有酸素運動とウエイトトレーニングを同時に行えるマシン: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2018年11月15日

有酸素運動とウエイトトレーニングを同時に行えるマシン

筋肥大とシェイプアップするというのは、
通常相反するもので、



分けてトレーニングするのが通例と
なっています。



例えば、秋冬にウエイトトレーニング
ガンガン追い込んで、栄養もたっぷり摂取して



脂肪も蓄えつつ、筋肉を増量する期間に費やし、
春から夏に掛けて、食事内容を変えて絞る。


と いった考え方です。





勿論、絞る期間には増量期に比べて、筋力も
落ちるので、必然的にトレーニング内容も



少しづつ変化を付ける必要があるので、
この様に、増量期と減量期は分けて行った方が




効率が良いのですが、バルクアップ期間
(増量期)から、減量期に切り替えたタイミングや、




元々シェイプアップの為に ウエイトトレーニング
取り入れたい。という目的の方、



あるいは、運動不足解消の為に、とにかく
身体を動かしたい。という方に




ぴったりのマシンが前回も書いた様に
こちら
なのです↓↓




このマシンは、今時のマシンというか、
アプリと連動した最先端感溢れるマシンなのです。



上部・中部・下部に備え付けられたケーブルを
引いたり持ち上げたり、




あるいは、ケーブルクロスオーバー種目として
胸の前で交差させる様に 引き寄せたり。





上・中・下にケーブルグリップが設置されている
事に より、脚・腕・肩・背中・胸と全身満遍なく



刺激する事が出来ます。




しかし、それだけでは『ラットマシン
家に1台あれば行えるじゃん。』と思う方も




居るかと思いますので、このマシン独特の
動きに ついて、書いて行きたいと思います。





この動画の 4分10秒過ぎくらいからの、
脚と上体の連動した運動が行えるのが



最大の特徴だと思います。




通常、この様な動作をラットマシン
行おうと思うと、ケーブルの長さの


問題であったり、マシンに適さない動作を
行う事でラットマシンの劣化を


早めてしまいます。




他のマシン種目で近い動作を行おうとすると、
ジムに有る様な 幅広のケーブルクロスオーバーが



出来る様なサイズのラックが必要になり、
一般的な家庭には 中々適さない位の



スペースを占有する事に なってしまいます。




しかし、このマシンの場合、幅・サイズは
そこまで広く取りませんし、



1台あるだけで、脚と上半身の連動トレーニングが
行えるので、




筋力アップとシェイプアップが同時に行える、
という優れものです。



多くの場合、筋力を高める為には、
他の部位の介入を 敢えて妨げて、



その部位のみで 可動域をフルに使うのが
一般的な方法として 取り入れられています。




一方、身体の部位の内で、1番大きい筋肉部位として
知られる 脚の筋肉を活発に動かし、




エネルギーの燃焼を促すのが、身体をシェイプする
手法として取り入れられています。





これらを同時に行えるのが、このマシンなのです。



筋肉を強くするには、まずは可動範囲内で
大きく動かす事が重要で、





ダイエットに重要なのは脚を可動させて、
エネルギーの消費量を大きくする事。




この結び付きにより、シェイプアップと同時に
筋肉も同時に強く出来る、



と言うのが このマシンなのです。




しかも、無料アプリをダウンロードする事で
胸なら胸、脚なら脚とトレーニングパターンや




動作説明を動画で教えてくれるので、
迷う事無く運動を行えます。




勿論、脚と上半身を連動させなくても、
通常通り 強くしたい部位に



絞ったトレーニングも行えるので、自宅の小さな
スペースでウエイトトレーニング



全身運動を 行いたい方にも おすすめです。
自宅の省スペースで全身運動が行えるマシンはこちらから
posted by シャオリン at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8300539
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング