2020年08月09日

企業を理解する手がかりで次に重要な情報は、何か?

 企業を理解する手がかりで次に重要な情報は、経営者に関するものです。

 経営者の経営哲学は何か、経営目標の達成状況、言動は言行一致したものか、経営方針に一貫性があるか、という視点で、経営者に関する情報を収集することが重要です。

 では、どうすれば、経営者に関する情報を収集することができるのか?

 具体的には、経営者が書いた著書を読んだり、経営者が語るインタビュー記事を読んだりすることができます。

情熱・熱意・執念の経営 すぐやる!必ずやる!出来るまでやる! [ 永守重信 ]

価格:1,100円
(2020/8/9 20:11時点)
感想(18件)




日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方 [ 田村 賢司 ]

価格:1,650円
(2020/8/9 20:13時点)
感想(7件)




経営者になるためのノート [ 柳井正 ]

価格:1,324円
(2020/8/9 20:15時点)
感想(8件)




一勝九敗 (新潮文庫 新潮文庫) [ 柳井 正 ]

価格:605円
(2020/8/9 20:17時点)
感想(50件)





 さらに、有価証券報告書と、著書や記事を突き合わせると、経営者が行ってきた経営に統一性があるか、判断できます。

2020年07月26日

企業を理解する手がかりで1番重要な情報とは何か?

 企業を理解する手がかりで最も重要な情報は、有価証券報告書です。

 有価証券報告書は、金融庁のEDINET「証券取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」サイトで、上場企業及びそれに準じる企業が、各事業年度終了後3カ月以内に提出することが義務づけられている書類です。それには、企業の沿革や経営責任者、リスクファクター、投資状況、業務概況、経理情報、セグメント別情報等、企業に関する重要情報が開示されています。

 ウォーレン・バフェットは、「企業を知るには、アニュアル・レポートを読めば充分だ」と言っているほどです。

 アニュアル・レポートとは、日本での有価証券報告書に相当するものです。

 過去5年分の有価証券報告書を、古いものから読めば、経営者の主張に一貫性があるか否か、リスク対処や事業投資が年を追うごとに結果を出しているか、経営目標が達成されているか、有益な投資判断を示唆してくれます。

 ただ、どの企業の有価証券報告書から読めばよいか、悩ましいことです。

 次のバナー広告をタップまたはクリックして、ご確認ください!



ファン
LINE証券
検索
【DMM 株】口座開設
最新記事
GMOクリック証券 証券取引口座
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
松井証券
プロフィール
野々村 竜太郎さんの画像
野々村 竜太郎
プロフィール
BS blog Ranking ブログランキング このサイトを登録 by BlogPeople PVランキング リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム