バーベルベンチプレスとダンベルベンチプレスの相違点とメリット: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2018年12月03日

バーベルベンチプレスとダンベルベンチプレスの相違点とメリット

これまでは基本的にバーベルベンチプレス
マシンを用いたチェストプレス




インクラインデクラインベンチプレスについて
書いて来ましたが、これらの種目は



バーベルやマシンの様に、持ち手グリップが
固定されていて 両手同時に上下運動、




あるいは、前後運動を必然的に行う事に なるのですが、
しかし、ダンベルを用いた場合には、




片手づつ別々に分かれているので、
ダンベルでベンチプレスを行おうと思った場合には



左右ともにバランスを保ちつつ、持ち上げる
必要が あります。





ダンベルベンチプレスで大胸筋を鍛える



バーベルの場合には バー(シャフト)を
左右一緒に押し出すので、特に動作途中で



右左バランスに気を使う必要は無いのですが、
ダンベルの場合には右だけ強くても



左だけ強くても、バラバラの動きになって
しまい、危険なので 両腕とも均等に


強化して行く事が出来ます。





そして、ダンベルのメリットは何よりも
バーベルや腕立て伏せよりも



深く下ろせる点です。




これは、左右単体で分かれているという
構造上のメリットですね。



可動範囲を広く深く取れるという事は、
それだけ伸展時から収縮時の筋肉の



動きが大きいという事なので、持ち上げきった
収縮時の負荷が より強烈な物と なります。




そして、もう1つの利点は肩などを
痛めている場合にも痛むポイントを



ズラしながら行う事が出来るという点です。



どういう事か?というと、スタートポジションから
ボトムポジションに降ろして行く際に、




肩を痛めていると負荷が掛かる事で、痛みが強くなる
ポイントが あるのですが、




ダンベルの場合だと、そのポイントより
少し上とか下とかにズラしながら



動作を行い続ける事が可能に なります。



これも左右単体で別々の動きが出来るからこそですね。



そして、筋肉を強く太くしようと思った時に
最大のメリットである、と私が個人的に思うポイントが



絞り込みを行えるという点です。





ボトムポジションでバーベルの様に
胸にぶつかる事が無い故に、可動範囲を



広く取れる様に、ダンベルを持ち上げた際にも
形状的に単体であるが故に、



ただ真っ直ぐ上に持ち上げるだけでは無く、
意識的に内側に寄せつつ、筋肉を強烈に


収縮させる事が出来るのです。




内側に絞り込む様に持ち上げるだけでも、
大胸筋は強烈な負荷を受けるのですが、



更に もう一工夫加えるならば、内側に、
あるいは外側に捻って旋回する事でも



胸の筋肉の絞り込みを より強くする事も
出来ます。




この様に、ダンベルの形状的に手首から
肘の角度を崩しさえ しなければ、




常に真ん中に重心が あるので、真ん中の
重心を押し出すイメージで収縮・伸展の



反復動作を行えば、胸の筋肉は もう1段階上の
レベルへと 向上させる事が出来ると思います。
ダンベルで筋力向上を狙う方はこちらから

固定式ラバーダンベルで上半身を鍛える
posted by シャオリン at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8354327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング