2020年09月29日

9月29日日経平均推移27.48円高23,539.10円小幅続伸

 日経平均は、前日比27.48円高の23,539.10円と、小幅ながら3営業日続伸となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 配当落ちの影響もあって101円安の23,410円で寄り付きました。

 取引開始から20分余りで163円安の23,347.64円まで下落する場面がありました。

 ただ、米追加経済対策の成立期待を背景にした28日の米国株高が支えとなり、配当落ち分を考慮した実質的な下げは小幅に留まりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 持ち直すと77円安の23,433円で前場を終えました。

 61円安でスタートした後場は、さらに下げ幅を縮めました。

 売り一巡後は時間外取引の米株価指数先物高もあって持ち直しの展開となり、後場入り後は上げに転じました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 13時過ぎにプラスに転じ上げ幅を三桁に広げました。

 日銀のETF買い・配当再投資の買い観測が支えとなり、一時14時過ぎに111円高の23,622.74円まで上昇しました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 その後は伸び悩みの展開となり、その後上げ幅を縮めると、14時40分過ぎに下落に転じました。

 しかし、23,500円をわずかに割り込んだところで下げ渋ると直ぐにプラスとなり、結局27円高の23,539円で取引を終えました。

 しかし、本日は配当落ちが140円余りあるためその影響を考慮すると実質的には170円程度の上昇だったとみることができます。

 配当落ちを一日で埋め切り節目の23,500円を維持したことから今後の展開に期待ができるかもしれません。

 配当狙いの買いや配当の再投資による先物への買いがなくなるなかで、明日以降も23,500円を維持できるか?

 日銀ETF買いと配当再投資買いのダブル効果とみられ、一時的な需給要因とも考えます。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 相場は堅調ですが、買いが継続するかは不透明であり、ここから上となるとちょっと疑心暗鬼になることもあるかもしれません。

 東証1部の出来高は11億4,065万株、売買代金は2兆3,585億円。

 騰落銘柄数は値上がり949銘柄、値下がり1,144銘柄、変わらず70銘柄。

2020年09月28日

9月28日日経平均推移307円高の23,511.62円と大幅続伸

 日経平均は、前週末比307円高の23,511.62円と大幅続伸となりました。

arrows-2167840_1920.jpg

 前週末の米国市場は3指数とも上昇しました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 ムニューシン財務長官とペロシ下院議長が追加経済救済策を巡る交渉の再開で合意したと伝わり、市場心理が好転しました。

 187円高の23,391円と前場の高値で寄り付くと、買いが先行となりました。

 米商務省がSMIC(中芯国際集成電路製造)への特定製品輸出に同省の許可を得るように求めていると報じられ、米中摩擦への懸念が重しとなり、いったん伸び悩む場面もありました。

 10時に98円高の23,303円まで上げ幅を縮めました。

 その後は持ち直し、167円高の23,371円で前場を終えました。163円高でスタートした後場は、13時40分過ぎに125円高の23,330円まで上げ幅を縮めました。

 しかし、14時10分頃から上げ幅を広げ引けにかけて一段高になると、株価指数先物買いに一段高となり、大引け間際に23,516.04円まで上昇しました。

 時間外取引の米株価指数先物が高く、上海、香港などが強含みで推移し、9月権利付き最終売買日で配当再投資への期待感があったうえ、配当再投資の先物買い観測も支えとなりました。

istockphoto-644977558-170667a.jpg

 結局307円高の23,511円と節目の23,500円を回復しほぼ高値引けで取引を終えました。

 配当再投資に絡む先物買いが入ったとみられます。

 明日の寄り付き段階でも同様の買い入ることが想定されます。

 それでほぼ終了し、需給面でのフォローが消えます。

 明日は配当落ち分を埋められるかが注目されます。

 基本は変わらずに米国株頼みの展開になると思います。

 東証1部の出来高は14億6,267万株、売買代金は2兆7,082億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,892銘柄、値下がり251銘柄、変わらず34銘柄。

2020年09月25日

9月25日日経平均推移116.80円高23,204.62円反発

 日経平均は、前日比116.80円高の23,204.62円と3日ぶりの反発となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 前日の米国市場は、ハイテク株が持ち直し、指数を支え、3指数とも小幅高を受け、買いが先行となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 129円高の23,217円で寄り付くとまもなくして82円高の23,169円までやや弱含みました。

 持ち直すと10時15分過ぎから一段高となり、時間外取引での米株価指数先物高も支えとなりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 上げ幅を広げ、前場中盤10時30分前には184円高の23,272.67円まで上昇する場面がありました。

 やや上げ幅を縮め133円高で前場を終えました。

 142円高の23,230円で後場をスタートさせました。

 後場寄り直後に151円高の23,239円まで上昇しました。

 一巡後は伸び悩む形から、後場の早い段階13時前には66円高の23,154.66円まで押し戻されました。

 その後は9月末配当・優待権利取りの買いもあって持ち直しの動きとなりました。

 結局116円高の23,204円で取引を終えました。

 配当狙いの動きが続き、配当再投資をにらんだ先回りの買いが入ったかもしれません。

 一日を通してプラス圏での推移となりました。

 そうしたなかで、25日移動平均線(23,220円)を挟んで上下する展開となりました。

 25日移動平均線を下回ってスタートすると上げ幅を広げ、25日移動平均線を上回りました。

 後場に入って再び25日移動平均線を割り込みました。

 その後25日移動平均線近くまで戻しましたものの結局はわずかに下回って取引を終えました。

 日本株は相対的に強いと思いますが、米国株が調整色を強めれば、日本株にも影響を及ぼすかもしれません。

 東証1部の出来高は12億7,479万株、売買代金は2兆3,708億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,622銘柄、値下がり471銘柄、変わらず83銘柄。

2020年09月24日

9月24日日経平均推移258.67円安23,087.82円続落

 日経平均は、前日比258.67円安の23,087.82円と大幅続落して取引終了となりました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 手がかり材料に乏しい中、9月総合PMIが54.4と8月の54.6より低下したうえ、米国市場で主力ハイテク株を中心に幅広い銘柄に売りが出ました。

industry-2630319_1920.jpg

 ダウ平均が525ドル安となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 ナスダック総合株価指数も3%安となったことから大幅安となりました。

istockphoto-488963091-170667a.jpg

 売り優勢でスタートしました。

 131円安の23,215円で寄り付きました。

 取引開始から15分弱で249円安の23,096円まで下落しました。

 朝方の売りが一巡すると9月配当権利取りを狙った買いや、日銀によるETF買い期待が支えとなり、下げ幅を縮小する場面もみられました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 10時40分前には111円安の23,234円まで持ち直し132円安で前場を終えました。

 167円安の23,179円で後場はスタートしました。

 ただ、時間外取引で米株価指数先物が再び下げ幅を拡大する動きとなったことに反応しました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 午後2時1分には、同307.01円安の23,039.48円まで下げ幅を広げ本日の安値を付けました。

 その後も、様子見ムードが広がり、その後やや戻したものの、安値圏で結局258円安の23,087円で取引を終えてました。

 その結果8月11日以降引けで割り込むことがなかった25日移動平均線(23,216円)を本日は引けで下回りました。

 昨日は25日移動平均線を一時下回ったものの下げ渋ると引けで上回って取引を終えました。

 米国市場が下げ止まらないとさすがに25日移動平均線を維持し続けるのは難しいと思います。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 こうしたなか今晩の米国市場の動向が注目されますが、主力ハイテク株への売りが続いた場合には日経平均が節目の23,000円を維持できるか?

industry-2630319_1920.jpg

 買い手掛かりに乏しいことから、積極的に買いを入れづらい状況の中、下げ局面では手控えムードが広がりやすく、当面は個別株物色で繋ぐ格好となりそうです。

 東証1部の出来高は12億4,782万株、売買代金は2兆2,909億円。

 騰落銘柄数は値上がり419銘柄、値下がり1,685銘柄、変わらず72銘柄。

2020年09月23日

9月23日日経平均推移13.81円安23,346.49円小反落

 日経平均は、前週末比13.81円安の23,346.49円と小反落となりました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 連休中の欧米株安が重しとなり、売りが先行となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 114円安の23,245円で寄り付きました。

 22日の欧州株式は総じて、高く米国株式も反発したものの、21日に新型コロナウイルスの感染再拡大を背景に欧州株式が大幅安となり、米国株式も急落していた影響から、株価指数先物売りを交え、10時30分前に205円安の一時23,154.45円まで下落しました。

coronavirus-4810201_1280.jpg

 下げ幅を縮めると139円安の23,220円で前場を終えました。

 104円安でスタートした後場は、14時前に111円安の23,248円までやや下げ幅を広げました。

 売り一巡後は持ち直しの展開となったのも、日銀のETF買い観測を支えに後場終盤には上げる展開となりました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 時間外取引で米ダウ先物が上昇し、買い戻しにつながった面もあります。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 持ち直すと14時40分前にプラスに転じ大引け間際に9円高の23,370円まで買われ本日の高値を付けました。

 ただ、その後は一服し、大引けにかけて小安くなりました。

 売りが優勢になると結局13円安の23,346円と小幅に下げて取引を終えました。

 日本市場が休場中にダウ平均がトータルで613ドル安となった割に、日経平均は僅かな下落に止まりました。

 下げ渋ったことで日経平均は8月11日以降に引けで割り込むことがなかった25日移動平均線(23,215円)を本日も上回って取引を終えました。

 引き続き下落局面では25日移動平均線を維持できるか?

 反対に上昇となった場合には、節目の23,500円を超えられるか?

 東証1部の出来高は15億1,983万株、売買代金は2兆7,632億円。

 騰落銘柄数は値上がり732銘柄、値下がり1,367銘柄、変わらず77銘柄。

2020年09月18日

9月18日日経平均推移40.93円高23,360.30円小反発

 日経平均は、前日比40.93円高の23,360.30円と小反発となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 17日の米国株式市場では、NYダウが前日比130ドル安と5日ぶりに反落しました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 ハイテク株などに売りが流入した。

industry-2630319_1920.jpg

 1円高の23,321円とほぼ横ばいで寄り付きました。

 円高・ドル安が重しとなり、一時小甘くなりました。

stock-1863880_1920.jpg

 世論調査で高支持率だった菅内閣への期待感もあって、取引開始から10分余りで79円高の23,398.46円まで値を上げる展開となりました。

 その後、再びマイナス圏入りする場面もありましたが、売り一巡後は持ち直しました。

 引けにかけFTSEのリバランス売買が入った。

 ただ、戻りは限定され、大引けにかけて小高い水準で推移する結果となりました。

 結局40円高の23,360円で取引を終えました。

 4連休を前に積極的な売買は手控えられた一日となりました。

mountain-tundra-2761666_1280.jpg

 様子見ムードが強く、狭いレンジでの取引が続いた。

 1日を通じた日経平均の値幅は100円前後だった。

 今晩は米国株式市場ではSQ算出を迎えます。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 国内では、新政権への期待などを支えに下を売る理由はないが、買い上がる材料も乏しい展開が続きそうです。

 東証1部の出来高は14億9,974万株、売買代金は2兆7,151億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,600銘柄、値下がり488銘柄、変わらず88銘柄。

2020年09月17日

9月17日日経平均推移156円安23,319.37円下落

 日経平均は、156円安の23,319.37円と下落しました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 前日の米国市場は高安まちまちでした。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 FOMCの結果は市場想定通りでした。

istockphoto-1059676092-170667a.jpg

 58円安の23,416円で寄り付きました。

 一時104円台後半まで進んだ円高が重石となり下落して始まりました。

 米株価指数先物が大幅安となったことで下げ幅を広げました、

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 特段の買い材料は、ありません。

 9時20分過ぎに150円安程度まで下落した後一旦10時30分頃に50円安程度まで戻しました。

 しかし、再び下げ幅を広げると174円安の23,301円で前場を終えました。

 178円安でスタートした後場は、寄り付き直後に203円安の23,272円まで下落し本日の安値を付けました。

 その後持ち直し23,300円台前半で推移すると、結局156円安の23,319円で取引を終えました。

 明日以降も下落が続いた場合には25日移動平均線(23,202円)を維持できるか?

 反対に反発となった場合には、昨日に上値を押さえられた節目の23,500円を超えられるか?

 本日は日銀の金融政策決定会合の結果が昼前に発表されました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 予想通り金融政策に変更がなかったことから市場の反応は限定的でした。

2020年09月16日

9月16日日経平均推移20.64円高23,475.53円小反発

 日経平均は、前日比20.64円高の23,475.53円と小反発となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 29円安の23,425円で寄り付きました。

 15日の米国株式は続伸したものの、為替市場で1ドル=105.30円付近と円高・ドル安が重しとなりました。

stock-1863880_1920.jpg

 取引開始から16分後に57円安の一時23,397.43円まで軟化しました。

 ただ、下値は限定的で一巡後持ち直すとしばらく昨日の終値を挟んで小幅に揉み合う展開となりました。

 10時30分頃から買いが優勢になりました。

 32円高で前場を終えました。46円高でスタートした後場は、3円高の23,458円まで上げ幅を縮める場面もありました。

 その後は買い気が鈍く、マイナスになることなく踏み止まると引けにかけてやや戻しました。

 引けにかけて小高い水準でこう着状態でした。

 結局20円高の23,475円で取引を終えました。

 節目の23,500円をわずかに上回ったところで上値が押さえられました。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に23,500円を超えて買い上がるのはさすがに難しいと思います。

 東証1部の出来高は11億6,886万株、売買代金は2兆1,398億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,357銘柄、値下がり732銘柄、変わらず85銘柄。

2020年09月15日

9月15日日経平均推移104.41円安23,454.89円反落

 日経平均は、前日比104.41円安の23,454.89円と、4営業日ぶりに反落となりました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 昨日の米国市場は大幅高となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 昨日に節目の23,500円を回復したことや、日経平均が3連騰520円以上上昇して約7カ月ぶりの高値水準に進んだことで利益確定の売りが出て下落しました。

 120円安の23,438円で寄り付きました。

 下げ幅を広げ、10時前に一時前日比207.95円安の23,351円まで下落する場面がありました。

 一巡後は、日本時間午前11時に発表された中国8月経済指標の改善を受け、前引けにかけ下げ渋りの展開となりました。

 132円安の23,427円で前場を終えました。

 前引けとほぼ変わらずでスタートした後場は、寄り後まもなくして150円安の23,409円まで下げ幅を広げました。

 やや上値が重くなる場面もありましたが、日銀のETF買い観測や、時間外取引での米株価指数先物高などが支えとなりました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 一時14時過ぎに81円安の23,477.86円まで値を戻し、その後は戻り一服となりました。

 その後再び下げ幅を三桁に広げると結局104円安の23,454円で取引を終えました。

 米株先物がしっかりで、日銀のETF買いが入ったとみられ、下げ幅を縮めました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 基本的に下値は堅いが上値も重い状況だと思います。

 目先は、日銀金融政策決定会合(16-17日)、FOMC(米連邦公開市場委員会、現地15-16日)を控え、様子見ムードが強まりそうです。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 三桁の下落となったものの5日移動平均線(23,337円)を割り込むことなく、下げ幅を縮める展開となったことから底堅かったと思います。

 東証1部の出来高は11億7,172万株、売買代金は2兆1,351億円。

 騰落銘柄数は値上がり828銘柄、値下がり1,248銘柄、変わらず98銘柄。

2020年09月14日

9月14日日経平均推移152.81円高23,559.30円続伸

 日経平均は、前週末比152.81円高の23,559.30円と3営業日続伸しました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 2月17日以来ほぼ7カ月ぶりに23,500円台を回復する結果となりました。

 終値では2月14日以来の高値となりました。

 11日の米国株式は高安まちまちな流れから、日本時間14日の時間外取引で米ダウ先物、ナスダック100指数先物ともに上昇となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 英製薬大手アストラゼネカが現地12日、中断していた英国での新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を再開したと発表し、上海株や香港株の上げも支えとなりました。

vaccine-4892048_1920.jpg

 24円高の23,431円で寄り付きました。

 上げ幅を広げ、まもなくして節目の23,500円を上回りました。

 前場終盤11時20分過ぎに175円高の23,582.21円まで上げ幅を拡大する流れとなりました。

 前場を173円高で終えました。

 165円高でスタートした後場は、14時30分過ぎに123円高の23,529円まで上げ幅を縮める場面もありました。

 大引けにかけては23,500円台の高値圏で推移しました。

 結局152円高の23,559円で取引を終えました。

 個別では、傘下の英半導体設計アームの全株式売却を発表したSBGが急騰し、指数に大きく寄与しました。

 菅官房長官の総理総裁は織り込んだが、その後の政策への期待があります。

 日経平均はSBG主導で上昇しているが、24,000円が意識されつつある中、ただ上値を試すには材料的な後押しが欲しいところです。

 米国市場では前週末も売りが続いた主力ハイテク株の動向を注目しています。

industry-2630319_1920.jpg

 売りが止まらない場合でも、日経平均が引き続き堅調さを維持できるか?

 東証1部の出来高は11億7,631万株、売買代金は2兆1,982億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,619銘柄、値下がり471銘柄、変わらず83銘柄。
ファン
LINE証券
検索
【DMM 株】口座開設
最新記事
GMOクリック証券 証券取引口座
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
松井証券
プロフィール
野々村 竜太郎さんの画像
野々村 竜太郎
プロフィール
BS blog Ranking ブログランキング このサイトを登録 by BlogPeople PVランキング リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム