ウエイトトレーニングを行うメリット: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年03月29日

ウエイトトレーニングを行うメリット

前回は自重トレーニングとウエイトトレーニング、
それぞれの動作上の違い等について
綴りましたが、

今回は自重では難しいけれど ウエイトトレーニングならば
目的の部位に対して的確に刺激を与える事が出来る、という
点について書いていきたいと思います。

これまでにも書いて来たように、まずは運動をして筋肉を
動かして活性化かさせる事が何よりも大切なので、

多い回数でやる、とか 重い重量で行うと言う考えは頭から
消し去って、ウエイトトレーニングだからこそ行えるトレーニングで
今まで意識的に使う機会の無かった筋肉を目覚めさせましょう。

今回のタイトルであるウエイトトレーニングを行うメリットは
まさに この自重トレーニングでは難しい部位も意識的に
稼働させる事が出来、

尚且つ、以前にも書いたように 軽い重量設定で無理せずに
今まで運動を行おうと思っても辛さを考えると1歩踏み出せない。

という人の場合でも腕立て伏せやスクワットなどよりも軽い重量で
決して無理をせずに運動出来るので 精神的に負担にならずに運動に
取り組める気軽さがあるので、

運動に対する意欲が湧きやすい、という2つの点がウエイトトレーニングを
行うメリットだと思います。

更に付け加えれば ウエイトトレーニングは筋肉の成長を感じやすい点も
精神的な部分・肉体的な部分でのメリットの一つだと思います。

では、ウエイトトレーニングならば行えて 自重トレーニングだと
難しいトレーニング種目とは何かと言うと、

首から足まで羅列していくと、僧帽筋種目、肩の種目(サイドレイズ、
フロントレイズ、リアレイズ)、胸のフライ種目、背中のローイング系種目、
プルオーバー、

上腕二頭筋種目、大腿部のレッグエクステンション、
レッグカール辺りでしょうか。

バーベル、ダンベル、マシンを使用する事で これらのトレーニング種目を
容易に行うことが出来、自重では中々 上手く稼働させるのが難しい筋肉部位を
刺激し 活性化させる事が出来ます。

勿論、自重トレーニングでも首なら首、肩なら肩、胸、背中、足、腕と
トレーニングする方法はありますが、筋肉というのは一つの部位でも

2つ3つに分かれていたりするので、それぞれの筋肉に対して
的確に刺激を与えるならば、やはりそれぞれの筋肉部位に沿った
トレーニングをうまく行わなくてはなりません。

その点を考えると、自重のみではどうしても刺激を与えきれない
筋肉というものが出て来てしまいますし、

反対にウエイトトレーニングばかりでは 刺激を与えきれない部位も
ありますが。

ですので、ウエイトか?自重か?どちらかに偏りすぎるのも
良くないのでバランス感覚が大事になりますが、

トレーニングの幅に関してはウエイトの方が多いでしょうし、
トレーニングを行うことでの筋肉の成長もウエイトトレーニングの方が
早く感じることができると思います。

後々書いていきますが、ウエイトと自重を混ぜながら行う方法も
あるので、自身が無理なく行える範囲内で その都度、

自重かウエイトか柔軟に使い分けてみてくださいね。

フィットネスショップ公式通販
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8677671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング