自宅だからこそ、予め重量設定や器具を揃えてトレーニングが行える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年09月11日

自宅だからこそ、予め重量設定や器具を揃えてトレーニングが行える

前回は『ダンベルが数セットあれば短時間で
二頭筋を追い込める
』と言う内容で、



ダンベルラックが仮に家に無かったとしても
足元に数セット用意して置けば、充分に短時間で





二頭筋を追い込むことは可能である、と言う事に
ついて綴りましたが、しかしながら一方で




筋力トレーニングという物は 軽い重量であっても
ある程度 神経を張り詰めて、力を振り絞るので、




そうした時に、ちょっとバランスを崩してしまい、
立て直そうとした足元にダンベルが転がっていると、





踏ん張り切れずに、そのまま転倒してしまう危険性が
あるので、ダンベルラックが家にある方が安全ですし、




ラック上に整理されている方が パッと持ち替えやすい、
と言うのも あり、結局はダンベルラックが あった方が





良いですね。と言う考えを書きつつ、シッティングや
スタンディング姿勢でカール種目を行う際の




多少の相違点に ついても綴りました。



ダンベルラックがある事で整理された安全な環境で運動が出来る




短時間で集中して追い込むことを考えた時に、予め
行う種目に必要な器具や重量をセットしたり、




直ぐに持ち替えられる位置に用意しておいた方が
良いのは当然なのですが、普通はジムで行う時には




1人で その様に独占するみたいな事は出来ないので、
自宅で行う時 限定の方法になりますが、





二頭筋のトレーニングの為に3種目~4種目行うとしたら
マシンもダンベルもバーベルも重量ごとに用意して、




次々にガンガン行う方が短時間で強い負荷を筋肉に
与えられるので、出来れば そうしたいところですが、




しかし、人間には集中力・体力の限界という物が あるので、
必ずしも 『そうしたい』、『そうするのが理想だ』、




と思ってもイメージ通りに やり遂げたり、乗り越えるのは
難しい物です。




また、『短時間で』と言う事に意識が向き過ぎると、今度は
1レップ1レップごとの動作が雑になったり、




焦りから、反動でも何でも使って、時間内に間に合わせよう。
と言う意識が前面に出てしまいます。




大切なのは、『筋肉を可動させて活性化させる』『筋肉を太く、
強くする為に行って居る』と言う意識を



いつでも考え方の根っこ として持っている事です。



で、あるならば、時間内に終わらせるよりも 筋肉へ与える
刺激の方を重視する筈なので、



根っこの意識を間違えてしまうのは、良くないと思います。





話しが逸れましたが、自宅だからこそ、予め ある程度
用意してから運動を行う事が出来ので、




しっかりとトレーニング前に集中力を高めてから
臨みたいところです。




そうすると、短時間で運動を行えるのですが、しっかりと
筋肉の動きをイメージしながら、



的確に負荷を与えられて居れば、セットとセットの繋ぎ目の
休憩時間は 少し多めに取っても大丈夫です。




大事なのは『キチンと筋肉に負荷を掛けられている』事なので、
キチンと行えていれば、少し呼吸を整える位の



ゆとりは あっても問題ありません。



脚や脊柱起立筋の様に大きな筋肉部位では無いのに、セット間の
休憩を5分以上も取るのは、良くないと思いますが、



キチンと行えているのならば、少しくらいゆとりを
持っても問題ありません。



軽量固定式ダンベルで身体を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9184794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング