広告

posted by fanblog
人気ブログランキングへ
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
プロフィール

杉森 ゆき
このサイトを登録 by BlogPeople
リンク集

-天気予報コム-
無料・カウンター
Today:

Yesterday:


パンチラ無料・出会い無料 出会い系不倫 パートナー結婚情報

広告

posted by fanblog
2008年06月04日
春の庭の訪問者
うちの家庭菜園にて、キジバト

季節を問わず庭によくいて、庭の木に巣も作ったりしています。
この日は、畑をお散歩。
ん?そこは、姑が種を播いたばかりのとこ!
せっかく播いた種、食べちゃダメよ!

柿の木にシメ

シメは、本州では冬鳥なので、渡り前に立ち寄ってくれたみたいです。
よく見ると、イラガの繭を啄ばんでる…。
イラガ…、この辺ではデンキケムシと呼ばれてますが、刺されると痛いんですよね。
ビリビリと電気が走るよう。
うちの庭の木にも、たくさんつく困ったちゃんです。
繭は、白黒模様ですごく硬くて、手で潰そうとしても潰れません。
それをシメが啄ばんでる!
シメの頑丈な嘴なら、きっと繭を壊して中の蛹を食べることができるんでしょう。
調べてみたら、イカルもイラガの繭を啄ばんで中の蛹を食べるんだそう。
うちによく来ているシジュウカラもイラガの幼虫を食べるんだそう。
皆!うちのイラガをた〜んと食べてってね!

ちなみにこの辺では、昔イラガの繭を炙って中の蛹をおやつ代わりに食べたそうです。
虫は、良質の蛋白源だそうですが…、食べてみる気は…無いなぁ。
釣りの餌にもいいそうですが、旦那はいもむしは大嫌いなので、触りたくないんだそう。
刺されると痛いイラガ。
地元のおじいさんのお話によると、刺されたところに、
その刺した本人イラガの毛虫を潰して塗りつけると、治りが早いんだそうです。
これもやってみる気は起こりませんが落ち込み

スズメ

こちらも一年中うちの周りにいます。
姑によると、昔はもっといたそうで、それで周りの虫が少なかったと言っていました。
稲の害鳥と呼ばれることもありますが、
農家でも虫を食べてくれる鳥と認識されてたんだなぁと目からウロコでした。

ハクセキレイ

こちらも一年中うちの周りにいます。
スズメより近くに来ることもあったりして。
どうやらうちの近くで巣を作ってるみたいです。

他にもいろいろ来ていましたが、写真に撮れたものだけご紹介。
皆、また遊びに来てね!

Posted by 杉森 ゆき at 03:19 | 野鳥 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。