広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
人気ブログランキングへ
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

杉森 ゆき
このサイトを登録 by BlogPeople
リンク集

-天気予報コム-
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚情報

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2008年03月14日
フキノトウの油炒め
うちの庭にも今年もフキノトウが出てきて、
舅が摘んできてくれました。


作シーズンは、蕗味噌を作って風呂吹き大根に添えて食べたり、
お味噌汁にして食べたのですが、
他にあまり手間をかけないで楽しむ方法はないかしら?と
ネットで検索してみました。

検索すると蕗味噌が一番多いけど、
いくつか違うメニューのレシピもありました。
その中でフキノトウの油炒めを作ることにしました。

レシピはこちらレシピ フキノトウの胡麻油炒め by mayzon

私は暈増しに冷蔵庫に残っていた茹でたブロッコリーを入れて炒め、
味噌味にして、すり胡麻も入れてあえてみました。

春の香り豊かな油炒めができあがり!
ご飯にぴったりのおかずになりました(o^-')b




2007年10月20日
秋の味覚 アケビ
アケビの実

義母が仕事先でアケビの実をもらってきました。
何年ぶりだろうと思ってると、義母と旦那は初めて食べるそう。
スーパーにたまに並んでいるのを目にすることはありますが、
この辺では、ポピュラーではないんですね。

果肉は、たくさんの種を出すのが大変ですが、とろっとしていて優しい甘さです。
…と、旦那が種ごと食べてる…困った
「すっごい苦い!」ですって落ち込み
くれぐれも種は食べないようにしましょうね。

「三川で野鳥観察」で書きましたが、この辺ではアケビの新芽を「木の芽」といい、
さっと茹でて水にさらして、マヨネーズや醤油で食べます。
ほろ苦くておいしいんです。

そして、アケビの実の皮。
これも食べることができます。
私は、本で読んで知っていたのですが、食べたことはなかったので、
今回料理してみることにしました。

舞茸と椎茸を小さく刻んで、赤味噌であえて、果肉を除いたアケビの皮に詰めます。
フライパンで両面を焦げ目がつくまで焼いたらできあがり!
ジャ〜ン!!

香ばしい匂いが漂います。
出来栄えは…、ちょっと味噌が多すぎました。
そして…、皮が苦い!
香りは良いんだけどなぁ。

後で調べてみたら、まだ若い実は苦味が強いんだそう。
米のとぎ汁で茹でて水にさらしてから料理したり、
油を多めに使って、よ〜く焼くと、苦味がやわらぐんだそうです。

それで、もう1回チャレンジ!
アケビの皮をさっと茹でて水にさらし、短冊に切って、
舞茸と椎茸、エノキ茸を刻みます。
フライパンに油を多めに入れ、アケビの皮をよ〜く炒めます。
(「30分以上炒めると良い」と書いてありました。)
刻んだキノコを入れて炒め、味噌と砂糖、味醂で味付けしてできあがり!


水にさらす時間と炒める時間を短縮してしまいましたが、
始めに作ったものより苦味がやわらいで、おいしく食べられました。
もっとアク抜きをちゃんとすると、もっとおいしいんだろうなぁ。
何より香りが香ばしくて良いと思いました笑顔

アケビ料理は、山形名物なんだそうですね。
本場でちゃんと作られたものを食べてみたいですが…。

秋の味覚、ごちそうさまでした料理




2007年04月15日
ヒヨコ豆で晩ご飯!
ヒヨコ豆を植えたいと前に書いてましたが、新潟も桜が咲いたことですし、
そろそろ植えられるかな〜と思い、生豆を水戻しすることにしました。

ついで(?)にヒヨコ豆を食べよう!と300gを水戻し…。

豆の購入先の「健康通販ドットコム」さんが、豆のレシピをつけてくれていたので、
ヒヨコ豆のカレーを作ることにしました笑顔

まだあと200g生豆を残してあるので、とりあえず植えてみる分15個の豆をそのまま水に漬けておいて、
残りをカレーに笑顔

レシピのヒヨコ豆の戻し方を見ながら、重曹と塩を加えて40分ほど煮ます。


ほっくり煮上がったヒヨコ豆

試しにこのまま何もつけずにつまんでみたら、ほくほくでほんのり甘みがあっておいしい!
ついつい、いくつも口に放り込んでしまいました(^_^;)

うちは、旦那と舅と旦那の弟と3人ともよく食べるので、カレーは10皿分作成。
ちなみに具は、ヒヨコ豆、ひき肉、人参、玉ねぎ、じゃがいも。
たっぷりヒヨコ豆のカレー、とてもおいしくできました笑い

ヒヨコ豆は、大豆より脂肪分が少なく、食物繊維がレタスの15倍だそうなので、
最近とみに体型が丸くなった旦那にちょうどいい!!
また作ろうと思います。

お昼は、カレーの残りでカレーピラフ風ご飯にしようと思って、ハタと気がついた。
ヒヨコ豆カレーの写真撮ってない…(T▽T)
というわけで、次のカメラはお昼のヒヨコ豆カレーピラフ風ご飯です…(~_~;)



「頑張りましょう」┐(´ー`)┌ヤレヤレ



2007年04月07日
フキノトウ味噌
先日、実家の父がフキノトウクローバーを採ってきてくれたので、
ここしばらく春の香りを楽しんでいます笑顔

天ぷらは今回パス。
フキノトウと豆腐のお味噌汁と、フキノトウ味噌、フキノトウ味噌で味付けした唐菜と豚肉の炒め物。
今晩は、ふろふき大根をフキノトウ味噌で味わいたいと思います笑顔

フキノトウ味噌は、味のアクセントとして調味料代わりにも使えるんで、
今回はたっぷり作りました笑顔

フキノトウ味噌の作り方は、前にも紹介している「河内さくら おふくろの味」に載っているのを見ながら
作ったのですが、今回は湯がいてあく抜きしたフキノトウを刻んですり鉢でする部分を省略。

あく抜きしたフキノトウを、鍋の中で煉った合わせ味噌の中にそのまま入れて、
ブラウンのハンドブレンダーでつぶし混ぜて滑らかにして、
弱火にかけて好みの固さに煉ればできあがり!

このブラウンのハンドブレンダーは、旦那の同僚の皆さんから結婚祝いでいただいたんですけど、
すっごく重宝してます。

よその社では、「バーミックス」という名で販売されていて、こちらの方がポピュラーでしょうか?
鍋の中で使える小型のフードプロセッサーという感じ。
実際に使ってみて、こんなに便利だとは!ラブ

旦那の同僚の皆さんに、感謝感謝です。m(__)m

あっ、「お祝いの品で、おいしいお菓子を!」という皆さんからのリクエスト、
忘れてるわけじゃないんです〜。
今度、必ずや!!m(__)m



2007年03月28日
サバの味噌煮
昨夜の晩ご飯に、「河内さくら おふくろの味」を参考に“サバの味噌煮”を作りました笑顔 「杉の森広場へようこそ」の新潟市の「The Preston Cafe」の紹介でも、ちょこっと書きましたが、さくら先生のレシピは、お水を使わずにお酒熱燗で煮て、味噌にトマトケチャップを混ぜて煮るんです。 うまくできたっ!と思ったけど、最後の最後で失敗困った トマトケチャップを目分量で入れて…、入れすぎちゃったんですね。 味噌煮ならぬ、ケチャップ煮になっちゃった…落ち込み サバの臭味は全然なかったし、ケチャップ煮と思えばおいしくできたんですが…、次は絶対うまく作るぞ!


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。