広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月07日

第19話「ライロスの嵐」クローンウォーズ シーズン1 見た人いる?【ネタバレありの感想】

3D CGアニメのスターウォーズシリーズ「クローンウォーズ」ファーストシーズンを見た人いますか?

今日は第19話「ライロスの嵐」の感想です。

最初の一言は、

偉大な高みに至る道は険しい

今回は、アソーカが成長していくためのお話でしたね。

失敗をしても、それにくじけず、

立派な指揮官になってもらいたいものです。

頑張れ!アソーカ!!







19話目のあらすじです。


ライロスの惑星の住人たちを救うため、

帝国軍の封鎖戦をどうしても突破したい共和国軍。

この任務に就いていたのは、アナキンと、アソーカだった。


そして、アソーカは初めて中隊を任されて気負ったしまったこともあり、

敵の罠に気付いて、

退却するようにと命令した提督とアナキンの言葉に逆らってしまう。


そのせいで、多くの戦死者を出し、

提督も重傷を負った。

自分のせいで多くの犠牲を出してしまったことに、

アソーカはショックを受けてしまったが。。。






落ち込むアソーカはか弱く見えてかわいかったね ^^

戦争のさなかに、

上官の命令を無視するって

ちょっとありえないことだけど、

そのへんはスターウォーズのなかではけっこう良くあることなんだよね(笑)


アソーカも、アナキンの影響もあっただろうし、

初めて戦闘機の中隊を任されて功を焦ったってこともあったろうし、

さらにはライロスの人のためにも早く突破しなければ!って気持ちもあったんじゃないかな?


だから、仕方がない。。。と言ってあげたいけど、

大きな船を失ったし、

仲間もたくさん死んでしまったから、

アナキンとしても、叱責しないわけにはいかないよね。


いつも、調子に乗っていて、

自分の実力なら何でもできるくらいの態度のアソーカが、

しょんぼりしているのは、見ていて可哀想だったし、

ちょっとかわいかったなぁハート(トランプ)


いつもとのギャップが良かったよねw


アナキンの大胆すぎる作戦

オビワンも、アソーカのことを心配して、

休養を与える必要があるとは言っていたものの、

でも、「アソーカの力が今回の作戦には必要だ」との発言も。



戦争中だから、すべてが理想通りにできるわけじゃないよね。

休養を取らせてあげることはできないけど、

アソーカのことをアナキンもオビワンも思っていてあげてるっていうことが

感じられて、良かったな。


アソーカはアナキンに強引に指揮官を任されてしまい、

仕方なく、そしてちょっと力なく指揮を執っていたけど、

やっぱりクローン達は、

アナキンがいないことで

少し不安に思ったり、

アソーカの作戦を否定してしまったりしていたね。


それは、少し前のアソーカがアナキン達の命令に背いたのと同じだよね。

やっぱり、大事な作戦中に、

上の人の意見に従わないっていうのは、

困ってしまうよね。

上手くいくことも、上手くいかなくなってしまうって感じた。


やっぱり、上の人を信用してついていくっていうことが下の人達には求められているのかもね。



今回は、重傷を負ったユラーレン提督が戻ってきて、

アソーカの命令を指示するように

助け舟を出してくれて、今回は本当に良かったよね。


そして、今回のことは、アソーカにとってすごく良い経験になっただろうね ^-^






アナキンの作戦は、大胆すぎて

ちょっと大丈夫かな? とも思ったけど、

でも誰だってあんな大きな船を犠牲にして

ツッコんでくるだなんて思わないよね。


アナキンの作戦は大成功。

思いっきり敵の中心にツッコんで大爆発を起こした。


そして、それに続く、アソーカの作戦、

自分たちの旗艦の腹を敵に見せて、

そこにシールドを集中させて、

スピードの出る戦闘機たちは敵の裏に回って攻撃する。

面白いように、敵の船をどんどん破壊して、

気持ちよく勝利したね。



大きな船を2つも失ってはしまったけど、

アナキンも無事に回収されたし、

アソーカは、ショックから立ち直るどころか、成長したみたいだし。

良かったよかった ^-^


「スターウォーズ / 反乱者たち」の感想はこちらhttp://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_2/

2016年10月03日

EP11 「コンコード・ドーンの守護者」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP11 「コンコード・ドーンの守護者」 みんな見た?



ヘラが重傷
コンコード・ドーンを安全に通行したい反乱軍。

そこを支配しているマンダロリアンに

通行許可を求めに、

ヘラとサビーヌ率いる反乱軍が出向いていくことに。




話し合いを求めたヘラたちに

マンダロリアンたちは問答無用で

攻撃を仕掛けてきた。

そして、彼らは「俺たちは反乱者側についたんだ」

とハッキリと言っていた。



仲間を二人も撃墜されてしまい、

なんとか逃げ帰ったヘラとサビーヌ。


サビーヌのあとに、

ハイパースペースを脱した

ヘラの戦闘機は、

よく爆発しなかったなっていうくらいの

大ダメージを負っていて、

そのなかには見るも無残な重傷のヘラの姿が。。。








怒るサビーヌ、珍しく冷静なケイナン

話し合いで解決したかったヘラとケイナンだけど、

ヘラはマンダロリアン達に

重傷を負わされて意識もまだ戻らない。




ケイナンは自分だけでやつらの基地に侵入し、

戦闘機を壊してくると主張。

チームの仲間が一緒に行くというと、

では、チョッパーだけを連れて行くと言う。




なんか、今回ケイナンはやけに大人だったよね。

最初、愛するヘラが重傷になってしまって、

ケイナンが一番に怒るかと思ったけど、

一番怒っていたのは一緒に戦っていたヘラだった。

そして、ケイナンはヘラの想いと、

昔自分が受けた恩を返すために、

もう一度、彼らに反乱軍の仲間になるように話し合いをするために言ったんだったね。


ケイナン、大人らしいというか、ジェダイらしい振る舞いだったね、今回は。

以前、クローントルーパーだったレックス達に

ずいぶん怒りを向けていたから、

なんとなく、子供っぽい印象を持ってしまっていたけど、

やっぱり立派なジェダイなのかもしれないね、ケイナンは。



そして、サビーヌは怒り心頭で

(おいおい、ダークサイドに落ちちゃうよ)

って言いたくなるくらいだったw



船にこっそり忍び込んで

ケイナンとチョッパーと一緒に

マンダロリアン達の基地まで一緒に行っちゃうところは、

スターウォーズらしい展開の仕方だよね ^-^







話し合いをしないですぐに戦うから戦争が終わらない

ケイナンは昔の戦友が今マンダロリアン達のリーダだから、

話し合いでなんとかなるって算段が少しはあったんだろうね。


最終的には、ヘラが捕まってしまって

決闘をすることになってしまったから、

敵のリーダーを捕虜にすることで

力ずくで仲間にした形にはなったけど、

それでも、ケイナンがマンダロリアンのリーダーに言った言葉は

彼の心に響いていたよね。


捕虜になってしまった時に、

すぐにあきらめてくれたのは、

ケイナンの「帝国は力を分け合うつもりはない。やつらについていても、結局は孤独だ」

というあの言葉があったからだと思うんだ。



そして、無鉄砲で喧嘩っ早いサビーヌだけど、

今回は誰も殺すこともなく、

事件を解決できたね。

(戦闘機は7機も破壊したけどw)


すこし、大人になって

どんどんケイナン達のチームは成長して

精神的にも強くなっていくことになるんだね。



強くなったその先には、どんな困難が待っているのかな?


今回も、面白い話だったけど、

単発的な話はそろそろ終わりにして、

尋問官たちとの因縁の対決や、

アソーカとダースベーダーとの悲しい再開とかを

見せてくれないかなーって思っちゃうんだけど、

それはいつになるのかなぁ?

スターウォーズ / クローンウォーズ シーズン1の感想はこちら → http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_27/


反乱者たち好きの人なら絶対に喜ぶリュックサック!
これで出かければ、楽しい気分になれるね♪

STAR WARS: REBELS(スター・ウォーズ 反乱者たち) SQUADRON ラップトップ・バックパック/リュックサック 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】




2016年10月01日

最終話「花山、常子に礼を言う」の土曜日 とと姉ちゃん(155) 見た? 【ネタバレありの感想】

常子に、最後に現れたのは、

子供のころに亡くなった

とと(父)だったね。



相変わらず優しく語りかけてくれて、

そして、常子の大変だった人生を思って

「俺が常子にみんなのことを頼んだから

くろうをかけてしまった」

と言ってくれたね。


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)

そんなお父さんに、

常子は自分の口で

とと姉ちゃんとしての人生が

幸せだったって言ってたね。



以前、花山が「常子に仕事ばかりの人生を選ばせてしまった」

と、母の君子にあやまってたことがあったけど、

あの時は、

君子が、「常子はあれで幸せなんだと思います。」

って言ってたね。


人の口から言ってもらうと、

真実味があっていいけど、

でも、やっぱり本人の口からも一度聞いておきたかったよね。







最後のさいごに

常子がはっきりと言ってくれて

良かったなぁって思った。


どうしたって、

周りから見たら、

結婚して子供作った人のほうが

幸せに見えてしまうよね。


本人にとっては、

今の人生で悔いはなく、

幸せに生きていたとしても。







だから、あんなふうに、

ハッキリと言ってくれて

ホッとしたなぁ ^^


特に常子は、

妹たちの家族と一緒に暮らしているし、

仕事だって充実してるし。


幸せじゃないわけないよね。


最後の最後まで

仕事に奔走している常子が

良かったなぁって思える

最終回でした ^-^





2016年09月30日

第26週「花山、常子に礼を言う」の金曜日 とと姉ちゃん(154) 見た? 【ネタバレありの感想】

ついに、花山が息を引き取ってしまったね。

最後に、花山が常子、鞠子、美子に残してくれた言葉は、

本当に心のこもったものだったね。


「美子さん、初めてであったころ

きつく責める私の言葉に、必死に涙をこらえていた君の顔は今でも覚えているよ

それから、私が一時期、会社を辞めたとき、

説得しに来た時の顔もね。

君の情熱がなければ

あなたの暮らしはあの時終わっていたかもしれない」


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)

「鞠子さん

今でも君が仕事を続けていたら

どうなっていただろうと考える

だが君は結婚で大きな幸せと

たまきさんという素晴らしい娘さんを

得ることができた

たまきさんはきっと会社を支える

良い編集者になるだろう」






「常子さん

君に感謝を伝えるには原稿用紙が

何枚必要だろうね

たくさんことを君に教えた

それとともにたくさんんことを君に教えられた。

君がいなければ

今の私はいなかった。


ありがとう」






花山が常子たちのことをよく見て、

常に気にしていてくれたということが

よく分かるよね。

そうでなければこんなに心のこもった言葉を

書くことはできないものね。


花山は本当にこの三姉妹にとって

素晴らしい父親代わりだったんだなって思う。



常子は、最後に「あなたの暮らし」の功績が認められて

テレビに出ていたけど、

緊張する中、

肩に宿っている花山に

「どうしたもんじゃろの〜?」

って話しかけていたね。


なんだか、とても嬉しいシーンだったなぁ ^-^




2016年09月29日

第26週「花山、常子に礼を言う」の木曜日 とと姉ちゃん(153) 見た? 【ネタバレありの感想】

花山に今まで何回怒鳴られてきたか。。。

でも、怒鳴られないと、「あなたの暮らし」出版らしくない。

なんてことを社員たちが言っていたら、

たまきが帰ってきて、

「怒鳴られたほうが、どんだけよかったか。。」

と、悲しそうな顔で言っていた。



花山の具合は、どんどん悪くなっていってしまっているんだね。


連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の撮影に密着してきた「NHKステラ」が、ドラマ全26週を写真やインタビューで振り返る!
★特別付録 小橋家三姉妹仲よしピンナップ
◆脚本家 西田征史 インタビュー

とと姉ちゃん メモリアルブック (ステラMOOK)


花山はもう自分が長くないって分かっているんだろうね。

自分が死んだ後に載せて欲しいと言って、

あとがきの口述筆記を常子に頼んだり、

表紙の絵を渡した時に、

まるでこれで最後かのように、

「ありがとう」

なんて常子に言ったりして。



自分の死期を感じているから、

悔いの残らないように

やるべきことをやっているんだろうけど、

見ているほうとしては悲しくなってしまうね。






花山が自分が死んだ後のためと言って

残したあとがきは、

まるで読者あての遺書のようだったね。

今まで読んでくださってありがとう。

広告の無い「あなたの暮らし」だから、

読者の方たちが買ってくれたからこそ、

続けてこれました。

広告なしでやってこれたから、

本当に好きな雑誌を作ってこれたと、

感謝の言葉でいっぱいだったね。



そして、感謝の言葉だけでなく、

読んだことのない人に、

この本を紹介してくださいと、

自分が死んだ後の「あなたの暮らし」のためをおもって、

お願いをしていて、

自分はもう死ぬから、

ここで終わりみたいな遺書じゃなくて、

未来のことを考えていて

花山はあんなに怒ってばかりだし、

偏屈なところはあるけど、

皆のことを思って生きてきた人だよなぁって、

改めて思った。






常子は、涙を流しながら、

「花山さんがいなくなったら、

私はどうしたらいいでしょう?」

なんて聞いていたね。


ちょっと常子らしくないなって思った。

いつも、人のために自分が頑張っていて、

弱みを見せない、

人に甘えたりしない常子だったけど、

花山のことだけは

頼りにしていたんだよね。



花山は、とと姉ちゃんの常子にとっての

とと(父)だったんだなぁって、

これも改めて思ったよ。



素直に弱みを見せた常子に、

これも花山らしくないけど、

優しい言葉をかけてあげていたね。



君の肩に話しかけろ。

俺が宿ってやるよ。

なんて。


そんなこと、出来るわけないのに、

常子の気持ちが少しでも楽になるようにと、

花山の優しい嘘だよね T-T





このブログは、新しいURLにお引越しをしました。

10月後半からの感想はこちらに書いています。

新しいブログへはここをクリックしてね!


サイト内検索


よく読まれているおすすめの人気記事

笑ってはいけない ガキ使 見た? 【ネタバレありの感想ブログ】

相棒14の反町隆史について

15話「警察嫌い」 相棒14見た?【ネタバレありの感想】 と浅利陽介さんについて

25話「フォースの未来」 スターウォーズ反乱者たち見た?【ネタバレありの感想】

KIDS 時計って知ってますか?プロに子供の写真を無料で撮影してもらえるサービスです♪

コンサートチケットなどのSNS売買でトラブルにあったことはありませんか?↑  チケットトラブルに遭う原因と、遭わないための対策法について書いて
最新記事
忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト 忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
すきすきさんの画像
すきすき
ドラマやアニメ、映画などストーリーのあるものが好きです。そういったものについて見た感想などを皆さんとワイワイ話したりできたら楽しいだろうなぁと思ってblogを描いています^^ このブログについて、何かありましたらメールでご連絡ください tvgasuki@adobegasuki.com
ブログ
プロフィール
上手なマッサージ屋さんの見つけ方ボタン  
心も身体もクタクタの現代人を癒してくれる、マッサージ。
日本人はみんな大好きですよね。

でも、上手な人ってなかなか見つからない。そんな声をよく聞きます。

リラクゼーション業界で現役で働く筆者が上手なマッサージ屋さんの見つけ方や、マッサージ関連のお話をしていきます。



ドラマ ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 最先端技術のがん予防サービス!低コスト3,480円(税別)
がん予防メディカルクラブ「まも〜る」
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。