレーニングとジムでのトレーニングは
どう違うのか?(前篇)


ジムに行けばダンベルにしても バーベルプレートにしても
幾らでも重量を上げて行く事が出来ますが、しかしながら


自宅で行おうとする以上は ある程度で限界に達してしまいます。


そこで これまでに書いて来た様に事前に集中力を高めてから
トレ―ニングに臨み、可動範囲を しっかりと意識しながら

反復運動を行い、出来るだけ短い時間で終えて、後は回復に
努めると言うのが大切なのですが、


この時に、より中身を濃くする為に ネガティブ動作を強く意識
しながら行う事も重要に なります。

フォースト・レップ法とネガティブレップで
筋肉に強い刺激を与える


筋肉に限られた重量で強い負荷を与えようと思うと、例えばベンチ
プレスならば、押し上げる動作以上に挙げた重量を下げて行く時、


ラットプルダウンならば、引き寄せた重量を伸ばして行く時に
重量に逆らいながらゆっくりと筋肉に負荷を与える動作が


ネガティブ動作と なるのですが、(つまり収縮させてから完全に
伸展させるまでの筋肉への負荷ですね。)


このネガティブ動作を強く意識して行う事で、自宅内の限られた
重量と短い時間の中で充分に筋肉に負荷を与える事が可能と

なります。



筋肉を動かして出来るだけ強い刺激を与えようと思うと、ググッと
筋肉を絞り込んで収縮させる事も大事ですが、


その後のネガティブ動作も ゆっくりと行う事で決めた回数内で
筋肉に対して しっかりと刺激を与える事が出来るので


収縮・伸展を意識した上で、ネガティブ動作も重視したいですね。


ネガティブ動作をキッチリ意識すると トレーニングのツラさが
グン、と跳ね上がりますが、それを乗り越えた時に


自身が思っている以上の成果を感じる事が出来ると思うので、
ネガティブ動作を意識しながらウエイトトレーニングを

行ってみて下さいね。


少しの意識の仕方で身体への反応が かなり変わるので、ポジティブ
動作時の収縮とネガティブ動作時の伸展を意識しながら行うと

強い反応を得られるので、モチベーションも高まると思います。

収縮と伸展を意識し反復運動を継続させる事が
理想を手に入れる手段


GOLD'S GYM公式通販




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9487490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング