ホームジムマシンの安全性と気軽さ: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年09月05日

ホームジムマシンの安全性と気軽さ

前回は『自宅にマシンを設置して少しづつ筋肉に
刺激を与える
』と言う内容で、マシンの利点と



安全性に ついて綴りました。





マシンの利点と言うのは、設計上、マシンの構造に
沿って反復運動を行うだけで、その部位に適切な




負荷を与える事が出来る、と言うのと、ホームジム
マシンの場合、それ一台あれば上半身を中心に




腕・胸・背中、やり方によっては三角筋後部まで、と
かなり広い範囲に渡り、筋肉を刺激出来ますし、




更に足元のパッド部分を使用する事で大腿四頭筋を
鍛える事まで出来ます。





しかも、フリーウエイト種目の様に、一回一回 重量を
変える為にプレートの取り外し、取り付けなどを




する必要が無く、ピン1本をスッ、と抜いて別の重量の
位置に挿し込むだけで、一瞬で扱う使用重量を変えられる、




と言うのもマシンならではの長所ですね。




ホームジムマシンで上半身を中心に鍛える


仮にマシンの使い方が分からなかったとしても、先程も
書いた様に、マシンの構造に沿って押し出したり、



身体側に引いて来たりするだけで、筋肉が反応して
刺激を受けるように設計されているので、





初めて運動する人でも簡単に取り組みやすいのがマシンの
長所の一つでも あります。





今の時期は まだまだ暑い日と涼しい日の入れ替わりが
激しいので、そんなに重い重量で本格的に筋肉を



動かそうとせずに、軽い重量で夏の間バテて、疲弊して
衰えた筋肉を動かして活性化させる程度に留めて





ちょっとづつコンディションを整えて行くのにホームジム
マシンは適して居ると思います。






夏バテなどで体力が落ちている時に、フリーウエイト種目で
力を無理に絞り出そうとしてしまうと、





種目によっては動作中に倒れてしまうかも知れないので、
まだ暑さの残る この時期に体力や気力が充分で無いのに





フリーウエイト種目で無理は しない方が良いと思います。





その点、マシンならば、ケーブルの先に重量が付いて居る
構造なので、万が一にも潰れてしまう危険性は無いですし、





また、体力が充分で無い状態で 力を振り絞って、動作途中に
急にガクン、と力が抜けてしまったとしても、




やはり、マシンの構造上、プレス種目の場合は、身体を潰して
しまう手前で止まりますし、プル系種目の場合には、





途中で手が離れてしまったとしても、重量に引っ張られた
ケーブルが上に引き上げられて『ガシャン!!』と



なるだけなので、自身の身体は安全な ままです。



(とは言っても、そうした事を繰り返して居ると、マシン自体の
耐久性が弱まり、壊れてしまうでしょうけど(^_^;) )




なので、安全性ではフリーウエイトよりは高いと思いますし、
(最高重量であっても)負荷が そこまで重く無いので




運動の気軽さもマシンの方が勝って居るかと思うので、
コンディション調整などに活用してみて下さいね。



ホームジムマシンで上半身を中心に鍛える→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9158696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング