トレーニングで大切なのは、身体の疲労具合を見極める事: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年06月11日

トレーニングで大切なのは、身体の疲労具合を見極める事

前回は、腹筋全体を鍛えるには足を上げる
運動が効果的
、と言う内容で筋肉を可動範囲内で



大きく動かす事で、それだけ筋肉に対して強い刺激を
与える事が出来る、と言う事について綴りました。



しかし、必ずしも大きな動きが良いのか?
と言うと、動作の軌道によっては 腰を痛めたり、


他の関節部位にも、余計な負担を掛けてしまう事がある、
と言う事に ついても前回 触れました。



そこで、自重で大きく可動させるよりも、マシンを
使用する事で、割りと小さな可動範囲で腹筋に強烈な



負荷を掛け続ける事が出来る。


と言う事で、前回は腹筋専用のマシンについて
書きました。




ここ何回かに渡り、書いて来たように、腹筋だったり
胸などの 普段、ほとんど使う事の無い 筋肉ほど衰えやすく、



脂肪が蓄積しやすいので、専用マシンなどで、意識的に
筋肉を動かし、活性化させることで、


筋肉の衰えを防ぎ、脂肪の蓄積を妨げる事が出来るのです。




では、日常で使用する頻度の高い筋肉部位は
トレーニングしなくても良いのか?



というと、そんなことはありません。

普段使用する頻度が高い部位だからこそ、
その部位を発達させる事で、


日常や職業に活きて来る事も あるからです。




しかし、気を付けなくては ならない事があります。


職種によっても、当然 多用する筋肉部位は
変わって来ますが、




行っているスポーツや職業に関係なく、
普段から使う頻度が高い筋肉部位と言えば、


腰を支える脊柱起立筋、歩く際に可動する腓腹筋、
大腿四頭筋、腸腰筋など。




そして 日常の動作の中で何かと動かす
頻度の高い 前腕の筋肉。




これらは、普段から ほとんどの動作で何も意識し無くとも
自然と可動させている訳ですから、



普段から使用している=更にウエイトトレーニング
負荷を与えると、筋肉が疲弊して逆に良くないのでは?



なんて考えたりする事も 必要だと思います。



何故ならば、トレーニングによる疲労ばかりに
気を取られていると、日常生活での疲弊は重要視せずに、



筋肉をどんどん疲れさすだけ疲れさせて、回復の事を
度外視してしまうと、結局、どんなにトレーニングで



筋肉に強い負荷を掛けても、回復を重視しないと
いつまでも望む成果は得られないからです。




筋肉を強くすることで、色々な動作時に力強く安定した
パフォーマンスを発揮できますが、



筋肉部位の疲労感が強い時には、その部位を
しっかり休ませる、という意識も大事なのです。




筋肉を動かせば、強くなって発達する。と言う訳では無く、
トレーニングを行う事で筋肉に刺激を与える・栄養を摂取する・


疲労や筋肉に与えたダメージを休む事で回復させる、と言う
サイクルが無いと 筋肉が充分に発達する事は見込めないので、



良く使う部位を強化する場合も、普段使う事の無い筋肉部位を
動かす時も 必ず、疲労具合をチェックしてから行いましょうね。




プロテインパウダーでたんぱく質を身体に取り込む
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8880192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング