食事内容の見直しと、運動を計画的に行う事で ダイエット効果を引き出せる: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年06月21日

食事内容の見直しと、運動を計画的に行う事で ダイエット効果を引き出せる

前回はウエイトトレーニングを継続する為に
健康的にダイエットを行う
、と言う内容で



食事内容を見直して、出来るだけ塩分や脂肪分
体内に過度に取り込むのは避けつつ、



同時にジョギングウォーキング、軽い重量での
ウエイトトレーニングを継続させる事で、




無理なく健康的に身体を絞って行く、
と言う事に ついて綴りました。




脂肪の燃焼をサポートするサプリメント


1汁三菜を基本とした食事内容の中で、動物性たんぱく質や
塩分を摂取するにしても、




たんぱく質含有量と脂質の表示をチェックした上で
購入して、出来るだけ脂分を取り除いた調理法で




食卓に並べた方が 余分な脂肪分を体内に 取り込まずに
済みますし、塩分が濃いめなら、




塩分を薄めに調理して、食事をした方が血圧が
上昇してしまう事を抑止できます。





とは言え、自分で調理するなら いざ知らず、
既に調理・加工がされている食品の場合、




その過程に おいて、どれ程の塩分が使用されて居るか?
を判断するのは難しいので、




自身で調理する時には、意識して 塩分控えめにしましょう。




動物性たんぱく質を摂取しようとする場合、先程も書いた様に
脂質とたんぱく質含有量の表示をキチンと確認してからで無いと、





脂質の方が たんぱく質よりも遥かに上回っている事もあるので
注意しましょう。





ステーキの脂身や、鳥の皮つきの場合は どうしても脂質が
多くなってしまうので、




少なくとも身体を絞る期間中は、皮や脂身を取り除いた方が
良いと思います。





とは言え、たまに気にせず食べる位なら、さほど問題は
無いと思います。(常に気にせずに 食べるのはマズいですが)






そうして、食事内容に気を付けながら、同時に運動も
継続的に行って行く訳ですが、





ウォーキングジョギングなどの有酸素運動
ウエイトトレーニングを効果的に行い、




筋肉を動かす事で 脂肪の燃焼を促し、同時に筋肉の
メリハリも はっきりして来るのですが、





身体を絞って行く段階でのトレーニングでは、普段以上に
筋肉の絞り込みを意識して、反復動作を行う事が大切です。






ネガティブ動作を重視し、プレス種目の場合は持ち上げた時に
目的の筋肉をググッ、と強く絞り込んで、




プル種目の場合は、引ききった時に 筋肉を絞り込んで刺激を
強く与えます。




いずれの場合も、ネガティブ動作は ゆっくりと行う事を意識し、
少しでも、筋肉への負荷を強める事が望ましいです。






食事とトレーニングが身体を作るので、計画的に無理なく
継続させることが大事です。



無理をしてしまうと、体調を崩したり、足腰の痛みを招いたり
身体に良くない影響が生じてしまうので、




決して無理はしないで、継続させて行きましょう。



有酸素運動時の脂肪燃焼をサポートするサプリメント→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8907307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング