広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月01日

最終話「花山、常子に礼を言う」の土曜日 とと姉ちゃん(155) 見た? 【ネタバレありの感想】

常子に、最後に現れたのは、

子供のころに亡くなった

とと(父)だったね。



相変わらず優しく語りかけてくれて、

そして、常子の大変だった人生を思って

「俺が常子にみんなのことを頼んだから

くろうをかけてしまった」

と言ってくれたね。


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)

そんなお父さんに、

常子は自分の口で

とと姉ちゃんとしての人生が

幸せだったって言ってたね。



以前、花山が「常子に仕事ばかりの人生を選ばせてしまった」

と、母の君子にあやまってたことがあったけど、

あの時は、

君子が、「常子はあれで幸せなんだと思います。」

って言ってたね。


人の口から言ってもらうと、

真実味があっていいけど、

でも、やっぱり本人の口からも一度聞いておきたかったよね。







最後のさいごに

常子がはっきりと言ってくれて

良かったなぁって思った。


どうしたって、

周りから見たら、

結婚して子供作った人のほうが

幸せに見えてしまうよね。


本人にとっては、

今の人生で悔いはなく、

幸せに生きていたとしても。







だから、あんなふうに、

ハッキリと言ってくれて

ホッとしたなぁ ^^


特に常子は、

妹たちの家族と一緒に暮らしているし、

仕事だって充実してるし。


幸せじゃないわけないよね。


最後の最後まで

仕事に奔走している常子が

良かったなぁって思える

最終回でした ^-^





2016年09月30日

第26週「花山、常子に礼を言う」の金曜日 とと姉ちゃん(154) 見た? 【ネタバレありの感想】

ついに、花山が息を引き取ってしまったね。

最後に、花山が常子、鞠子、美子に残してくれた言葉は、

本当に心のこもったものだったね。


「美子さん、初めてであったころ

きつく責める私の言葉に、必死に涙をこらえていた君の顔は今でも覚えているよ

それから、私が一時期、会社を辞めたとき、

説得しに来た時の顔もね。

君の情熱がなければ

あなたの暮らしはあの時終わっていたかもしれない」


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)

「鞠子さん

今でも君が仕事を続けていたら

どうなっていただろうと考える

だが君は結婚で大きな幸せと

たまきさんという素晴らしい娘さんを

得ることができた

たまきさんはきっと会社を支える

良い編集者になるだろう」






「常子さん

君に感謝を伝えるには原稿用紙が

何枚必要だろうね

たくさんことを君に教えた

それとともにたくさんんことを君に教えられた。

君がいなければ

今の私はいなかった。


ありがとう」






花山が常子たちのことをよく見て、

常に気にしていてくれたということが

よく分かるよね。

そうでなければこんなに心のこもった言葉を

書くことはできないものね。


花山は本当にこの三姉妹にとって

素晴らしい父親代わりだったんだなって思う。



常子は、最後に「あなたの暮らし」の功績が認められて

テレビに出ていたけど、

緊張する中、

肩に宿っている花山に

「どうしたもんじゃろの〜?」

って話しかけていたね。


なんだか、とても嬉しいシーンだったなぁ ^-^




2016年09月29日

第26週「花山、常子に礼を言う」の木曜日 とと姉ちゃん(153) 見た? 【ネタバレありの感想】

花山に今まで何回怒鳴られてきたか。。。

でも、怒鳴られないと、「あなたの暮らし」出版らしくない。

なんてことを社員たちが言っていたら、

たまきが帰ってきて、

「怒鳴られたほうが、どんだけよかったか。。」

と、悲しそうな顔で言っていた。



花山の具合は、どんどん悪くなっていってしまっているんだね。


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)


花山はもう自分が長くないって分かっているんだろうね。

自分が死んだ後に載せて欲しいと言って、

あとがきの口述筆記を常子に頼んだり、

表紙の絵を渡した時に、

まるでこれで最後かのように、

「ありがとう」

なんて常子に言ったりして。



自分の死期を感じているから、

悔いの残らないように

やるべきことをやっているんだろうけど、

見ているほうとしては悲しくなってしまうね。






花山が自分が死んだ後のためと言って

残したあとがきは、

まるで読者あての遺書のようだったね。

今まで読んでくださってありがとう。

広告の無い「あなたの暮らし」だから、

読者の方たちが買ってくれたからこそ、

続けてこれました。

広告なしでやってこれたから、

本当に好きな雑誌を作ってこれたと、

感謝の言葉でいっぱいだったね。



そして、感謝の言葉だけでなく、

読んだことのない人に、

この本を紹介してくださいと、

自分が死んだ後の「あなたの暮らし」のためをおもって、

お願いをしていて、

自分はもう死ぬから、

ここで終わりみたいな遺書じゃなくて、

未来のことを考えていて

花山はあんなに怒ってばかりだし、

偏屈なところはあるけど、

皆のことを思って生きてきた人だよなぁって、

改めて思った。






常子は、涙を流しながら、

「花山さんがいなくなったら、

私はどうしたらいいでしょう?」

なんて聞いていたね。


ちょっと常子らしくないなって思った。

いつも、人のために自分が頑張っていて、

弱みを見せない、

人に甘えたりしない常子だったけど、

花山のことだけは

頼りにしていたんだよね。



花山は、とと姉ちゃんの常子にとっての

とと(父)だったんだなぁって、

これも改めて思ったよ。



素直に弱みを見せた常子に、

これも花山らしくないけど、

優しい言葉をかけてあげていたね。



君の肩に話しかけろ。

俺が宿ってやるよ。

なんて。


そんなこと、出来るわけないのに、

常子の気持ちが少しでも楽になるようにと、

花山の優しい嘘だよね T-T





2016年09月28日

第26週「花山、常子に礼を言う」の水曜日 とと姉ちゃん(152) 見た? 【ネタバレありの感想】

ついに、「あなたの暮らし」が100万部を突破したんだね!

しかも、花山が企画した

戦争体験特集で達成したんだから、

本当に良かったよね ^-^



戦争中の暮しの記録 [ 暮しの手帖社 ]

昨日の最期で、

社員の人が慌てて常子を

呼んでいたから

何があったのかと思ったら、

病院にいるはずの花山が

一時退院の許可が出たからと言って

出社していたんだね。


まぁ、でもそこまで慌てなくても。。。

って思ったけど ^^;



だけど、読者からの投稿がもう

たくさん届いたころだろうからって

突然出社して

仕事をやる気満々なのには困っちゃうよね。


花山の、死ぬ瞬間まで編集者でありたいんだ!

っていう気持ちやプライドは分かるけど、

常子の言うように、

心配する人の気持ちも考えてもらわないとね。






だけど、病院で校正をしているときの、

花山の生き生きとした顔を見ると、

仕事が生きがいで、

これを全部取り上げてしまったら、

可哀想だよね。

って思ってしまうよね。


家族や、社員の人達が心配する気持ちと、

花山の死ぬまで仕事をしたいという気持ち。


そのちょうどいい妥協点というか、

両者の気持ちに配慮した部分が、

病院や自宅で

校正だけしてもらうってところだよね。






そして、花山の負担が少しでも減るようにと

自宅でいつもより念入りに編集作業をする常子。


常子を手伝う鞠子と美子。

三人が一緒のちゃぶ台で

仕事をしているのは、

なんだか「スタアの装い」の時みたいで、

懐かしいね。


こんなふうに、

大人になってもずっと仲良しで、

姉妹で1つのことを一緒にやっていく姿って

素敵だなぁって

思った。


こんな姉妹になれたらっていうか、

こういう仲の良い家族でありつづけるって、

本当に幸せなことだなって思った。





2016年09月27日

第26週「花山、常子に礼を言う」の火曜日 とと姉ちゃん(151) 見た? 【ネタバレありの感想】

取材最後の4日目。

花山はいつ帰ってくるのかと

待っていた常子たちの元に、

花山が東京駅で倒れたと

電話が入ってしまった。


やっぱりって感じだよね。

何か起こってしまうんじゃないのかな?

って思ってたんだよね(><)


戦争中の暮しの記録 [ 暮しの手帖社 ]


だけど、思ったよりは大事ではなくて、

入院先の病院に駆け付けた常子たちは、

ベッドで原稿用紙に向かっている花山に

逆の意味で驚かされてしまったね。



「胸が苦しくてすこし座っていただけだ」

と主張する花山だけど、

でも、身体を大事にしなくてはいけない

状態だってことには

変わりはないよね。



その上、

みんなに心配をかけてまで言った広島への取材は

失敗だったみたいだし。

常子じゃなくても、また行くなんて

許可できないよね。







花山の企画というのは、

戦争中の庶民の暮らしについて、

記録を残したいというものだった。


戦争の記録は歴史に残っても、

庶民がどんな暮らしを強いられたのかについては、

どんどんと忘れ去られていく。

それを戦争を知らない世代のために

また、だまされて戦争をしないために、

残しておきたいというものだった。






これ、たしか前にNHKでやってたけど、

「戦争中の暮らしの記録」ってタイトルで

出版した時は、

売れるわけがないって業界では言われていて、

でも、すごく売れたって本だよね。

上のほうに、楽天ブックスのリンクを貼ったけど、

レビューを見ただけでも、

すごく良い本で、

リアルにそのころの体験が書かれているっていうのが分かる。



今まで、みんなの暮らしを良くするために

色々な情報を発進し続けてきた雑誌が、

豊かになった時代だからこそ、

そうでなかった時代のことを

雑誌として文章に残してくれるってすごいことだと思う。


だって、周りは物を売るためのことや、

楽しいことばかり発信している中で、

真逆のことをしようって、

それが大事なことなんだって

気付くってことはなかなかできないことだと思うし、

それをみんなに伝えるために、

本にして、世に出すってことは

とても勇気がいることだったんじゃないかな?




信念がある人じゃないと、

なかなか出来ないことだよね。

そして、その信念が通じて、

大ヒットしたって本当にすごいことだよね。




このブログは、新しいURLにお引越しをしました。

10月後半からの感想はこちらに書いています。

新しいブログへはここをクリックしてね!


サイト内検索


よく読まれているおすすめの人気記事

笑ってはいけない ガキ使 見た? 【ネタバレありの感想ブログ】

相棒14の反町隆史について

15話「警察嫌い」 相棒14見た?【ネタバレありの感想】 と浅利陽介さんについて

25話「フォースの未来」 スターウォーズ反乱者たち見た?【ネタバレありの感想】

KIDS 時計って知ってますか?プロに子供の写真を無料で撮影してもらえるサービスです♪

コンサートチケットなどのSNS売買でトラブルにあったことはありませんか?↑  チケットトラブルに遭う原因と、遭わないための対策法について書いて
最新記事
忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト 忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
すきすきさんの画像
すきすき
ドラマやアニメ、映画などストーリーのあるものが好きです。そういったものについて見た感想などを皆さんとワイワイ話したりできたら楽しいだろうなぁと思ってblogを描いています^^ このブログについて、何かありましたらメールでご連絡ください tvgasuki@adobegasuki.com
ブログ
プロフィール
上手なマッサージ屋さんの見つけ方ボタン  
心も身体もクタクタの現代人を癒してくれる、マッサージ。
日本人はみんな大好きですよね。

でも、上手な人ってなかなか見つからない。そんな声をよく聞きます。

リラクゼーション業界で現役で働く筆者が上手なマッサージ屋さんの見つけ方や、マッサージ関連のお話をしていきます。



ドラマ ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 最先端技術のがん予防サービス!低コスト3,480円(税別)
がん予防メディカルクラブ「まも〜る」
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。