2020年09月23日

9月23日日経平均推移13.81円安23,346.49円小反落

 日経平均は、前週末比13.81円安の23,346.49円と小反落となりました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 連休中の欧米株安が重しとなり、売りが先行となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 114円安の23,245円で寄り付きました。

 22日の欧州株式は総じて、高く米国株式も反発したものの、21日に新型コロナウイルスの感染再拡大を背景に欧州株式が大幅安となり、米国株式も急落していた影響から、株価指数先物売りを交え、10時30分前に205円安の一時23,154.45円まで下落しました。

coronavirus-4810201_1280.jpg

 下げ幅を縮めると139円安の23,220円で前場を終えました。

 104円安でスタートした後場は、14時前に111円安の23,248円までやや下げ幅を広げました。

 売り一巡後は持ち直しの展開となったのも、日銀のETF買い観測を支えに後場終盤には上げる展開となりました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 時間外取引で米ダウ先物が上昇し、買い戻しにつながった面もあります。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 持ち直すと14時40分前にプラスに転じ大引け間際に9円高の23,370円まで買われ本日の高値を付けました。

 ただ、その後は一服し、大引けにかけて小安くなりました。

 売りが優勢になると結局13円安の23,346円と小幅に下げて取引を終えました。

 日本市場が休場中にダウ平均がトータルで613ドル安となった割に、日経平均は僅かな下落に止まりました。

 下げ渋ったことで日経平均は8月11日以降に引けで割り込むことがなかった25日移動平均線(23,215円)を本日も上回って取引を終えました。

 引き続き下落局面では25日移動平均線を維持できるか?

 反対に上昇となった場合には、節目の23,500円を超えられるか?

 東証1部の出来高は15億1,983万株、売買代金は2兆7,632億円。

 騰落銘柄数は値上がり732銘柄、値下がり1,367銘柄、変わらず77銘柄。

2020年09月20日

DMM株の無料口座開設で、投資家デビュー!

 DMM株は、現物取引も信用取引も、業界最低水準の手数料でお取引いただけます。

【DMM株の特長】

▼手数料が業界最安値水準!
  現物最低50円(税抜)〜、信用最低0円(税抜)〜!

▼口座開設費が0円
 その他口座管理・維持費、入金手数料※、出金手数料も0円
※クイック入金をご利用いただいた場合

▼充実の取引ツール・アプリ
 初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

 次のバナー広告をタップまたはクリックして、ご確認ください!
【DMM 株】口座開設

LINEアプリで、かんたんに数百円で有名企業の株が買えちゃう!

 「株式投資はしてみたいけど資金が少ない、大損しないか不安…。」

 「始めるにあたって手続きとか面倒そう…。」

 「株式投資って難しそう…。」

 このように投資には興味があるが、不安・面倒そう・難しそう…

といったマイナスのイメージが、あなたにも、あるかも?

 「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をテーマに開発されたサービスが「LINE証券」です!

 LINE証券は業界最大手である野村証券の親会社「野村ホールディングス」と

LINEの子会社である「LINE Financial 株式会社」が共同設立した証券会社です。

 「LINE」の使いやすさと、野村証券の金融に関する専門性を掛け合わせたサービスが提供されているってこと!

LINE証券の魅力

・1株単位で数百円から株が買える

・LINEポイントを使って投資ができる

・業界最低水準の取引コスト(※)

・平日21時まで取引できる

・申込から最短翌営業日で口座開設できる

最後に、
LINE証券の特色はなんといっても、

「始めやすい」・「かんたん」の2点です!

 デザインはシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっています。

 また、LINE証券ならではのお得なキャンペーンも定期的に開催しています。

 このほかにも魅力がたくさん!

 次のバナー広告をタップまたはクリックして、ご確認ください!

LINE証券口座開設

※日本国内のスプレッドを加減算する方式の単元未満株取引サービスにおいて。
日中(09:00―14:50)の1往復分(買付時と売却時)のスプレッドを比較。
夜間(17:00―21:00)における日本株の単元未満株の取引はLINE証券のみ提供。
(2019年11月20日LINE証券調べ)

2020年09月19日

今週の東証1部株価下落率ランキングベスト3(1位-21.61%)

1位 (株)ディア・ライフ(3245)

終値457

株価下落率-21.61%

値幅(週)-126

出来高(週)2,800,300

 今期業績の大幅下方修正と配当減額・株主優待休止を嫌気

(株)ディア・ライフ【3245】の株価チャート



2位 (株)エイチーム(3662)

終値870

株価下落率-14.03%

値幅(週)-142

出来高(週)2,256,500

 エンタメ事業の先行費用継続で21年7月期は大幅営業減益見込む

(株)エイチーム【3662】の株価チャート



3位 Hamee(株)(3134)

終値2,279

株価下落率-13.08%

値幅(週)-343

出来高(週)5,548,200

 Hameeの第1四半期営業利益は8%増

Hamee(株)【3134】の株価チャート

今週の東証1部株価上昇率ランキングベスト3(1位27.00%)

1位 アレンザホールディングス(株)(3546)

終値1,811

株価上昇率27.00%

値幅(週)385

出来高(週)1,834,600

 21年2月期業績予想及び配当予想を上方修正

アレンザホールディングス(株)【3546】の株価チャート



2位 (株)ピアラ(7044)

終値2,326

株価上昇率26.21%

値幅(週)483

出来高(週)1,310,800

 目立った材料観測されないが調整一巡感強まり再度上値追いへ。

(株)ピアラ【7044】の株価チャート



3位 (株)エムティーアイ(9438)

終値884

株価上昇率23.64%

値幅(週)169

出来高(週)2,037,600

 7月高値更新で上値妙味も。

(株)エムティーアイ【9438】の株価チャート

2020年09月18日

9月18日日経平均推移40.93円高23,360.30円小反発

 日経平均は、前日比40.93円高の23,360.30円と小反発となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 17日の米国株式市場では、NYダウが前日比130ドル安と5日ぶりに反落しました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 ハイテク株などに売りが流入した。

industry-2630319_1920.jpg

 1円高の23,321円とほぼ横ばいで寄り付きました。

 円高・ドル安が重しとなり、一時小甘くなりました。

stock-1863880_1920.jpg

 世論調査で高支持率だった菅内閣への期待感もあって、取引開始から10分余りで79円高の23,398.46円まで値を上げる展開となりました。

 その後、再びマイナス圏入りする場面もありましたが、売り一巡後は持ち直しました。

 引けにかけFTSEのリバランス売買が入った。

 ただ、戻りは限定され、大引けにかけて小高い水準で推移する結果となりました。

 結局40円高の23,360円で取引を終えました。

 4連休を前に積極的な売買は手控えられた一日となりました。

mountain-tundra-2761666_1280.jpg

 様子見ムードが強く、狭いレンジでの取引が続いた。

 1日を通じた日経平均の値幅は100円前後だった。

 今晩は米国株式市場ではSQ算出を迎えます。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 国内では、新政権への期待などを支えに下を売る理由はないが、買い上がる材料も乏しい展開が続きそうです。

 東証1部の出来高は14億9,974万株、売買代金は2兆7,151億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,600銘柄、値下がり488銘柄、変わらず88銘柄。

2020年09月17日

9月17日日経平均推移156円安23,319.37円下落

 日経平均は、156円安の23,319.37円と下落しました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 前日の米国市場は高安まちまちでした。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 FOMCの結果は市場想定通りでした。

istockphoto-1059676092-170667a.jpg

 58円安の23,416円で寄り付きました。

 一時104円台後半まで進んだ円高が重石となり下落して始まりました。

 米株価指数先物が大幅安となったことで下げ幅を広げました、

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 特段の買い材料は、ありません。

 9時20分過ぎに150円安程度まで下落した後一旦10時30分頃に50円安程度まで戻しました。

 しかし、再び下げ幅を広げると174円安の23,301円で前場を終えました。

 178円安でスタートした後場は、寄り付き直後に203円安の23,272円まで下落し本日の安値を付けました。

 その後持ち直し23,300円台前半で推移すると、結局156円安の23,319円で取引を終えました。

 明日以降も下落が続いた場合には25日移動平均線(23,202円)を維持できるか?

 反対に反発となった場合には、昨日に上値を押さえられた節目の23,500円を超えられるか?

 本日は日銀の金融政策決定会合の結果が昼前に発表されました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 予想通り金融政策に変更がなかったことから市場の反応は限定的でした。

2020年09月16日

9月16日日経平均推移20.64円高23,475.53円小反発

 日経平均は、前日比20.64円高の23,475.53円と小反発となりました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 29円安の23,425円で寄り付きました。

 15日の米国株式は続伸したものの、為替市場で1ドル=105.30円付近と円高・ドル安が重しとなりました。

stock-1863880_1920.jpg

 取引開始から16分後に57円安の一時23,397.43円まで軟化しました。

 ただ、下値は限定的で一巡後持ち直すとしばらく昨日の終値を挟んで小幅に揉み合う展開となりました。

 10時30分頃から買いが優勢になりました。

 32円高で前場を終えました。46円高でスタートした後場は、3円高の23,458円まで上げ幅を縮める場面もありました。

 その後は買い気が鈍く、マイナスになることなく踏み止まると引けにかけてやや戻しました。

 引けにかけて小高い水準でこう着状態でした。

 結局20円高の23,475円で取引を終えました。

 節目の23,500円をわずかに上回ったところで上値が押さえられました。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に23,500円を超えて買い上がるのはさすがに難しいと思います。

 東証1部の出来高は11億6,886万株、売買代金は2兆1,398億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,357銘柄、値下がり732銘柄、変わらず85銘柄。

2020年09月15日

9月15日日経平均推移104.41円安23,454.89円反落

 日経平均は、前日比104.41円安の23,454.89円と、4営業日ぶりに反落となりました。

istockphoto-680412758-170667a.jpg

 昨日の米国市場は大幅高となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 昨日に節目の23,500円を回復したことや、日経平均が3連騰520円以上上昇して約7カ月ぶりの高値水準に進んだことで利益確定の売りが出て下落しました。

 120円安の23,438円で寄り付きました。

 下げ幅を広げ、10時前に一時前日比207.95円安の23,351円まで下落する場面がありました。

 一巡後は、日本時間午前11時に発表された中国8月経済指標の改善を受け、前引けにかけ下げ渋りの展開となりました。

 132円安の23,427円で前場を終えました。

 前引けとほぼ変わらずでスタートした後場は、寄り後まもなくして150円安の23,409円まで下げ幅を広げました。

 やや上値が重くなる場面もありましたが、日銀のETF買い観測や、時間外取引での米株価指数先物高などが支えとなりました。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 一時14時過ぎに81円安の23,477.86円まで値を戻し、その後は戻り一服となりました。

 その後再び下げ幅を三桁に広げると結局104円安の23,454円で取引を終えました。

 米株先物がしっかりで、日銀のETF買いが入ったとみられ、下げ幅を縮めました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 基本的に下値は堅いが上値も重い状況だと思います。

 目先は、日銀金融政策決定会合(16-17日)、FOMC(米連邦公開市場委員会、現地15-16日)を控え、様子見ムードが強まりそうです。

istockphoto-665452094-170667a.jpg

 三桁の下落となったものの5日移動平均線(23,337円)を割り込むことなく、下げ幅を縮める展開となったことから底堅かったと思います。

 東証1部の出来高は11億7,172万株、売買代金は2兆1,351億円。

 騰落銘柄数は値上がり828銘柄、値下がり1,248銘柄、変わらず98銘柄。

2020年09月14日

9月14日日経平均推移152.81円高23,559.30円続伸

 日経平均は、前週末比152.81円高の23,559.30円と3営業日続伸しました。

entrepreneur-2904772_1920.jpg

 2月17日以来ほぼ7カ月ぶりに23,500円台を回復する結果となりました。

 終値では2月14日以来の高値となりました。

 11日の米国株式は高安まちまちな流れから、日本時間14日の時間外取引で米ダウ先物、ナスダック100指数先物ともに上昇となりました。

new-york-stock-exchange-1708834_1280.jpg

 英製薬大手アストラゼネカが現地12日、中断していた英国での新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を再開したと発表し、上海株や香港株の上げも支えとなりました。

vaccine-4892048_1920.jpg

 24円高の23,431円で寄り付きました。

 上げ幅を広げ、まもなくして節目の23,500円を上回りました。

 前場終盤11時20分過ぎに175円高の23,582.21円まで上げ幅を拡大する流れとなりました。

 前場を173円高で終えました。

 165円高でスタートした後場は、14時30分過ぎに123円高の23,529円まで上げ幅を縮める場面もありました。

 大引けにかけては23,500円台の高値圏で推移しました。

 結局152円高の23,559円で取引を終えました。

 個別では、傘下の英半導体設計アームの全株式売却を発表したSBGが急騰し、指数に大きく寄与しました。

 菅官房長官の総理総裁は織り込んだが、その後の政策への期待があります。

 日経平均はSBG主導で上昇しているが、24,000円が意識されつつある中、ただ上値を試すには材料的な後押しが欲しいところです。

 米国市場では前週末も売りが続いた主力ハイテク株の動向を注目しています。

industry-2630319_1920.jpg

 売りが止まらない場合でも、日経平均が引き続き堅調さを維持できるか?

 東証1部の出来高は11億7,631万株、売買代金は2兆1,982億円。

 騰落銘柄数は値上がり1,619銘柄、値下がり471銘柄、変わらず83銘柄。
ファン
LINE証券
検索
【DMM 株】口座開設
最新記事
GMOクリック証券 証券取引口座
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
松井証券
プロフィール
野々村 竜太郎さんの画像
野々村 竜太郎
プロフィール
BS blog Ranking ブログランキング このサイトを登録 by BlogPeople PVランキング リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム