ダンベルとケトルベルでアップライトローイングを行う: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年01月06日

ダンベルとケトルベルでアップライトローイングを行う

前回前々回はアップライトローイングに
よって、僧帽筋に強く刺激を与える動作を



行う際の気を付けるべき点に ついて綴りましたが、



前々回はストレートバー(シャフト)を用いて行う方法
そして前回はアームカール用のEZバーシャフトを使って


手首に無理な負担を掛けずに行う、
という物でした。



これまでに胸や肩のトレーニングを行う時にも
バーベルで行うパターンとダンベルで行うパターンとを



種目のメインとして綴って来ました。





何故、バーベルだけで無く どの種目も
ダンベルで行うパターンもバリエーションの




1つとして書くのかと言うと、同じ様な
フリーウエイトでの動作なのですが、




同じ様な動作でも明確に異なる点が あります。



それは、これまでにも書いて来た様に1本の
鉄の棒のバーベルとは違い、ダンベルは左右単体で


バラバラな故に、バランスに気を付けながら
行わなければ なりませんが、




同時に上げきったトップポジションで
既に収縮している筋肉を更に絞り込む事が



出来る、という利点が あります。




更なる絞り込みを行うと当然、同じ動作を同じ様な
回数行う中で より筋肉に強烈な刺激を与えられた方が


良いですよね。




この様に、プレス種目でもプル種目でも、
更なる絞り込みが行えるのがバーベルだけで無く、



ダンベルでも同じ動作を行う理由です。



今回はアップライト・ローイングに おける
ダンベルを使う上での、更なる絞り込み感を



どう感じるのか?というポイントに ついて
書いて行きたいと思います。




動作は前回までと同様で親指を外したサムレス・
グリップで握り、両手の親指同士が触れる位の



距離感のまま、『肘から上げる』を意識しながら
顎下の位置まで引き上げます。





そこからがダンベルによる独特の動作に なるのですが,
下から ほぼ真上に引き上げて来た肘を 身体の後方に




ほんの数cm倒そうとイメージするだけで、僧帽筋の
更なる絞り込みが行えます。
サムレスグリップで引き挙げる事で僧帽筋を鍛える

肘が身体の後方に向かおうとするだけで、僧帽筋は
強く収縮するので 試してみて下さいね。


固定式ダンベルで僧帽筋を鍛える

そして、もう一つのやり方がケトルベルを使って
行うやり方です。


ケトルベルはダンベルとは重心が違うので、見た目の
形状としては、非常に扱い易そうに見えますが、


重心が違う為、同じ動作を行っても異なる
刺激に なるのです。


ダンベルの場合、グリップを握ったら、その部分に
負荷が乗るので、重心が安定していて



動作を行いやすいのですが、
ケトルベルでのトレーニングはダンベルとは異なるバランスで大変


ケトルベルの場合はグリップの数cm下に重心が
あるので、例え軽い重量でも





そう易々とは扱えないので扱えないからこそ、
集中して神経を張り詰めて動作を行うので時々は



こういった不慣れな器具を敢えて用いる事も
大切です。



ですので、色々な変化を付けて筋肉に その都度
新しい刺激を与え続けましょうね。


ケトルベルで僧帽筋を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8448114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング