広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
人気ブログランキングへ
<< 2007年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

杉森 ゆき
このサイトを登録 by BlogPeople
リンク集

-天気予報コム-
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚情報

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2007年11月15日
オオヒシクイってこんな鳥 2 越冬地と観察について
「オオヒシクイってこんな鳥 1」からの続きです。 オオヒシクイ 瓢湖にて
オオヒシクイは、福島潟で越冬中、福島潟をねぐらと餌場にして、 日中は周辺の田んぼに食事をしに出かけます。 田んぼでは、稲刈り後に稲株から出た二番穂や落ち籾(もみ)などを食べます。 福島潟内では、イネ科の水生植物マコモや、ヒシの実を食べています。 ヒシクイの名前の由来は、このヒシを食べることから、 ヒシ食い→ヒシクイと名前がついたといわれています。 潟をねぐらにすることと、潟内ではマコモを食べ、 日中田んぼに二番穂や落ち籾を食べに行く行動はハクチョウも一緒ですが、 どうしてオオヒシクイは、ハクチョウほどあちこちで見られないのでしょう? それは、オオヒシクイが非常に警戒心が強いためです。 警戒心が強い = 臆病 なわけではありません。 雁はカモに比べて大型ですし、渡りをするために翼の力が強いので、 タヌキくらいの動物なら、翼の一打ちで脳震盪をおこさせるくらいの力があるそうですし、 タカに襲われた仲間を助けるために、他の仲間が助けに行き、 皆で翼を打ちつけてタカを撃退したという話を聞いたことがあります。 実際、福島潟で観察していると、潟の中でカモを獲ったタカがその場でカモを食べる際に、 他のタカやカラスを警戒するのと同時に、 オオヒシクイの方も大分警戒している様子もしばしば見られます。 また、オジロワシなどのタカ類がカモを狙って潟の上空を飛ぶと、 カモたちは皆飛び立って逃げ惑いますが、 オオヒシクイは警戒はしても、即飛び立つことはありません。 家族愛が強く、夫婦は死ぬまで同じ相手で、 (日本では雁の銃猟は禁止ですが)片方が銃で撃たれると、 片割れは自分の危険も顧みず、必ず戻ってくるといいます。 そんな風に、むしろ頭が良くて強い野性的な鳥です。 福島潟は広さが193haもあって、潟の外縁は葦(ヨシ)原で覆われ、 その葦原が、オオヒシクイのねぐらの潟の中を人間の眼から覆い隠してくれています。 餌場にしている周辺の田も広大で、オオヒシクイの視線を遮るものが少なく、 外敵の接近が容易にわかります。 安全でマコモやヒシなど食物豊富なねぐらと、 安全で広大な餌場がその近くにあること、 そして真冬でもねぐらの水場が全面結氷しないこと、 積雪量が多すぎず、降雪しても食物を探せること、 これらの条件を満たす場所でないと、オオヒシクイは越冬しないのです。 そうした場所は、現在国内では少なく、限られてしまっています。 上の写真は、瓢湖で写したのですが、 通常、オオヒシクイは瓢湖をねぐらにしても、人目につかない奥の方にしか降りません。 田んぼにいる時でも、人間をすごく警戒するため、 あからさまに観察しよう写真を撮ろうと近付くと、 すぐに飛び立って移動してしまうので、 観察するにはひどく気を使わなければいけません。 写真のオオヒシクイは4年ほど前に望遠で撮ったのですが、 なぜかあまり警戒が強くなく、瓢湖の手前の方、 クジャク舎の前の庭園に1羽だけでコハクチョウと一緒にいました。 どこかで保護されてたりしたのかな?
福島潟近郊の田んぼにて オオヒシクイとコハクチョウ こちらも同じく望遠で撮ったのですが、車の中から撮影。 撮影できる距離だと鳥の方が眼がいいので、 撮る側もオオヒシクイに観察されているのです。 オオヒシクイは、車の中の動きも見ているので、 オオヒシクイに警戒されている間は、 車の中でも変な動きをすると、やっぱり飛び立って移動してしまいます。 あまりそういうことが続くと、頭の良いオオヒシクイは その場所に来なくなってしまう恐れがあります。 また、渡りのためには、たくさん食べてエネルギーを蓄えなければいけないので、 それを邪魔する行為、エネルギーを浪費させてしまう行為は、 渡った先の繁殖にも悪影響があるといいます。 繁殖に悪影響があれば絶滅にも繋がるわけで、 厳に慎みたいものです。 大抵オオヒシクイは家族単位で行動しています。 そして何家族も集まって100羽とか500羽とかの大きな群れになります。 食事をしている時、休んでいる時、必ず周りを見張っているのがいます。 写真でも手前の1羽が見張りをしていますね。 オオヒシクイを観察する際は、 群れの半数が警戒して、この見張り役のように首を上げてしまうと みんな飛び立ってしまうので、 そうならないように近付き過ぎず、 オオヒシクイが警戒を少しずつ解いて、群れの大半が首を下げるまで、 望遠鏡やカメラを向けるのを待って、 急な動きを避け、物陰に隠れたりして観察すると良いです。 なかなか面倒でしょう? 初めてだとちょっと難しすぎる相手です。 水の公園福島潟を管理運営している水の駅「ビュー福島潟」では、 オオヒシクイの越冬中、毎週金曜日にオオヒシクイ調査をしています。 広大な周辺の田も車で周って調査するので、午前中半日かかりますが、 希望者を同行させてくれます。 あくまで調査なので、ガイドしてもらうのではなく、 調査のお手伝いという形になりますが、 初心者でも水の駅「ビュー福島潟」のレンジャーが教えてくれるので心配いりません。 また、毎週日曜日にNPO法人ねっとわーく福島潟でも同じように調査をしています。 その他、福島潟でのオオヒシクイ・雁の観察については、 水の駅「ビュー福島潟」TEL:025-387-1491 に問い合わせるといろいろ教えてくれます。 すんごい長文になっちゃった…。も少し続く

Posted by 杉森 ゆき at 02:00 | 野鳥 | この記事のURL
2007年11月11日
息子、入院する
病室にて 息子の目線の風景   急遽息子が入院しました。  火曜日の夜、  すごい勢いで何度も吐き、  顔色真っ白になって、  ぶるぶる震えて、  慌てて救命救急病院に連れてって  即入院に悲しい  髄膜炎の疑いもあるとのことなので、  髄液をとっての検査もしました。    髄液とるのって、  脊椎に注射針注射刺して採るんだけど、  大人でも泣き叫ぶって  聞いたことがあったので、  まだ2ヶ月の小さい息子が  そんな痛い思いをしなきゃならないなんて、  切なくって涙が出ました悲しい  私、自分の痛みには強い方だと思うけれど、息子が痛いのはダメですね。    結果は髄膜炎ではなかったので、一安心。  他にも血液検査、レントゲン検査、尿検査に、点滴…。  ちっこい身体には痛々しい…悲しい 点滴のために手を固定されています  深夜1時過ぎにようやく救命救急病棟の  入院用ベッドへ。  翌日の午後にようやく小児科病棟の個室が開いて  そちらへ移りました。  新生児なので個室を勧められたのですが、  個室代金は、一日約6000円。  懐も痛いけど、息子第一です。  幸い、点滴と抗生剤で、吐き気も治まり、  徐々に元気になっていきました。  検査結果は、特に変な菌も出ず、  悪性の風邪に罹ったようだとのことで、  急性胃腸炎という診断。  昨日の午後、ようやく退院できましたクローバー    息子よ、あんな思いはもうしたくないぞ!  どんなに心配したことか!  息子のせいじゃないけれど、でもでも心配したよぉ!!(泣)  退院したといっても病みあがりだから、身体大事にしようね?  パパママ、気をつけるからね!  早くいつものとおり元気になってね!

Posted by 杉森 ゆき at 01:08 | 家族 | この記事のURL
2007年11月03日
オオヒシクイってこんな鳥 1 雁の仲間のオオヒシクイ
今回は、オオヒシクイのご紹介。 オオヒシクイって何?という方がほとんどだと思いますけど、 雁(ガン・かり)はわかるでしょうか? 森鴎外の「雁」を読んだ事あるでしょうか? 国文学をかじった人、本好きな人、短歌や俳句をする人には、 雁・カリガネって聞いた事があると思います。  聞きつやと 妹が問はせる雁が音(かりがね)は まことも遠く 雲隠るなり (大伴家持・万葉集)  横雲の 風にわかるゝしのゝめに 山とびこゆる 初雁(はつかり)の声 (西行・新古今和歌集)  けふからは日本の雁(かり)ぞ 楽に寝よ (小林一茶) オオヒシクイは、この雁(ガン)の仲間です。 雁は、白鳥と同じように冬に日本に渡ってきて越冬する渡り鳥です。 その日本に飛来する雁の種類もいろいろあって、 現在飛来する雁は、ヒシクイ、マガン、カリガネ、ハクガン、サカツラガン、シジュウカラガン、 コクガン…といった種類です。 いずれも昔はたくさん日本に飛来していたそうですが、 現在は全て絶滅の恐れがあるほど少なくなってしまいました。 ヒシクイ、マガン、コクガンは、国の天然記念物に指定されていますし、 カリガネ、ハクガン、サカツラガン、シジュウカラガンは、 年によって変動がありますが、日本に渡ってくるのは10羽を数えるかどうか…。 いや、10羽も数えれば良い方だったりします。 オオヒシクイは、ヒシクイを更に分類した亜種で、 日本に飛来するヒシクイは、亜種オオヒシクイと亜種ヒシクイになります。 なんかややこしいですけど…。 この2亜種の違いは、繁殖地が違ったり、体型に違いがあって、 オオヒシクイの方が、その名のとおり、大型で嘴(くちばし)が長めなのが特徴です。 瓢湖にて、コハクチョウとオオヒシクイ
コハクチョウと並んだ写真を見てもらうとよくわかると思いますが、 結構大きいでしょ? 日本に飛来する雁の中で、一番大きいのがオオヒシクイです。 ちなみに森鴎外の「雁」に出てくる上野の忍ばず池にいた雁は、 大きさの描写からオオヒシクイだろうと言われてます。 さて、私と旦那は新潟市の福島潟に入り浸っているわけですが、 この福島潟は、オオヒシクイが日本で一番多く飛来する越冬地です。 毎年、9月下旬から飛来しはじめ、 多い年では5000羽以上(日本に飛来するオオヒシクイの半数以上)が飛来し、 翌年2月下旬頃に繁殖地のカムチャツカへと帰って行きます。 この繁殖地がカムチャツカのタイガ地帯であることは、 福島潟より小型発信機と人工衛星を利用しての繁殖地追跡調査で、 平成11年に判明しました。 このカムチャツカで、6月頃オオヒシクイは卵を産み、ヒナを育て、 ヒナが成長して飛べるようになると南下して、 8月下旬頃北海道のサロベツ原野に渡ってきます。 その後、徐々に南下して福島潟へ至ります。 鉤(かぎ)形になって飛ぶオオヒシクイ
続く

Posted by 杉森 ゆき at 23:25 | 野鳥 | この記事のURL
2007年11月03日
ガラガラ
赤ちゃんの成長って目覚しい。 生まれたては、寝て泣いておっぱい飲んで、おしっことうんちうんちしての繰り返しで、 身体も小さくて、壊れ物を扱うように抱っこしたものですが、 みるみる成長して、目もぱっちり開いて周りの世界を観察するようになりました。 顔つきも最初おにぎりおにぎりのようだったけど、大分変わって、全体のむくみが取れて、 ほっぺプニプニ、つぶらな瞳、眉毛もうっすら生えてきて、表情もしっかりした顔立ちになってきました笑顔 起きてる時間も少しずつ長くなってきて、動くもの、音のするものを興味深げに観察します。  写真のクマのガラガラは、  友達から出産祝いプレゼント>にいただいたもの。  中に鈴が入ってて、優しげな音がします。  今まで、息子はタオルとか紐とか細いものは握って  ぶんぶん振り回してたんだけど、  ガラガラは、まだ少し太くて  持つことができてなかったんです。  一昨日、このクマちゃんを  息子の手のところに持っていくと…、  握りましたびっくり握れました〜!!ドキドキ大  いや、よそ様にしてみれば、  そんなに喜ぶものかと思われるでしょうが、  私も旦那も親ばかになりまくりなもんで…(;^ω^A  クマの下のは、『ひよこクラブ本』のおまけ、  たまちゃんのラトル。  こちらは、たまちゃんの顔を押すと笛が鳴ります。  組み合わせたら、ぴったんこ! クマちゃんが立ったので、息子の脇に置いたら…。 ぶんぶん、びしばし…(;^ω^A リンリン、リンリン、リンリンリン…。 ちょっと激しいですが、お気に召したようです(*^_^*)A

Posted by 杉森 ゆき at 21:34 | 家族 | この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。