広告

posted by fanblog

2016年07月10日

天然塩を使った腸内洗浄で便秘の解消

 消化器官の洗浄について

『断食の目的と効果』でも書きましたが

体を健康を保つのに消化器官はとても重要な役割を果たしております。

レモネードダイエットには

食事を断つ事による消化・吸収作業の休息

そして自然塩を使用した腸内の直接的な洗浄があります。

今回はこの天然塩を使用した腸内洗浄の方法について書こうと思います。


現在では、腸内洗浄という言葉は広く知られており様々な方法があります。



 ◇下剤等の薬剤による方法
 

   下剤などの薬剤を使用する事で腸内の物を強制的に外へ出す方法です。

   医療機関で内視鏡検査をする際に下剤によって腸内をきれいにしてから

   検査を行いますよね。 
 
   ただし、

   薬剤を使用する方法は長時間にわたる排便、そのたびにお尻を拭いていたら

   お尻も痛くなります。

   体への負担も大きい為そう何度も行う方法ではありません。
  

 ◇サプリメントやハーブティーなどで行う方法


   サプリメントやハーブティーなどを飲む事で腸内を洗浄する方法で

   下剤よりも効き目が緩やかで体に優しいのが特徴です。

   反面、体調や体質によって期待していた効果をえられにくい場合があります。

   ハーブティーは長期的に飲むことで効果を高めることができ

   便を軟らかくするなどの効果が期待できます。
  
   レモネードダイエット中にも飲むことが出来るハーブティーは、

   デトックスの助けになります。


続いて、腸(肛門)に直接管を注入し腸内を洗い流す方法です。



 ◇病院などの医療機関で直接肛門に管を入れて腸を洗い流す方法

   医師の診断のもと行う方法で

   気になる事なども相談する事が出来るので、

   特に安全面を重視する方におすすめです。
 
   ただしこの方法は保険外診療のためその医療機関によって

   料金が違い、大体一回、数万円の費用がかかるようです。


 ◇自宅で腸内洗浄用のキットを購入して行う方法


   洗浄用のキットさえ購入してしまえば

   自分の好きな時間に自宅で出来るのが最大のメリットです。

   その反面

   器具の準備や洗浄、メンテナンスなどの手間がかかる事と

   安全面に対しては若干の不安が残ります。

   自宅でのこの方法はお手軽な分だけ、すべての責任を負わなければなりません。




このように腸内洗浄には様々な方法があり


それだけ多くの方々の関心が高いという事でしょうね。


 レモネードダイエットと並行して行う腸内洗浄は、


天然塩を使用して作った塩水を飲む事で腸内を洗浄する方法です。


なぜ塩水が良いのか、その方法・手順・効果について述べていきます。


腸内洗浄、レモネード.jpg





■塩水を使った消化器官の洗浄『ソルトウォーターバッシング』



  
  レモネードダイエット中の朝は塩水による消化器官の洗浄で始まります。

  このプロセスは『ソルトウォーターバッシング』と呼ばれており

  これは、塩水を血液と同じ濃度(整理食塩水)にして

  これを飲む事で、消化器官を洗浄する事ができます。

  血液と同じ濃度に調整された塩水は体(腎臓)に吸収されずに
 
  消化器官を洗い流し排出されるのです。

  体への負担がなく誰でも出来る腸簡単な方法です。


目次にもどる



■塩水の作り方



 用意するもの
  
  ぬるま湯(ミネラルウォーターで)  1リットル(1000ml)
  
  天然塩               9〜10g(小さじ2杯)


 人肌に温めた、ぬるま湯に小さじ二杯の天然の塩を入れて作ります。

 ぬるま湯の目安として、私の場合いちいち温度を測っていません。

 指を入れてみて冷たいとも暑いとも感じなくらいの温度を目安にしています。

 塩も精製された食塩は使用せず天然の塩を必ず使用してください。

 精製された塩では効果があまり得られないばかりか、

 体に害があると言われており、それについてはまた機会があれば書こうと思います。

 せっかく体を綺麗にするのだから天然のもので行いましょう。

 この塩水を飲むのがきついという方は

 私は、まだ試した事は無いのですが、

 塩水にレモン汁を少量まぜると飲みやすくなるそうです。


目次にもどる



■洗浄方法



  この塩水を使った消化器官の洗浄法はレモネードダイエットをしていない時にも出来る

  手軽な方法です。この方法で気をつけなければいけない事は一つ

  塩水を飲む前に胃の中を空っぽにしておかなければなりません。

  胃に食べ物が残った状態で行うと塩分が、それらと一緒にカラダに吸収されていまいます。
   
  したがって、井の中が空っぽであろう時間の早朝が最適だと思います。

  塩水を飲む予定のある日の前日はなるべく早めの時間に食事をとるようにし

  消化のしやすいものを心がけてください。

  消化時間の目安として

  
  果物             20〜30分  or more

  野菜             30〜1時間 or more

  ご飯やパンなどの炭水化物    2〜3時間 or more

  肉や魚などのタンパク質     2〜3時間 ore more 
  
(ただし脂肪は吸収されにくく12時間以上かかる場合があります。)
  
 それに加えて、炭水化物とタンパク質を一緒に食べると

 胃の中に8〜72時間もとどまってしまうそうなので

 それらを考慮した食事を心がけるようにしてください。


 塩水の準備が整いましたら、あとは一気に飲み干します。
 
 個人差がありますが、これが結構きついです。全然平気だという方もいますが
 
 私はダメですね。毎回飲むたびに森進一の顔になります。

 塩水1リットルは私にとっては、きついので、

 塩水の量をその半分にしたり、さらにはコップ一杯の塩水でも試してみたところ
 
 飲む量にかかわらず、便意をもよおし排泄される事がわかりました。

 ただし、予想通り排泄される量は飲み水の量に比例している為

 たくさん出したい方は、1リットルで行うと良いでしょう。

あとは経験上の知識として
 
 これは我々11人の中で何人かが同じ見解で一致したのですが

 レシピ通りに塩水を作ってもたまに出ない事があり、その時はかなりガッカリするのですが

 その対策として、塩の量を少し多めの量にすると良いというのがわかりました。

 おそらく、レシピ通りの塩水の塩分濃度よりも

 不規則な生活を続ける私の血液の塩分濃度の方が高いのではないかと考えております。

 ドロドロ血か普段の食生活で塩分の取りすぎなのか‥

 どちらにせよ、気をつけなければなりませんね。

 
あと塩水の攻略法として、

 私の仲間で塩水にレモンを入れると普通に飲めるとの事なので、

 次回は試してみようと思っております。




レモネードダイエットと並行して行うこのソルトウォーターバッシングは


毎朝行うのが好ましいのですが、約1時間ほど定期的に便意が訪れる為


平日、お仕事のある方や学校のある日などは気をつけなければなりません。


毎朝がきびしい場合はできる限りで良いと思います。


私の経験上、便意を催してから最初の3〜4回大きいのを排泄してしまえば、


あとはなんとか我慢できそうな感じです。


便のタイプは初期は固形物が多少混じった水のような便が出て


その後はほぼ水で、音だけ聞けばおしっこをしているような気分になります。


お腹も痛くならないですし、お尻も痛くなりません。


レモネードダイエットと並行して塩水洗浄をきちんとやりたい方は


本番前のお休みの日を使って練習をされると、その感覚がわかると思います。


塩水を飲む時は少し辛いですが、出し終わるとかなりスッキリするので


慢性の便秘で苦しんでいる方は是非お試し下さい。




ブログランキングに参加しております。
私のブログがあなたのお役に立てましたら、
こちらをクリックして応援してください!






私のブログを読み、レモネードダイエットに興味があり、ぜひやってみたい方。
不安や質問などがある方は、どうぞお気軽にコメント欄に書き込んでください。
コメント確認次第、順次お答えしていきたいと思います。
あと皆さんの体験談などございましたら、それらも合わせて コメント欄に書いていただけると嬉しいです。
皆さんが体験した経験をみんなでシェアして レモネード仲間を増やしたいと思っております!


 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5237032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
3日間で-3kgを目指す!マスタークレンズダイエット!
記事ランキング
最新コメント
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。