僧帽筋トレーニング締めの種目は軽いデッドリフト: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年01月12日

僧帽筋トレーニング締めの種目は軽いデッドリフト

前回までアップライトローイングから始まり、
僧帽筋全体に満遍なく刺激を与えてパンプさせた所で




更に負荷を掛けて追い込むための種目としてダンベル、
もしくはバーベルを使用したシュラッグ種目に ついて



書いて来ましたが、こういった流れで僧帽筋に対して
充分に負荷を与えられた後の締めの種目として、






軽い重量で、または中程度の重量でのデッドリフトを
行う事で、僧帽筋トレーニングとして、満足の行く


ワークアウトの時間を過ごす事が出来るかと思います。





デッドリフトと言えば、3回〜6回行えるか、
行えないか位の重量設定で運動を繰り返す


高重量低回数のイメージが強いですが、




デッドリフトは背中の締めの種目としても行いたいので、
僧帽筋、背中と それぞれの部位を




週1回づつ行う事を前提とした場合に、大腿部に次いで
大きい筋肉部位である背中を高負荷で刺激して




碌に回復する暇を与えないと、筋肉は発達するどころか
傷つきっぱなしで萎縮して行ってしまうので、



背中の日にはガッツリ重い重量で刺激を与えて、
僧帽筋の日には軽めか中程度の重量で




反復するに留めた方が良いのです。





背中の日とは、デッドリフトに込める意味合いが
違いますし、僧帽筋の日にはガッツリ行わなくとも、



既にアップライト・ローイングや、シュラッグで
負荷を掛けているので、



僧帽筋の際に取り入れるデッドリフトは重い負荷で
行わなくとも、プレイグゾースト法の要領で


刺激を与える事が出来るのです。




まずデッドリフトの動作ですが、背中を丸めて動作を
行ってしまうと、背骨を急激に痛めてしまうので、



頭からお尻までピン、と1本の直線を保ちながら
動作を行いましょう。
頭からお尻までピン、と1本の直線を保ちながら
動作を行うデッドリフト

グリップ幅は肩幅程度で握るのが ほとんどの人に とって
丁度良い幅だと思いますが、



肩幅よりも広めに握ったり、あるいはグン、と狭めて
動作を行うのも、バリエーションとして良いと思います。



頭からお尻までの一直線を保ったまま、身体を起こして
行くと、臀部から背中下部、腰に掛けて強く収縮するので



身体を起こしきって、垂直姿勢に なる所で臀部から腰、
そして僧帽筋までググッと引き締めて、



反復動作を繰り返してみて下さい。
頭からお尻までの一直線を保ったまま、身体を起こして
行くデッドリフト


これまでに 2つの種目で僧帽筋に対して、充分な程
負荷を掛けているので、



軽い重量での反復動作でも僧帽筋がバーベルを支えるので
がっつりと刺激を与える事が出来ます。



臀部から僧帽筋まで しっかりと負荷が乗っているので
垂直よりも、やや後傾気味に重心を持って行っても



刺激は逃げないので、強く絞り込む事が出来ます。
垂直よりも、やや後傾気味に重心を持って行っても刺激を与えるのもデッドリフトの場合、効果的

1つ注意点と言うか、デッドリフトの場合は臀部・腰を
支点に反復動作を繰り返すのですが、




動作上関与する筋肉は臀部から上の上半身だけ、と言う
訳には行かず、両脚の踏ん張りが あってこそなので、




デッドリフトを行う前に、きっちりと負荷が強く掛かる
ハムストリングス(太もも裏面)を


ストレッチしてから動作を行う事を おすすめします。

バーベルシャフト&プレートセットで僧帽筋を強化するならこちら→






バーベルシャフト&プレートセットでデッドリフトを行う
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8465408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング