広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月18日

青鬼 じ・あにめぇしょん 3話 「告白」 見た?【ネタバレありの感想】

テレビ東京の日曜深夜3:05~放送の『あおおに ~じ・あにめぇしょん~』の3話目「告白」、みんな見た?

今回は、この状況の中、

唯一の女性キャラのみか

たくろうに告白をするという

お話でしたね。

そして、今回もぶっ飛んでる

ホラーな世界でした。






みか、強すぎ

公式ホームページの

キャラクター紹介のページを

読んで初めて知ったのだけど、

みかたくろうが好きで、

仲良くなりたいという思いから、

この肝試しに参加したんだね。


それが、こんな惨劇に巻き込まれてしまうなんて、

不運としか言いようがない。。。



んだけど、

みか、強すぎだよね。

告白の邪魔をした人たちを

みんな洋館の外に投げ飛ばしちゃうなんて(◎_◎;)



だけど、、窓を突き破って外に行けるんだったら、

脱出可能なんじゃ?






っていうか、フワッティーも投げ飛ばしてなかった?

そんなこと出来るんだったら、

実力で青鬼を退治して、

それから落ち着いて洋館から脱出すればいいじゃん。。

って思ったけど、

やっぱり青鬼にはかなわなかったね。



最後には、青鬼に慰めてもらえるのかと思いきや、

殺されちゃいましたとさ。。。




あの、油断させておいてからの、

突然の死っていうのが、

この「青鬼」の異常な世界観だよねw

KIDS 時計って知ってますか?プロに子供の写真を無料で撮影してもらえるサービスです♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このブログは、お引っ越しをしました。

新しいURLは

http://tvgasuki.adobegasuki.com/

です。

青鬼のネタバレありの感想を引き続き書いていますので、

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




【このカテゴリーの最新記事】
posted by すきすき at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青鬼

映画『マギー MAGGIE』見た ? 【ネタバレありの感想】

2015年アメリカで公開されたホラー映画「マギー」のネタバレありの感想です。

日本での公開は2016年2月、主演はアーノルド・シュワルツェネッガーアビゲイル・ブレスリン


娘として守るのかー。ゾンビとして殺すのかー。

このキャッチコピーでも分かるように、娘がゾンビになってしまい、その父親のシュワルツェネッガーが彼女を守るというストーリー。

ゾンビ映画ですが、、親子愛に主眼をおいています。

ゾンビ映画って聞くとアクションものや、感染の恐怖やそのなかでの疑心暗鬼を描いたすごく怖いホラーを想像してしまいますが、

アクション要素はほとんどないです。

また、ホラーの要素も弱いです。

ゾンビになっていく娘をどうすればいいのかと思い悩む親の心情を描いた映画です。

たぶん、見る前にその辺は分かってみているとは思いますが、

知らずに、アクションホラーや恐怖映画だと思い込んでみてしまうと、

期待外れでがっかりしてしまうと思います。


面白いか、面白くないか?

みなさん、この映画を見てどう思いましたか?

面白かったですか?

つまらなかったですか?

面白いか、面白くないか、

二者択一なら私は『面白かった』です。

でも、点数で言うと、1がつまらないで、10が最高に面白いなら、6.5点くらいかな。

まあまあ面白いくらいです。

正直、そんなにすごく友達に進めようとは思いませんでした。



でも、見ていて飽きてしまうことはないですし、

1つ1つのシーンが丁寧に作られているようにも感じました。

ゾンビの表現はリアルで本物みたいだし、

警察や病院の対応や人々の行動、セリフに不自然なところはなく、

こんな病気が流行ってしまったら…という恐怖をリアルに感じます。



過度な演出もなく、淡々と話が進んでいくのに、

飽きさせないというのは、

やっぱり映像の撮り方や、役者さんたちの演技、監督の見せ方などが

すごいということなんだろうなぁって思って、そこにも少し感動しました。






ゾンビじゃなくてもいいかもと思ってしまう

ゾンビ映画ってすごくはやりましたよね。

そして、もう「流行り」じゃなくて、

映画の1ジャンルとして定着していますよね。

その中で、アクションや、ただのホラーじゃなくて、

親子愛というか、親の苦悩を描いたというのは面白いなぁと思って、

この映画に興味を持ちました。


そして、すごく良く出来てるなぁって思ったのですが、

でも、この映画を見ての一番の感想は、

「ゾンビを題材にしなくてもいいんじゃなかったのかな?」

ということです。

けっこう、映画の後半くらいから、そう思いながら見ていました。







自分に置き換えてみていると…

愛について描いた作品、

親としての苦悩、

病気になって助からなくなった苦悩、

そういったものを描いた感動作って、

やっぱり自分がもしそうなったらどうするか?

そう思いながら見るものだと思います。

監督や制作側もそれを狙っていると思います。

そうやって感情移入しながら作品の世界に入り込むのが映画の醍醐味の1つですよね。


この作品も、そういった意味でもやっぱりすごく良く作られていて、

自分の子供がこの病気にかかって、

徐々にゾンビになって往くことになったらどうしよう。。。

そんな風に思いながら見てしまいます。



自分の子だったらどうするか?

どうすることが最善なのか?

また、もし自分がこの病気にかかってしまったら、ということも考えます。

マギーの気持ちになったり、

シュワルツェネッガー演じる父親の気持ちになったりします。


私は、最初は自宅に連れ帰るのってよくないんじゃないの?

とか、ある程度進行したら早めに隔離施設に入れるべきなんじゃ…

なんてことも少し思っていました。


実際、病気の家族を隠していた近所の人がいたりして、

それを主人公のシュワルツェネッガーが殺さなくてはいけなくなってしまったりと、

患者を隠していることで周りを危険にさらすということは

自明の理です。



でも、隔離施設に入れられた患者たちは、

狭い部屋に押し込められ、

病気が進行した者同士食い殺し合わせて処理するなんて話が出てきます。

警察や病院側は決してそんなことは言いませんが、

噂は本当のように感じられます。



患者は人間扱いされない、

自分の幼い娘がおびえて過ごすことになった、そんな話も出てきます。



たとえもうすぐ病気で死んでしまうと言っても、

自分の子供がひどい扱いを受けたり、

他のゾンビに殺される恐怖を感じながら死んでいかなければいけないなんて、

そんなこと、耐えられるわけがありません。


ではどうするか?

ずーっと隠し通すこと出来るのか?

最後には、理性を失って自分に襲いかかってきます。

そうなってから、せめて自分の手で、

楽に最期を迎えさせてあげるのが正しい選択なのか?

それとも、自分も噛まれて、

一緒にゾンビになるのが自然の成り行きで良いのか?

また、隔離施設で使っている薬というものも出てきます。



それをつかえば、理性は保てる。

でも、ひどい苦痛が訪れる。

死ぬまで苦痛を感じながら、そして未来への希望がないまま、

生き続けることが良いのか?

周りに迷惑をかけないなら、

理性を保てるなら、

そのほうが良いのか?


そんなことを映画を見ながら考えました。






マギーの終わり方

終わり方、感動の結末でも、

ものすごい恐怖が訪れるわけでもなく、

やっぱり、これが一番良い選択だよね。

と、静かな気持ちにさせてくれるものでした。


この状況の中では、これがせめてものハッピーエンドだったのではないかな?

主人公が死んでしまうのだから、ハッピーというのはおかしいけど、

父親に悲しい思いをさせることなく、

恐怖を感じながら、他のゾンビに食い殺されて終わったり、

抵抗して警察や誰かに殺されてしまったりするのは、

やっぱり悲惨すぎると思います。


でも、これは本人が自分から選択して、

行動してくれた場合だけの最善の終わり方ですよね。


怖くて決断できなかった場合に、

家族のほうから、

これを進めるなんてことは出来ないなぁって思いました。


でも、父親が、

最後の最後まで、

マギーのことを想い、

マギーのためだけに行動してきたからこそ、

彼女は自分でこの最良の終わり方を選べたんじゃないかな。

そんな風に私は思いました。




posted by すきすき at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年10月17日

EP13 「宇宙を旅するもの」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP13 「宇宙を旅するもの」 みんな見た?



宇宙を旅する神秘的な巨大生物パーギルの登場

パーギルが登場した時、

私はニーブレイ・マンタとちょっと混同しちゃいました。

たしか、クローンウォーズのシーズン1に出てきたよねって。



ニーブレイマンタは宇宙空間に生息するマンタのような生物で、

クローンウォーズ シーズン1の第3話「マレボランスの影」に登場してきます。


でも、今回登場したのは、パーギル。

パーギルはクジラのような姿で星と星との間を旅する生物。

しかも、ハイパースペースを旅することができ、

知的種族たちがハイパードライブを発明するきっかけになったという

伝説も。



この話の最期には、

ガスを充分吸い込んだ彼らは、

触手を光らせてから

ハイパースペースに入っていく姿を見せてくれました。


その瞬間もすごかったけど、

でも、宇宙空間を群れなして泳ぐ姿や、

ガスの中から飛び出してくる姿も美しかった。



エズラを背中に載せて、

彼の命を救ったり、

心を通わせて、

力を合わせて敵を倒すシーンすごかった!

野生動物と心が通じ合う感動的な話って、すごいよね。

それとSFが一緒になった今回の話って、

なんだか心に響くものがあったなぁ。







エズラのフォースの成長は信じられないくらいになってきた気がする

ケイナンでさえ何も感じなかったのに、

エズラは、パーギルの悲しい声を

いち早く聞き取り、

彼らの気持ちを感じて、

彼らが苦境に立たされていることを感じ取り、

彼らと一緒に敵を倒すということまでしてのけた。




なかなかここまでフォースの力を遣えるジェダイもいないんじゃないかな?

って思うくらいに成長してきている気がするんだよね。

だって、生身の身体で、

タイファイターをライトセーバーで切り倒してしまうのだってすごいことだと思うし。



まぁ、でも、上空から自由落下して

フォースの力を利用して

着地するという技は失敗して、

ケイナンに助けてもらってたけどね。


まだ、力の使い方を全てマスターしたわけではないんだろうし、

彼の力には波があるような気もするけど、

かなりの才能を秘めていることは確かだよね!



このままいったら、

いつかはダースベイダーといい勝負をするような

すごいジェダイになるんじゃないかな?

なんて期待しちゃうんだけど、

それは買いかぶりすぎかな?






来週はヘラとその父親の話

来週はヘラの父親が出てくるみたいだね。

なにか言い争っているようなシーンもあって、

意見が合わないようだったけど。。

どんな話になるのかな?



けっこう戦闘シーンもあったみたいだし、

カッコいいバトルシーンも期待できそう!

最近は、アソーカちゃんや、

ダースベイダー、尋問官たちが出てこないので、

そこがちょっとさみしいけど、

ヘラの父親の話も、

楽しみだね ^ ^

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このブログは、お引っ越しをしました。

新しいURLは

http://tvgasuki.adobegasuki.com/

です。

反乱者たちのネタバレありの感想を引き続き書いていますので、

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




2016年10月16日

OPE.01 Doctor-X 外科医・大門未知子 見た?【ネタバレありの感想】

ドクターX、初回視聴率は20.4% !


ドクターX、始まりましたね。

私は今までこのシリーズを見ていなかったんだけど、

面白いってよく聞くし、

視聴率も良いみたいなので、

今回から見ることにしました ^-^

初回の視聴率は20.4%(関東地区)だったみたいで、

かなりの人気ぶり。

確かに、面白くて

あっという間の一時間でした。

TV asahiで毎週木曜の夜9時放送のDoctor-X 外科医・大門未知子 見た?みんな見た?


まずは話のあらすじです
ニューヨークの中華料理店を訪れたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の前で、客の妊婦が突然倒れた! 診察した未知子は即座にオペが必要と判断。客のひとり・久保東子(泉ピン子)が掃除婦として働いているという近所の病院へ患者を運び、スピーディーかつ的確な処置で命を救う。その様子を目の当たりにした東子は、未知子の腕前にいたく感動! 未知子もまた、日本の大学病院の腐敗ぶりを歯に衣着せぬ物言いでめった斬りにする東子と、意気投合する。

 その矢先、未知子に日本の最高峰である「東帝大学病院」から声が掛かった。実は昨今、東帝大学病院はさまざまな隠ぺい行為や医療ミス、派閥争いなどで評判がガタ落ちに…。そのブランド力を再確立しようと企んだ未知子の宿敵・蛭間重勝(西田敏行)が、院長の久保茂(竜雷太)を汚い策略で追い出し、新院長の座を奪取したばかりだった。未知子は当然不本意ながらも、世も末の腐敗が横行する敵陣へと乗り込んでいくことに。ところが、そこで意外な人物との再会を果たす。その人物とは東子――何を隠そう、彼女は兄である久保前院長によって、東帝大学病院の新副院長に任命されていたのだ。しかも、未知子を雇うと独断した人物こそ、ほかならぬ東子だった…!

 「私はこの大学病院を大掃除したいの」――そう言って真摯に頭を下げる東子に、どこか胡散臭さを感じる未知子。そんな中、摘出困難な脊索腫を患ったIT社長・一木淳(渡辺大知)のオペが、東帝大学病院で実施されることになる。執刀医はニューヨークから引き抜かれたスーパードクター・北野亨(滝藤賢一)。未知子は自分に切らせろと手を挙げるが、自信満々の北野は一歩も譲らず、“日本初の3Dプリントパーツを使った脊椎手術”を推し進めようとする。ところが手術直前、東帝大にとっても、患者の一木にとっても、本来ならば起こりえない“絶体絶命の事態”が発生し…!?

公式ホームページから引用→ http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0001/







私、失敗しないんで

どんな手術も絶対成功させる。

そして、フリーランスで

高額な報酬を要求してくる

って、ちょっと手塚治虫のブラックジャックを思わせますよね ^^



ブラックジャックと違って、

マネージャー的な存在の所長・神原ってキャラがいたり、

内田有紀演じるやっぱりフリーランスの麻酔科医・城之内という仲間がいたりするけど、

一応ナレーションでは一匹狼をうたっているしね。


初めてみた私にはちょっとこの仲間の存在がよくわかっていなかったんだけど、

HPのキャストのページを少し見ると、

どうやら主人公の大門は、

「神原名医紹介所」というところに所属しているんだね。


そこの所長が神原で、

彼が色んな病院に紹介してくれているってことなんだね。

そして、城之内って麻酔科医もそこの所属と。



だからフリーランスっていうのが成立するのか〜。

あと、ブラックジャックと違うのは、

違法なことはしていないんだね。








権力争いの中の一匹狼はカッコいい!
ドラマの舞台の東帝大学病院。

そこの院長と副院長の派閥争いで、

ドラマ冒頭、ずるい策略で院長を失脚させて

自分が院長になった蛭間重勝。

こういう世界って病院の中に本当にあるのかなぁ?

なんて思ってしまうけど、

一般人とは違うこういう世界ってやっぱりドラマとかで見るのって面白いよね。


そして、その中で一匹狼として

どこの派閥にも、権力にも属さず、

堂々としている主人公の大門はカッコいいよね!



みんなの反対を押し切って

勝手に手術しちゃったりするのは、

やっぱり本当にはあり得ないことみたいだけど、

自分の腕に自信を持っているその姿勢が分かりやすいし、

どんな権力や派閥も、

そして周りの視線をも恐れずに

正しいと思ったことを

実践するっていうのは、

見てきて気持ちがいい!



だって、みんなそういうことってできないもの。

やりたくっても、実際にはみんなが出来ないことを

してくれるから、面白いんだなぁって思った。


手術のシーンとかも、

素人目には、

本物みたいに見えるし、

あの、大門の目力もすごくてカッコいいし、

2話目以降でも、彼女のカッコいい姿を

見れるのかなぁって期待しちゃうね。 ^-^



ところで、失脚された院長の妹で、

新しく赴任した久保東子(泉ピン子)。

彼女が大門未知子を雇ってくれて、

最初は「患者の命を救いたいの!」

「権力争いばかりの、この病院の大掃除をしたいのよ!」

なんて言っていたけど、

結局はそんなの嘘で、

敵対する蛭間に都合の良い手術には

大門が手を出さないように命令したりして、

最後には、大門に見放されていたね。




そうすると、今のところ久保東子には

全然仲間がいないみたいに見えるけど、

このおばさん、

これからどうするんだろうね?



どうやって蛭間とあらそっていくのか、

そこもちょっと見どころになるのかな?




posted by すきすき at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Doctor-X

2016年10月14日

第1話 「守護神」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

待ってました!相棒15スタート! ^0^



大好きな相棒シリーズ、やっと始まってくれました ^-^

今回は、仲間由紀恵が相棒になるなんて噂もあって、

どんな感じになるのかなー?って

ずっと楽しみに待ってました♪

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第一話「守護神」みんな見た?


まずは話のあらすじです
特命係の右京が広報課に配属された亘と共に
“呪いによる殺人”という不可解な事件に挑む!


人を呪い殺したという女性が、自分を罰してほしいと捜査一課を訪ねてきた。しかし、伊丹(川原和久)たちは取り合わず、女性をそのまま追い返してしまう。その一部始終を見ていた青木(浅利陽介)は、それを右京(水谷豊)に報告する。青木は以前、向かいのマンションで女性が殺害された事件を目撃しながら、警察への極度の嫌悪から証言を拒み、特命係と深い因縁を持った人物。しかし、この春、サイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官として採用され、特命係にも出入りするようになっていた。青木から話を聞いた右京は、「人を呪い殺した」という話に興味を持ち、問題の女性・来栖初恵(小野ゆり子)を訪ねる。聞けば、彼女はここ十数年の間に、3人の人間を呪い殺したという。

翌日、特命係の部屋に亘(反町隆史)がやってくる。亘は、警察学校での研修を終えると、希望した捜査部門ではなく、美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属されていた。それでも、警察学校の同期である青木から呪いの一件を聞き、興味を引かれて右京を訪ねてきたのだった。改めて2人が初恵を調べると、確かに周辺で3人の人物が不審な死を遂げていた。彼女は、それを自分が呪ったせいだと恐れているのだが、その背景には祖母・トヨ(山本陽子)の存在があった。青森で暮らしているトヨには不思議な力が宿っていて、初恵は自分にもその力が受け継がれているのではないかと考えているらしい。右京と亘は、“呪いによる連続殺人”という不可解な事件を前に、自分たちが何を調べ、どこに向かっているのか掴み切れないまま調査を進める。一方、美彌子のもとには、警察のみならず、国さえ敵に回しかねない危険な人物から、思いがけない連絡が届いていた。

事件か事故か、それとも呪いによる殺人か…!?
不可解な死の真相を追って動き出した右京と亘が
呪いの背後に隠された驚きの真相を解き明かす!

ゲスト:山本陽子 小野ゆり子 / 仲間由紀恵 榎木孝明 大杉漣

公式ホームページから引用→ http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0001/







呪いによる殺人事件だなんて、ホラーみたいな事件に杉下右京が挑む!

今回、なんだかいつもと違った雰囲気でしたね。

呪いで人を殺しななんて、ホラーな感じじゃないですか。

本格的な推理物のイメージの相棒が、こんなオカルトな感じの事件を扱うなんて意外でした。

でも、私はホラーもけっこう好きなので、

そのちょっと怖い感じに、

ドキドキワクワクしながら楽しめました。

一番好きだったのは、杉下右京と冠城亘が

バスで青森に向かうシーン。

二人で事件について話しているのですが、

その雰囲気が、なんだかとっても怖くて、

これから何かが起こるんじゃないかって、

その感じがとても好きでした。

何かを期待させられるっていうか、

そういう雰囲気、私大好きなんですよね ^^



でも、ネットを見ると、

『相棒』らしくなくてイヤだ!

なんて意見もあるみたい。

まぁ、今回推理要素は少な目だったので、

そこに魅力を感じている人にとっては物足りなかったんじゃないかなぁ?

あとは、やっぱり米沢守がいなくなっちゃったのはとても残念ですね。


あのキャラをどうしてなくしてしまったのか?

みんなが大好きなのにねー。



捜査1課の三浦信輔がいなくなっちゃったのもやっぱり残念。

3人いてこそ、味が出てくるよなーって

今回見ていて改めて思いました。



だけど、その代わりに仲間由紀恵さんがレギュラーになってくれたみたいだし、

相棒14 に出ていた警察嫌いの青木(浅利陽介)ってキャラも出ていましたね。

警察嫌いなくせに、警察官になっていて、

どうやら杉下右京と冠城亘に復讐するつもりでいる。

呪いじゃなくて、復讐なんだけど、

部屋に貼った二人の写真の目の部分に画鋲を刺したりしていて、

怖かった。。。

こいつのキャラこそ、オカルトだよ…って思っちゃうくらい(笑)

社美彌子(仲間由紀恵)と握手した時も、

何か企んでいるような、

粘着質な視線で、

気持ち悪かったね。







推理物としては、物足りないけど、やっぱり犯人はすぐには分からない
今回の犯人、みんなすぐに分かりました?

いや、あんなの分かるわけないでしょって声も聞こえてきそうですが。

最初に、呪いで人を殺してしまうと自首してきた来栖初恵(小野ゆり子)。

呪いなんてあるわけないけど、今までに3人も呪いで殺したことがある。

そして本当に3人人が死んでいたら、

それはみんな興味がわくよね。



オカルトっぽい要素さんだけど、

ちゃんと事件性を想像させてきて、

杉下さんや視聴者の興味を掴んでくるところは

やっぱりさすが『相棒』だよね。


3人も死んでいたら、それはやっぱり

誰かが殺しているんじゃないの?

ってみんな思うし、

そばにいて、初恵を守っているという男を

怪しいって思ってしまうよね。


私も最初、こいつが犯人かなって思ってました。

でも、『相棒』のことだから、

そんなすぐに分かるやつが犯人なわけないし。。。

って思っていたら、

あれ?すぐに証拠が見つかって、

とんとん拍子で捕まってしまった。


あらー?『相棒』 らしくないなぁ。

なんかつまんないなぁ。。

って一瞬思ったけど、

でも、やっぱり彼が犯人ではなかったね。


そうすると、やっぱりおばあさんが怪しいけど。。。

でも、違う気がするっていうか、無理な気もするし。。

なんて思っていたら、

意外な人物というか、

呪い殺したと言っていたあの初恵が犯人だなんて展開に。


いや、ちょっとは思ったよ。(←負け惜しみではないですw)

でも、嘘ついてるようには見えないし。。

なんて思っちゃったんですよね。

嘘じゃなくて、

記憶(意識)が抜け落ちていて、

本人も自分がホントに殺したとは思っていなかっただなんて、

それはさすがに思いつかないですよね。


以前、東野圭吾の小説で、

交通事故の加害者が、

死の間際の被害者の目を見てしまって、

暗示にかかって、

自分に被害者がのりうつっていると思い込んでしまい、

事故に関わった人たちを殺していってしまうという作品があったことを思い出しました。


オカルトとか、超自然的なものをなんとか矛盾なく、

理屈をつけようとすると、

暗示とか、催眠とかそういうものが出てくることが多いなぁーって気がしました。






新キャラたちのこれからのかかわり方に期待!
相棒15の相棒は、噂の仲間由紀恵ではなくて、

やっぱり反町隆史でしたね。

でも、仲間由紀恵が演じる広報課課長の社は

レギュラーになるみたいだし、

ロシア語の手紙をもらってしまったりして、

これから一波乱もふた波乱もあるみたい。

どんな関わり方をしてくるのかが楽しみだなぁ ^-^



そしてもう一人、

青木という警察嫌いの男。

杉下右京たちに復讐するために、

警察官になって近づいてくるなんて、

そうとうしつこいやつだよね。


でも、頭はすごく良いみたいで、

杉下右京とチェスをして

「今までで一番手強い相手」

だなんて言われていたし。


チェスだけじゃなくて、杉下右京の最強の敵として

立ちはだかってくるのかなと、

期待してしまいます ^^

浅利陽介さんがレギュラー出演している相棒15の3話以降の感想はこちら↓(新ブログです)
http://tvgasuki.adobegasuki.com/category/aibou










ヘパリーゼシリーズから待望のサプリメントが新登場
posted by すきすき at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相棒15
このブログは、新しいURLにお引越しをしました。

10月後半からの感想はこちらに書いています。

新しいブログへはここをクリックしてね!


サイト内検索


よく読まれているおすすめの人気記事

笑ってはいけない ガキ使 見た? 【ネタバレありの感想ブログ】

相棒14の反町隆史について

15話「警察嫌い」 相棒14見た?【ネタバレありの感想】 と浅利陽介さんについて

25話「フォースの未来」 スターウォーズ反乱者たち見た?【ネタバレありの感想】

KIDS 時計って知ってますか?プロに子供の写真を無料で撮影してもらえるサービスです♪

コンサートチケットなどのSNS売買でトラブルにあったことはありませんか?↑  チケットトラブルに遭う原因と、遭わないための対策法について書いて
最新記事
忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト 忙しいママとパパのための短くてわかりやすいトイレトレーニングサイト
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
すきすきさんの画像
すきすき
ドラマやアニメ、映画などストーリーのあるものが好きです。そういったものについて見た感想などを皆さんとワイワイ話したりできたら楽しいだろうなぁと思ってblogを描いています^^ このブログについて、何かありましたらメールでご連絡ください tvgasuki@adobegasuki.com
ブログ
プロフィール
上手なマッサージ屋さんの見つけ方ボタン  
心も身体もクタクタの現代人を癒してくれる、マッサージ。
日本人はみんな大好きですよね。

でも、上手な人ってなかなか見つからない。そんな声をよく聞きます。

リラクゼーション業界で現役で働く筆者が上手なマッサージ屋さんの見つけ方や、マッサージ関連のお話をしていきます。



ドラマ ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 最先端技術のがん予防サービス!低コスト3,480円(税別)
がん予防メディカルクラブ「まも〜る」
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。