腹筋運動で特に辛い3つの種目: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年03月17日

腹筋運動で特に辛い3つの種目

前回は腹筋専用マシン(アブコースター)を使う事で
動作上の難しい点を省いて、とにかく効率的に腹筋に




刺激を与えて、無理なく長期間運動を継続させよう

という内容の事を綴りましたが、



今回は真逆で、腹筋運動の中でも特に辛い3つの種目に
ついて書いて行きたいと思います。



これまでにも何度か書いて来ましたが、トレーニングを
続ける上で大事なのは 無理せずに出来る範囲内で



精神面に負担を掛け過ぎずに運動を続ける事。




そして、自身の筋力以上の重量を無理やり扱い、
過度な負荷を与えて靭帯や関節部位に


怪我を抱えてしまうのを避ける事。



大きく分けてこの2つですが、一つ目の無理せずに
出来る範囲内で、と言うのとは



大きく矛盾してしまうのですが、自身の筋力では到底
出来なさそうな種目に時々、挑戦してみると言うのは




一つの自身のの肉体的成長のバロメーターとなるので、
(あくまで自重トレーニングで関節に負担の


掛からない種目限定で)




1か月に1回くらいの頻度で時々挑戦してみてくださいね。


様々な種目で腹筋を鍛える



まず一つ目は辛い種目として あまりにも有名な腹筋
専用ローラーを使用した上半身を伸び縮みさせる事で


腹筋に強烈な負荷を掛ける種目です。




腹筋ローラーで腹筋を鍛える



ウエイトトレーニングを行う上で、身長が高く腕が
長い人(2mくらい)と身長が160p代の人とでは



その辛さが まるで違うと言われます。




それは可動範囲の問題で背が高く腕が長い人は、例えば
カール種目で腕を下から上に巻き上げる範囲が広く、



また下す距離も当然長いので、苦痛を感じる時間が
長いという理由からです。



要は、可動範囲が広ければ広い程、筋肉に負荷が
掛かる時間が長くなるため、その分苦しみも

増して行く、と言う訳です。


可動範囲の広い運動ほd、苦しさも増して行く



このアブローラーを使用した腹筋が辛いのは、普段
掛かる事の無い負荷が腹筋に掛かっている他に、



可動範囲が非常に広いと言う理由も あると思います。




しかも伸ばすのも辛いのに、通常だと力が入りづらい
伸ばし切った体勢から もうひと踏ん張りして



腹筋を収縮させるのですから楽な訳がありませんよね(^_^;)



運動中の辛さの中には、無呼吸で居る時間も含まれるので、
長ければ長い程、苦しさは増して行きます。




ディップスタンドで身体を鍛える




続いてはレッグレイズです。



レッグレイズについては以前も書いた事がありますが、
今回のはニーレイズでは無く、


足をピンと伸ばした状態で反復動作を行う方法です。


ディップスタンドを使い、脚前挙十字懸垂で腹筋を鍛える


この体勢は 良く体操の吊り輪で見掛けますが、名前を
知らなかったので調べたら、


脚前挙十字懸垂と言うらしいです。




これも可動範囲が広めの種目で 且つ、腹筋下部から
足の筋肉も駆使して脚の角度を保つので、




しっかり行うと、やはり無呼吸の時間が長くなるので、
非常に辛いです。




そして最後は、見た目からも難易度が高そうな
種目であるドラゴンフラッグです。





上体を固定する支えがあれば、床上でも行えますが、
普通にフラットベンチで支える やり方に ついて
書いて行きます。




ドラゴンフラッグで強烈に腹筋を鍛える1


まずお尻がベンチ台の端に来る辺りで寝そべり、
続いて上体の動きを固定し支える為に



ベンチ台下に手を掛けて しっかりと握り込みます。


ドラゴンフラッグで腹筋を強烈に鍛える2



ここからが大変で、脚を伸ばした状態でググッ、と
持ち上げて行き、脚と腹筋・背筋が綺麗に直線を


保ちながら、肩甲骨を支点に1本の棒の様に
ピン、と立てます。


ドラゴンフラッグで腹筋を鍛える3


これをコントロールしながら ゆっくりと下して行き、
再び同様の動作を反復して行くのですから



難易度は非常に高いですね。



しかし、1か月に一度でも挑戦して行くと(これらの
トレーニングに近しい動作の腹筋運動を していれば)




自身のトレーニングの成果、筋力の伸びが分かり易いですし、
モチベーションも高まりますので、




あくまで自重トレーニングの範囲内で関節や腱を
痛める事無く、トレーニング成果を感じる為に


試してみて下さいね。


フラットベンチ台で身体を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8646451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング