運動前に軽く食事をして、コンディションを整える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年06月15日

運動前に軽く食事をして、コンディションを整える

前回は、筋肉を強くするためにレストポーズ法を
上手く取り入れる
、と言う内容で 普段の筋力アップは勿論、


身体を絞っている時でも 極力、力を振り絞るトレーニング
テクニックに ついて綴りました。



今回は、トレーニングを行う前に軽く食事をする事で
筋力を発揮しやすい体内環境を作る、という事について


書いて行きたいと思います。


1本にたんぱく質20gを含有するプロテインバー


運動で力を発揮する2~3時間前に おにぎりを食べる事で
糖質が酵素によって分解され、ぶどう糖となって

体内に吸収されます。



おにぎりの栄養分は こうして、ゆっくりと体内に
吸収されていくので、2~3時間前のタイミングで食べて



その間に、少しづつトレーニングに向けてのイメージを高めて、
集中力を発揮できる精神面に 持って行けるのが望ましいです。



そして、マラソンやテニスなどの長時間動くスポーツの場合、
合間合間の水分補給が必須となりますが、


その際に 糖質含有量が多い飲料だと吸収するまでに
時間が掛かりますし、身体を動かしている途中に



糖質の多い物を体内に取り入れると、血糖値が一気に高まり、
インスリンが大量に分泌されて、



その分泌されたインスリンが糖質を 蓄え始めてしまうので、
せっかく体内に取り入れた糖質がエネルギーとして


使われなくなってしまうので、スポーツドリンクなどは
5倍に薄めて置くことが大切になります。



運動前に食べる物や時間について、そhして運動中に
水分補給を する上で大切なポイントを書きましたが、



実際に、運動の2~3時間前から集中力を高め続けるのは
かなり 大変です。



集中する時間が長ければ長い程、『今日のハードトレー二ングを
乗り切る為には コンディションがまだ不充分だな。』とか、



『今日は少し風邪気味だから、もう少し様子を見るか。』など
余計な事に意識が向いてしまい、時間が長い程に 雑念が生じ、

集中量の妨げになってしまうからです。




なので、2~3時間前に食べて、消化吸収されるタイミングを
待つよりは、運動開始予定の30分~1時間前に食べる事で


丁度、程良く消化吸収される バナナを軽く食べて、
トレーニングの1時間前くらいから


メンタル面を高めて行くやり方が おすすめです。



運動開始前の30分〜1時間くらいの時間からだと、
その日の身体の疲労具合や、痛む部位は無いか?



という事も ザッ、と確認できますし、その上で
その日行う トレーニング内容をイメージし、集中力を高めて、


いざ!とトレーニングを開始するには丁度良いくらいの
時間なので、運動前に軽くバナナを食べて 臨んでみると、



力を発揮しやすいと思います。



ゴールドジムの高品質サプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8890713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング