今まで動かした事の無い筋肉はネガティブ重視でゆっくり動作を行う: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

posted by fanblog

2018年12月05日

今まで動かした事の無い筋肉はネガティブ重視でゆっくり動作を行う

これまでにも胸の筋肉は日常生活で使う機会が無いから
発達するキッカケが無い、とか前回は『肩の筋肉を

耳くらいの位置からバンザイの様な動作を反復する機会が
無いから、その動作に必要な筋肉は機能した事が無い為、


その動作をダンベルやバーベルを両手に持って上げ下げ
するのは難しいのは当然』と言う様な事を書きました。


前回のブログ→トレーニングを始めた時に
難しさを感じる部位が肩と背中



その様に、今まで行った事の無い動作は反復するのは勿論、
ダンベルで行った場合にはバランスを保つのさえ困難です。


では、その様な今まで使う機会の無かった筋肉を動かし、
しっかりと収縮・伸展のイメージを掴むには どうすれば

良いのか?と言うと、まずは感覚を掴むまでの最初の
3週間ほどは12回〜16回、あるいは20回ほど行える

軽い重量でバランス感覚を意識しながら『ネガティブ
動作』を重視しながら、ゆっくりと行う事で


バランス感覚も養える上、ボトムポジションから持ち
上げて行く動作時も意識できていない段階でも、

筋肉から負荷が逃げる事無く、動作が行えるので
その段階では、例え 脳内に筋肉の収縮・伸展の

イメージが全然出来ていなくてトレーニング効果の実感は
イマイチでも翌日、翌々日には しっかりと筋肉痛となって

身体に反映されるので焦る事は ありません。


ネガティブ動作を意識してトレーニングを
行う事で強い負荷を筋肉に与える



最初の内は重い重量は扱えなくて当たり前なので、重量には
拘らずに、まずは今まで使う機会の無かった筋肉を

活性化させましょう。


ジムなど人目が ある所で、トレーニングを行う場合に ありがち
なのは、自分の力以上の重量を扱い、反動を使いギ〜コ〜バッタン、

と、まるでシーソーの如く身体を揺らしながら行ったりするのを
良く見掛けるので、そう言うのは関節部位と腱・靭帯を損傷し、


結局、その動作で負った怪我により暫く、あるいは永遠にトレー
ニングを行えなくなってしまっては、それまでの継続して来た

日々が無駄に なってしまうので、人目を気にして見栄のトレーニングを
行うのは 避けましょう。


長く運動を継続する為に無茶なトレーニングは
避ける



前回も書きましたがトレーニングで1番意識するべきは重い
重量を扱う事よりも、如何に 筋肉に負荷を掛けつつ

怪我の危険を避けるか、です。


重量を上げるのは、少なくとも その部位のトレーニングを開始してから、
3週ほど過ぎて筋肉の収縮・伸展のイメージを掴んでから少しづつ

重量を上げて行くのが怪我の危険を防ぐためには有効です。


筋肉に負荷を乗せ続けて反復運動を行う/
怪我の防止とトレーニング効果


バーベルだったら2.5kgか、もしくは5kgづつ、ダンベルだったら重量が
小さい順から1つづつ 上げて行き、着実に自身の筋肉の感覚を

掴んで行く事で、いずれ高重量を扱う様になった時にもスタート
ポジションからボトムポジションまで しっかりと筋肉の動きを

捉えながら 行える様になるので、最初の3週間くらいは軽い重量で
ネガティブ動作を重視しながら行ってみて下さいね。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8360467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。