広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
人気ブログランキングへ
<< 2007年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

杉森 ゆき
このサイトを登録 by BlogPeople
リンク集

-天気予報コム-
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚情報

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2007年05月05日
花梨の花
可憐な梨の花と同じく、我が家の花梨です。

花梨の花

この木は、私と旦那の寝室の窓からすぐ近くのところに植わっていて、
窓の外を見ると、すぐこの花を見ることができます笑顔

手入れを全然してないので、花は数輪(;^ω^A
それでも、いくつかは実がなってくれるかな?

花梨の実って、そのままでは食べられないけど、
香りがとてもいいですよね!

姑は、以前になった実で花梨酒を作って、
「のどの調子が悪い時に」と大事に保存しています。

今年、実ったらどうしようかな?
ジャムなんて作れるかしら?と、ホームページを検索したら、
レシピなど、花梨に関する情報を発信されている「花梨ブログ」を見つけました。
花梨ジャムはもちろん、花梨のお菓子のレシピの記事もあります笑顔

花梨の楽しみ方が広がりそうです笑い





2007年05月05日
我が家のアネモネ
実家で母が育てているのを見て、欲しいなぁ〜と思っていたアネモネ。

昨年の秋に「新津フラワーランド」へ行ったら、アネモネの球根が販売されていて、
植える場所も何も後先考えず、2種類も購入してしまいました。

そうしてぐずぐずしているうちに秋も深まり、ようやくプランターを買ってきて植え付け。
まだまだ球根は残っているけど、
袋の表示に「積雪の多い地域は、融雪後に植えて遅咲きを楽しんでも…。」などと書かれていたので、
「よし、後は遅咲きだ!」と自分に言い訳して、春まで物入れに眠らせちゃいました。(;^ω^A

しかし、春先もなんだかんだあって、残りの植栽は3月になってしまいました。
よくよく調べてみると、「発芽後は5℃以下の気温に1ヶ月以上当てないとつぼみができない」と
書いてある…(T▽T)

そんな私の仕打ちに耐えて、秋遅くに植えた方は、花を咲かせてくれました笑顔

秋も遅くに植えたアネモネの花

肥料もろくにやってないので小振りですが、鮮やかな紫色。
どんどんつぼみをつけてくれています。

母によると、花が咲いたらすぐに花を切った方が、
つぼみをどんどんつけてくれるとのことなので、私も切ってまずは仏様にお供え。
もうちょっと咲いたら、部屋にも飾れるかな?

春に植えた方も秋植えの後を追ってぐんぐん伸びています。
今年は花をつけないかもしれないけれど、来年はきっと楽しませてくれることでしょう。
(私がしっかり育てれば…落ち込み





2007年05月04日
こゆき占い、2本立て
ブログペットのこゆきちゃん、またも珍妙な占いをしてくれました(^_^;)  花言葉は「私を忘れないで」と「真実の温泉満喫」。  …花言葉、「真実の温泉満喫」って、どんな花?(~_~;)  その東蒲原(杉東蒲原かな?)を買うと、どっと鼻水が出るかも?   東蒲原郡を買うの?  買えないと思うぞ?  買えたとして…どっと鼻水が出るって…(~_~;)  東蒲原郡に杉がいっぱい生えている?  東蒲原郡に住んでる人に怒られそうだよ〜ヽ(´Д`ヽ)

2007年05月03日
三川で野鳥観察
4月30日、新潟県東蒲原郡阿賀町にある三川オートキャンプ場へ行ってきました。 ここは、管理釣場が併設されていて、釣りキチの旦那の行きつけの場所です。 一昨年の今頃も、一緒に連れて行ってもらったのですが、 その時は雪代(ゆきしろ=雪がとけて、川に流れ込む水)が川に入ってて、 まだ釣りはできなかった代わりに、 渡り途中に寄ったと思われるオオルリが雄雌あわせて一挙に7羽も見れるなんて、 ラブ夢のような体験をしました。 今回もそれを少し期待して、旦那に行こうよ〜とおねだり。 旦那も釣りができるので、嬉々として応じてくれました笑顔 今回は、だいぶ暖かです。 車車の温度計を見ると、28℃?! 夏のようです。 今回は雪代もなく、管理人さんに聞くと釣れてるとのこと。 山菜もキャンプ場の注意に従って採取すれば、採ってもいいとのことだったので、 旦那は釣りの料金を払い、 私は野鳥観察と山菜採取に精を出すことにして入場料だけお支払い。 前回来た時は、私たち二人以外はダメ元の釣り目的の数人しかいませんでしたが、 今回はテントも張られ、家族連れで賑わっています。 前回は、オオルリのさえずりが高らかに響いていましたが、 今回はオオルリの気配はありません。 自然相手だと、こんなことは当たり前。 その代わり山菜も生えてるし、他にも野鳥はいます。 旦那が釣りをしている間、 のんびりキャンプサイト内を散策して、野鳥の気配を探すと、 樹上から「ギィィ」とコゲラの鳴声がします。 日の光を遮りながら目をこらすと、 いました! 木の幹をスススと登りながら、幹をつついています。 カメラで追っていくと、コゲラの登っていく先に、 マヒワが無言で木の芽を食べていました。 そのうちに別の場所から「ニーニーニー」とヤマガラの声が。 ヤマガラ
オレンジのお腹が鮮やかです。 チョコチョコと飛び動く様子も可愛らしいドキドキ小 旦那は、ニジマスを何匹か釣れて、まだまだ楽しんでいるので、 私はその間に、山菜も物色。 タラノメも生えてますが、 今回は連日食卓に上っているので、 木の芽(この辺りでは、アケビの芽のことを木の芽といいます)を摘みました。 さっと茹でて水にさらして、マヨネーズと醤油で食べると美味しいんですよね笑顔 そうこうしてるうちにオオルリの鳴き声が川向こうから聞こえてきました。 ようやくご対面できるかなと思ったけど、こちらまでは飛んでこず、 木々に隠れて見えませんでした悲しい 仕方ありません。 またどこかで会いましょう! 旦那の釣果は、ニジマス5匹でした。 今回は、皆リリース。 のんびり充実した午後を楽しめました笑顔 コゲラ、ヤマガラ他、今回観察した野鳥を、 「杉の森広場へようこそ」「フォトギャラリー野鳥編 山野の鳥たち」の方にも載せました。 こちらもぜひご覧くださいm(__)m

Posted by 杉森 ゆき at 14:00 | 野鳥 | この記事のURL
2007年05月02日
なんてメルヘン!
何だかわかります?
真ん中にハシボソガラスが顔を覗かせているんです。 これは、ハシボソガラスの巣。 桜の木に作ったんですね。 花が散りかけてから、ここに巣があるのを見つけました。 カラスのお母さんは、私が見上げているのに多分気づいているけど、 じっと座り込んで動きません。 きっともう卵を抱いているのだと思います。 巣を作りはじめた時は、桜は咲いてなかったんだろうけど、 桜が咲いてから卵を産んだのかしら? ハシボソガラスの抱卵日数は、19〜20日で、 ヒナの巣立ちまでにかかる日数は、30〜35日くらいだそうだけど、 卵を産んでから桜が咲いたのかな? 卵を抱くようになって、周りが桜の花だらけになって、 カラスさんは、一体どういう風に感じたでしょう? 人間とカラスの感覚は違うだろうと思うけれど、 いろいろ想像を巡らせてしまいます笑顔 それにしても、なんて綺麗!なんてメルヘン!ドキドキ大 特にカラス類は、子育て中は子どもを守るために、 巣に近寄ったりすると襲ってくることがあります。 私はまだ幸いにして襲われたことはありませんが…。 彼らも必死ですもんね。 無用な刺激はしないようにしましょうね! カラスさん、じぃ〜っと見上げたりして、 変なものカメラ向けたりしてゴメンねm(__)m お勧め図書 鈴木まもるさんの「鳥の巣の本」 

Posted by 杉森 ゆき at 01:45 | 野鳥 | この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。