少し先を見据えてコンディションを作る、と言う事: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年08月31日

少し先を見据えてコンディションを作る、と言う事

前回は、『夏と秋の境にコンディションを整え始める/
軽めの反復運動
』と言う内容で、週間の天気予報を



見つつ、ある程度の気温の差が生じるのは前提として
過ごし、暑さや寒さの どちらかに偏りすぎる事無く、




意識面での備えをしつつ、少し先に訪れる涼しい
秋の気候を見据えて、体調を整えて行きましょう。





と言う事に ついて綴りました。








体調が好調か否か?は ただ何となく日々を
過ごすよりも、軽く筋肉を動かしてみた方が





分かり易いので、小さな可動範囲で反復運動を
行えるトレーニング種目を行ってみて、





身体の怠さや重さ、そして筋肉を軽く動かした事に
よる疲労感から回復するまでの日数や状態を





じっくりと観察して少しづつ、自身の身体が万全の
コンディションに受かっている事を確認する事で




身体の回復と共に、暑くて弛みがちだったモチベー
ションもジワジワと回復の兆しを感じられると



思います。





気候が ある程度落ち着いて、今よりは過ごし易くなるで
あろう2~3週間先に 大まかな日程を定めたら、





体調管理も 漠然とした遥か先に、何となく『秋が来れば
身体も回復するだろう』と




緩く、時間の経過に朧げな希望を託してしまうよりも
『2~3週間』、と直ぐに訪れる未来を明確に定めて




『14日から21日の間に体調を整える』と具体的に
考える事で1日1日をどうやって過ごすべきか?に ついて



真剣に捉える様に なると思います。






たった21日先に夏場で くたびれた体調を回復させる日を
定めると、その間に行えることは限られているので




以前も書いた様に、食事・睡眠・休息を より意識する様に
なりますし、やはり身体の疲れ具合が 現状どうなっているのか?




と言うのは気に なりますから、3日に1回くらいの頻度で軽い
反復運動を行い、中2日は完全に筋肉を休ませ、




回復具合から体調をチェックする事は必須になって来ると
思います。






今日は疲れ方が激しい、と自覚できたのならば『この疲労感を
回復させるのに2日では足りないな。』と判断し、




回復させる日数を3日に増やして、4日に一回 軽い運動を行って
みる様に変更すれば良いですし、





身体の疲弊感に合わせて、その都度 柔軟に運動を行ったtリ、
元々 運動を行う予定でも疲労が強ければ休息させたり、





臨機応変に対応して、疲れを溜め無い様にしつつ、身体
全体を好調な状態に向かわせましょう。




日程を定めて、その日に向かって体調を合わせて行く事で
何となく時の経過を待って、体調が戻るのに期待するよりも




少し先を見据えて自分からコンディションを作って行った方が
日々の状態を把握しやすいと思うので、試してみて下さいね。



ゴールドジムの高品質サプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9139575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング