ちょっと変わっている脚のトレーニング種目シシ―スクワット/ダックスクワット後編: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2018年11月19日

ちょっと変わっている脚のトレーニング種目シシ―スクワット/ダックスクワット後編

前回書いた通常のスクワットによる
脚の筋肉を刺激する事の大変さですが、


フリーウエイトでバーベルスクワットを
行わなくても、レッグプレスやスミスマシンを




使ったスクワットを行えば、充分に大腿部に
刺激を与えられますので、



怪我の危険性を考えれば慣れて居ない方は
マシンを使って 安全に脚の筋肉を刺激するのも



一つの手だと思います。




勿論、ある程度スクワットの形が自分なりに
固まったな。と思うタイミングで




少しづつ、重量を加えて行きフリーウエイトによる
バーベルスクワットを行うのが、





1番筋肉を強化するのに手っ取り早いかな?と
思うので前回書いた様に腰と背骨の角度のイメージと



大腿四頭筋の収縮・伸展の感覚が掴めているのならば、
バーベルスクワットも行ってみて下さいね。




今回は 通常のスクワットにある程度
慣れて来た方は 変化を付けるために



スクワットのバリエーションを増やしたく
なるかと思います。

頑丈な支えに摑まり、シッシースクワットを行う


そうした時に、バリエーションの1つとして
シッシ―スクワットを取り入れてみるのも


良いかな、と思います。




シッシ―スクワットとは、ラックや壁など
ガッシリとした作りの、支えになる柱の様な物を



手で抑えつつ、前方に膝を突き出すように
膝を折りながら、




身体を下げて行く 変形のスクワットに なります。




この動作の際に つま先立ち姿勢をキープしながら
上体は後傾して行く体勢になるので


ラックなどの丈夫な支えが 必要になるのです。




この前方に膝を突き出しながら、大腿部に
負荷を掛ける姿勢を取ると、



自重でも膝に強い負荷が掛かるので、膝に痛みを
抱えている人は、



多くの回数を こなそうとするのは避けた方が
良いですね。




そして、もう一つのスクワットのバリエーションと
して 行いたいのが、ダックスクワットです。





脚を肩幅に開き、足先を外側に向ける
逆ハの字になり、ガニ股で太ももが



床と平行になる深さまで沈んで行きます。
ガニ股で行うダックスクワット


足先の向きを変え、膝の角度を外側に向けたまま、
上下運動を反復する事で お尻や太ももの裏側の




筋肉である、ハムストリングスを刺激する事が出来ます。



時々、こういった変化を付けることで筋肉に
新たな刺激を 継続的に与え続ける事が出来、




脚の筋肉の活性化に繋がりますので、取り入れて
みて下さいね。



スクワットラックで脚の筋肉を鍛える
posted by シャオリン at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8312985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング