腰から下を心地良く伸ばし、ストレッチ効果を感じる: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年08月17日

腰から下を心地良く伸ばし、ストレッチ効果を感じる

前回は、『腰から脚に掛けてストレッチ効果を
感じるには
』と言う内容で、



幾つかの方法で腰から脚を伸ばす方法について
綴ったのですが、家で気軽に行える簡単な



やり方として、ぶら下がり健康器を使用したり、
ディップス用のディップススタンドなどを使用して




頭上のバーに ぶら下がったり、あるいは肘置きの上に
上半身を固定する事で気軽に腰から下を負担から解放し、





足腰の緊張状態を抜くには そうした台を使用するのが
非常に楽で簡単です。




あるいは、整形外科で行う様な牽引機器の簡易版の様な
背筋をハンドル操作で伸ばす機器もネット通販で購入出来ます。




整形外科での牽引機器と異なるのは、膝を固定して腰を
中心にググッと引き延ばす整形外科の機器に対して、



足首をパッドに引っ掛けて、あとは腰付近に位置する
ハンドル操作で少しづつ寝姿勢のまま腰を伸ばす事が出来ます。


ただ、これは あくまで整形外科の牽引機器とは異なり、
足首をパッドに引っ掛けて牽引する、と言う構造上、




腰のみをピンポイントに、と言う訳にも行かなくて、
足首や膝関節なども吊られてストレッチされます。




勿論、腰のみでは無く、足腰を全体的に伸ばしたい、と
言う場合には、この機器が非常に有効だと思います。




整形外科で行う牽引の場合は、寝姿勢で膝を曲げて
その膝の下に三角形の台を入れて、



足が動いたりしないように固定して、機械の力で
牽引するので、腰をピンポイントに引き延ばす事が




出来るのですが、それは あくまで治療として行うので、
家で同じ様に行う、と言う事は難しいです。




腰を痛めた時に整形外科で牽引の治療を受けてみると
非常に軽い負荷から、ある強度、強度を増して行く事が


出来るので、私も かなり強めでやって貰った事が
ありますが、何しろ腰をピンポイントで



引き延ばす物ですから、あまりにも強度が強いと
腰から下が引き抜かれたかの様な錯覚に陥ってしまうので、



治療にしても、ストレッチにしても、やはり適切な
用法と強度は大切だな、と感じました。




なので、ストレッチを する時にも伸ばせば伸ばす程
腰から下の筋肉が伸びて気持ち良い。と感じるのですが、




その気持ち良さを超えてしまうと、リラックス感を得る
どころか、痛みに変わってしまうので程々に留めましょうね。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9084088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング