日常生活の中で意識する事の無い僧帽筋は、その場その場で柔軟に刺激を与えてみる: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年10月23日

日常生活の中で意識する事の無い僧帽筋は、その場その場で柔軟に刺激を与えてみる

前回は『シュラッグにおけるダンベルとバーベルの違い/
筋肉の動きを捉えるのが何よりも大事
』と言う内容で


シュラッグと言う 重りを握り、肩を すくめる事で僧帽筋を
収縮させ、発達を促すシンプルで短い動作の中で


ダンベルとバーベルの どちらを選択し、如何に強く負荷を
与えるか?と言う点に ついて綴りましたが、


短い可動範囲ながらも選択する器具に よっては少しだけ
可動範囲が広がるので その日の体調や疲労具合に よって


何を握ってシュラッグを行うか、と言うのを決めるのが
良いと思います。

前回→シュラッグにおけるダンベルとバーベルの違い/
筋肉の動きを捉えるのが何よりも大事


どうしても、トレーニングを行う時には大体の種目と
扱う器具を決めてから行い始めますが、


僧帽筋の運動に馴れて居ない段階だとガッチリと決めて
行わない方法も ありかも知れません。



勿論、運動に馴れて来たら その日に何を行うべきか?
と言う事を しっかりとイメージして集中力を高めてから


トレーニングに臨んだ方が力も出し易くなりますし、集中して
取り組める分、その場その場で何をやろうか?と決めるよりも


時間も大幅に短縮出来ます。


トレーニング継続にはパッと切り替える柔軟性と
瞬時に集中力を高められる目的意識が大切


なので、通常のトレーニング時は やる事を事前に決めてパッ、
と各トレーニング種目に取り組んだ方が良いのですが、


何しろ僧帽筋は日常生活の中で意識的に動かす事が少ない部位
ですから、慣れて居ない内は収縮感を感じながら反復運動を



行うのは難しいですから、まず1セット目にバーベルでアップ
ライト・ローイングやシュラッグを行ってみて、


イマイチ効果を感じなかったら2セット目にはダンベルに
持ち替えるか、もしくは種目自体を変えて僧帽筋へ


負荷の掛かるのに適した運動を色々試してみる位の柔軟性で
取り組んだ方が上手いこと僧帽筋に適切な負荷を

与えられる様に なるかも知れません。



バーベルで身体を鍛える
以前も何度か書いた事が ありますが、プレイグゾースト法の
考え方で、例え僧帽筋の収縮感が分かりづらくても



アップライトローイングを行ってからシュラッグを行ったり、
反対にシュラッグを行ってからアップライトローイングを


行うと事前に疲労している分、僧帽筋への負荷得られ
やすくなります。


その他の僧帽筋への負荷を与える種目として、狭い
可動範囲でのデッドリフトが有効です。


これも、いきなり狭い可動域でデッドリフトを行う
のでは無く、あくまで、プレイグゾースト法の流れで


僧帽筋に事前に負荷を与えてからで無いと、強い効果は
感じ難いので、先にアップライトローイングか シュラッグを



行ってから、最後の締めの種目として狭い可動域での
デッドリフトを取り入れてみると、僧帽筋へ強い負荷が

乗っているのが分かるかと思います。


バーベルを上手く活用して僧帽筋に負荷を与える→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9337786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング