自宅にマシンを設置して少しづつ筋肉に刺激を与える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年09月04日

自宅にマシンを設置して少しづつ筋肉に刺激を与える

前回は『軽い重量でマシントレーニングにより
筋肉に負荷を掛けてみる
』と言う内容で、





夏バテしている身体のコンディションを整える
段階での運動は、完全に軌道が定まって居る




マシン種目で行った方が安全ですし、バランスも
気にする必要が無いので、筋肉にダイレクトに





刺激を与える事が出来る。と言う事を綴ったのですが、
マシンは筋肉に沿った動きを想定して設計されているので




マシンの構造に任せて、そのままマシンの軌道通りに筋肉の
反復運動を行う事で、筋肉に負荷をガッツリと与える事が




出来るので、フリーウエイトの様に左右の筋力やバランスなどを
気にせずに動作出来るのが最大のメリットだと思います。



マルチホームマシンで自宅で身体を鍛える


マルチホームマシンで自宅で身体を鍛える→


(逆にフリーウエイトはバランスを細かく意識しながら行う為、
左右の筋力差が開き過ぎずに筋力を高める事が出来るのが



利点であるとも言えますが)




マシンの場合は、キログラムでは無くポンド表記なので、一見
重量が分かり辛いですが、兎に角、プレートの重量を設定する為の





ピンを平べったいプレートの隙間に差し込むだけでセッティングが
完了するので、『今、この瞬間に運動したいな』と思いたった瞬間に




直ぐにでもプレートをガチャガチャ付け直したりせずにサッサッ、
と、ピンを差し込んで運動を開始する事が出来ます。





この気軽さも また、マシンの魅力の一つであると思います。





(とは言え、キチンとトレーニングするのならば、運動
開始前に集中力を高めた方が、充実した運動を行えます。)




2セット〜3セットくらい軽い重量で簡単に行って、筋肉の
疲弊具合や運動後の回復具合を見る為の運動ならば




その位 気軽に運動に取り組んでも大丈夫だと思います。





もし、家でマシントレーニングを行う場合、何種類もの
マシンを家に設置するのはスペースの都合上、




多くの人にとって 難しいでしょうから、マルチホームジム
マシンなどを取り入れて、上半身を中心にトレーニングする事を



考えてみると良いと思います。





勿論 脚の筋肉も同時に鍛えたい、と言う人も居るでしょうから
脚を鍛えたい時には、太ももの表側の大腿四頭筋を




鍛える事が出来るレッグエクステンションの機能が
シートの下に付いて居ますので安心です。



(脚を固定する為のパッド部分が そのままレッグ
エクステンションの機能を果たします。)





しかしながら、私が何回も書いて来た様に、筋肉は
表側を鍛えたら、その裏側も鍛えないと




筋肉のバランスが崩れ、日常生活の中で、引き攣った様な
感覚に襲われたりします。




そうした時に、マシンのサイドに脚用のマシンが
設置されたタイプのホームマシンを入手する事で




脚の表面も裏面も充分に刺激して発達させる事が
可能に なります。




もう少し涼しくなってからが、本格的なトレーニングを
再開させるタイミングだと思いますが、



3日に1回くらいのペースで少しづつ筋肉の反復運動を
行ってみると、体調の調整がしやすくなります。




マルチホームマシンで上半身も下半身も鍛える



マルチホームマシンで上半身も下半身も鍛える→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9155492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング