部屋の狭いスペースで上半身を上手く鍛える/ベンチ台選び: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年11月17日

部屋の狭いスペースで上半身を上手く鍛える/ベンチ台選び

前回は『家にトレーニング器具を置くスペース的
余裕が無い場合、どうするべきか?
』と言うタイトルで


狭い範囲内でも満足の行くトレーニングを行える方法として
トレーニングを行う時以外はコンパクトに折り畳んで

部屋の片隅にでも片づけて置けるので、インクラインベンチ台や
デクラインベンチ台を取り入れると色々な種目を色々な角度で

行える。と言う事も あり、限られたスペースで長くトレー
ニングを続けて行く上で これらのアイテムは非常に有効です。

と言った事に ついて綴りました。

前回のブログ→家にトレーニング器具を置くスペース的
余裕が無い場合、どうするべきか?


ベンチ台を置く位のスペースを確保できたとしても、狭いと
行えるトレーニングは限られて来ますので、

出来る事なら少しでもスペースを作ってトレーニングを
行いたいところです。


なので、下半身は兎も角として、上半身はダンベルと
ベンチ台だけで工夫してトレーニングする必要が

ありますね。

胸のトレーニングに欠かせないダンベルフライで
強烈に大胸筋を刺激する


まず、インクラインベンチ台を平面にした場合は そのまま
上に仰向けになり、フラットベンチプレスやダンベルフライ等の

大胸筋種目を行う事が出来ますし、台と向き合う形になり
片膝を台に乗せて安定させれば背中のトレーニングである


ワンハンド・ダンベルローイングが行えますし、あるいは
台に普通に座り、座った状態で片方の膝の内側に


肩肘を乗せて、その状態から腕を巻き込めばコンセントレー
ション・カールに なり二頭筋を鍛える事が出来ます。

コンセントレーションカールで狙い通り
二頭筋に負荷を乗せる


また、台自体に座らずとも腕の前腕部分だけを台に乗せて
ダンベルを手首の動作だけで上げ下げすると、


恐らくウエイトトレーニングの中で最も可動範囲が狭いで
あろう種目で ある前腕を鍛えるリストカールと なります。

ダンベルで前腕を鍛える/リストカール

他にも平面のベンチ台に対して そのまま座り、腕を万歳の
様に 上に上げ下げするだけでダンベルショルダープレスとなり、

肩の筋肉に対して大きな刺激を与える事が可能に なります。


こんな風にフラットベンチの様に使うだけでも上半身の
筋肉を肩・腕・胸・背中・前腕と鍛える事が出来ます。


その上でインクラインベンチ台だからこその性能通りに
少しづつ角度を変えて行ったり、工夫を凝らせば


筋肉に対してマンネリ感を生じさせる事無く、長い期間に
渡り 新鮮な負荷を与え続ける事が出来ます。


デクラインの場合は、更に特殊な角度になるので、
行える種目は かなり限られてしまいますが、


デクラインベンチ台も有効に使う事で通常では ありえない
角度で上半身の筋肉に負荷を掛け続ける事が出来るので


少し部屋のスペースの余裕が あるのならば、あるいは
少しでもスペースを作れるのならば、インクラインベンチ台と

デクラインベンチ台の機能を併せ持った こちらのベンチ台

入手してみて下さいね。↓↓


インクラインベンチ台とデクラインベンチ台の併用ベンチで身体を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9427702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング