シュラッグにおけるダンベルとバーベルの違い/筋肉の動きを捉えるのが何よりも大事: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年10月22日

シュラッグにおけるダンベルとバーベルの違い/筋肉の動きを捉えるのが何よりも大事

前回は『ダンベルシュラッグを行う際に肘の動きを
意識して収縮感を強める
』と言う事に ついて


綴りましたが、バーベルでもダンベルでもシュラッグは
可動範囲が狭い為、如何に その短い軌道の中で収縮感を


強めるか?という事が大切に なる訳ですが、少し前に
書いた様にバーベルでシュラッグを行う場合は、


バーベルの形状上、身体の正面で保持したまま肩を
すくめる動きだけで僧帽筋を絞り込まなければ ならない為、


しっかりと僧帽筋の動きを捉えられていないと、収縮感を
感じる事は難しいです。


前回→ダンベルシュラッグを行う際に肘の動きを
意識して収縮感を強める


しかし、ダンベルの場合は左右独立している単体の形状の為、
身体の側面に持って行き、その位置で上げ下げ出来る為、


僧帽筋の収縮感を得やすい。と言うメリットが あります。


そしてダンベルの場合はバーベルに比べて微妙に可動範囲を
広めに行えますし、もし動作の途中で筋力が尽きたら


バーベルの様にプレートを付け替える必要も無く、サッと
足元かラック内から少し軽めのダンベルに持ち替えるだけで


ドロップセット法を継続して行えるので、筋肉の緊張状態の
持続時間が数秒~数10秒長引き、筋肉に より強い負荷を


与える事が可能になります。

バーベルシュラッグで僧帽筋を収縮させる/手幅を工夫する

勿論、バーベルもプレートを付け替えるのが物凄く素早く
行えれば、プレートの付け替えで生じるドロップセット間の

インターバルも短く済ませる事が出来、筋肉を休ませる事無く、
強烈な刺激を継続的に与え続ける事が出来ますが、


通常はダンベルを持ち替えるよりも時間が掛かってしまうので
思い通りには行かないものです。(^_^;)


あと、ダンベルとバーベルの違いと言えば、通常フィットネス
ジムにあるダンベルは30sくらい迄だったり、

50s手前くらい迄だったり、90sちょっとまでと、スポーツ
ジムに よって かなりバラつきが ありますが、


いずれにしても90何キロまでしかありません。(多分ですが(^_^;) )


それに対してバーベルはガンガン プレートを追加して行けるので、
単純な重量の重さならばバーベルで行う方が遥かに重い負荷を


筋肉に与える事が出来ます。


しかし、先程も書いたように、シュラッグの場合はバーベルの
形状故に、身体の正面で保持したまま上げ下げ動作を


反復しなければならない為、軽い重量を扱っている段階から
しっかりと僧帽筋の動きを捉える様に工夫して居なければ、


いざ、そうして物凄い高重量を扱おうと思っても、僧帽筋に
対して適切な負荷を掛ける事が出来る訳は ありませんので、


筋力が伸びて、いつか高重量を扱う事が出来る様になった時の
為にも僧帽筋の動きをイメージしながら運動を行いましょう。


高重量を扱えば必ずしも筋肉に対して、その重量に見合った
刺激を与えられる訳では無いので、筋肉の動きに重量を


乗せる事が大事になります。



その意味で言えば、例えば100sのバーベルシュラッグを
出鱈目に行うよりも、20sのダンベルシュラッグをしっかりと


丁寧に行う方が、僧帽筋に対して的確に強い刺激を与える事が
出来るでしょうし、バーベルとダンベルを入れ替えても


同様の事が言えると思います。


なので大切なのは、握る器具や重量では無く、筋肉の動きに
対して負荷を乗せる事が出来るか否か?という事ですね。

アップライトローイングで僧帽筋を
強く絞り込む/イメージが大切


僧帽筋のトレーニングはアップライトローイングの様に
可動範囲が広かったり、シュラッグの様に狭かったりで

それぞれの動作で筋肉の動きを捉えるのが難しいかも
知れませんが、軽い重量で何度も反復して居る内に


少しづつ掴める様に なりますし、筋肉痛を何度も経験して
居る内に 僧帽筋が どういう動きで負荷が掛かるのか?

と言うのが日常の中で掴める事も あるので、まずは
ダンベルで軽い重量で何度も反復運動を行ってみて

下さいね。



ダンベルで身体を鍛える

ダンベルで僧帽筋を鍛える→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9334072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング