ウエイトトレーニングで最初の頃 訪れる壁について: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2018年11月28日

ウエイトトレーニングで最初の頃 訪れる壁について

胸のトレーニング1つだけに絞っても
いずれは必ず 刺激に慣れて



マンネリ感が訪れます。




すると、筋力の伸びも停滞し、筋肉の
パンプ感もイマイチな状態が続き、



モチベーションも著しく低下してしまいます。




モチベーションの低下と言うのは、最初の内は
かなり大きな問題に捉えてしまいがちですが、



対策さえ知っていれば さほど焦る必要は無いです。





前回も書いた様に、筋肉の発達の為には『オーバーロードの
原則』という考え方が 大切になります。



基本的に筋肉に対して 前回よりも強い刺激を
与え続ける事で、




筋肉が回復して行く段階で 更に強く太くなる、
という物ですが、その為には前回も書いた様に




補助してくれる人が居てくれた方が早いですし、
効率的です。




しかしながら、補助について貰ったとしても
ベンチプレスダンベルフライだけでは



直ぐに肉体的にも精神的にも飽きて
しまいますよね。




そうした時に、単純にベンチ台の角度を変えるとか、
ダンベル、バーベルの降ろすスピードを



意識的に ゆっくり降ろしてネガティブ動作で筋肉に
対して、強い刺激を与える方法など非常に


シンプルな対処法があるのですが、



この方法にしたって、やはり補助してくれる人が
居ないと、筋力の限界を迎え、




重量に耐えきれなくなった時に危険ですので、
その様な場合には フリーウエイトでは無くて




マシンを用いてチェストプレスで 潰れる心配も無く
ネガティブ動作を 行う手法もあります。




マシンを使う場合は 安全と言うだけでは無く、
軌道が完全に決まっているので




フリーウエイト種目であるバーベンベンチプレス
ダンベルフライの様に、



バランスを気にする必要が無いので、非常に
気軽に出来るという面も あります。




ただし、マシンの場合は基本的に1つの種目に
特化して設計されている事が多い為、



プレス動作なら真っ直ぐの可動範囲内での動きしか
できないというのが短所でも あります。



マルチマシンの場合は、それ1台で ほぼ全身運動を
行う事が可能ですが、



構造上、プレスに限って言えば、軌道を変えて行う事は
出来ないので、例えば 肩関節を痛めている時に



マシンでチェストプレスを行おうとすると、肩関節に
負荷が そのまま乗るので軌道が変えられないという



弱点を強く感じると思います。




その点はダンベルだったら右左別々に動かせますし、
あるいは、下す位置すらも自在に変えられるので、



肩関節の痛むポイントからズラして動作を行えるので、
腕を前に突き出すという単純な動作でも



扱うマシンやダンベル、バーベルによって
長短様々あります。



ですので、家にマルチマシンが ある方や
ジムに通っている方はフリーウエイトを行ったり、



マシンで行うなど、幾つかの種目でプレス動作を
行ってみて、自身の身体の反応を確認しながら


良さそうな種目を どんどん取り入れて
マンネリ感を打破してくださいね。
マルチホームジムで身体を鍛える
posted by シャオリン at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8340248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング