広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

【7.5坪の家】断面構成 3


Bバルコニーは3階

 これは相当悩みました。
 3階は将来は子供部屋の予定だけど、
 バルコニーは日当たり的にもスペース的にもここしかない。

 洗濯機置場は1階(!)なので毎日の洗濯は苦労がつきないけれど苦渋の選択。

 前向きにとらえるなら、
 洗濯干したり布団干したりで子供部屋を必ず通るということ。

 天気がイマイチの日は、洗濯物は風通し良く作ったお風呂に干す、
 どうしても大変なら乾燥機能の充実した洗濯機に替える、
 ということにしました。


@〜Bは最初の段階からかなりいろんな検討をして、
最終的にすごくこだわって、納得して決めた。

子育てがどうなっていくのかは全くわからないので、
コミュニケーションを取らざるを得ないこの家に
補助してもらおうというわけです。

【7.5坪の家】断面構成 2


A生活の中心は2階

 LDKは2階、というよりも2階はLDKだけです。

 日当たり的には3階に持ってくると最高なのだけれど、
 多分生活の中心を1階や3階にすると、
 重心が偏るというか、不便な移動を感じることが多いと想定。 


 また、各階が少し大きめの踊り場みたいな家なので必ずLDKも通る。

 将来子供が反抗期になっても、

 僕が夜遅くまで飲んでバツ悪く帰っても、

 もちろん家族の顔が何となく見たいとき

 必ず通る部屋になる、というところが気に入っています。


 2階の天井は高くして(と言っても2,450o程ですが)広々と。
 1階の階高は最低限にして、1階から2階の階段を1段でも少なく。

【7.5坪の家】断面構成 1


今回は断面。断面構成のポイントは3つある。
文章書くのが遅いので今日は1個目だけ。


@吹抜けはつくらない

 気持ちのいい吹抜けへの憧れってあるけれど、
 この狭さになると床を効率良くつくる必要性の方が強く感じる。

 あと、実際暑さ寒さの対策も難しいと思う。
 狭小住宅で3層吹き抜けとかよく見かけますが、皆さんどうしているんだろう。
 せっかく狭いんだから、効率良く快適な熱環境を作りたい。

 そのかわりというか、それでというか、
 2階〜3階の階段はストリップで2階LDKからもガラス張り。
 冬でも2階からガラスの扉を開けて

  「ごはんだよ〜」

 と言えばどこにいても聞こえる、ような家。

【7.5坪の家】内観パース 3階


3枚目は3階と4階。自分なりのポイントは


  ・3階は洋室+トイレ+バルコニーのみ。

  ・目下、親子で川の字で寝る。

  ・将来は真ん中に2段ベッドを置いて、兄弟の場所を緩やかに間仕切ろうと思ってる。

  ・4階はせまい我が家の貴重な収納。


といったところ。

【7.5坪の家】内観パース 2階


2枚目は2階LDK。2階の自分なりのポイントは


  ・LDKのみ、生活の中心。

   普段使い4人、来客時6人対応の伸縮テーブルをこだわって物色中。


  ・キッチン流し台は対面式。吊戸も付けず広々と。

   ここの照明はこだわりたい。こちらは当てあり。


  ・ストリップの階段とガラスの仕切りで視覚的に抜けた部屋にしている。

   もちろんこの狭さにしてはという意味だけれど。


  ・テレビ台としての棚を子供の勉強机としても利用予定。

   経験上、自分の部屋なんかで子供は勉強できないので

   おやつでも食べながら宿題をここですませて遊びに行く、というイメージ。

【7.5坪の家】内観パース 1階


せっかく作ったので内観パースも数枚。
Google Sketchupって軽くて結構便利。

1枚目は1階エントランス。見るからに狭いです。

1階の(自分なりの)ポイントは、


・駐車場はつくら(れ)ない

・水廻りをコンパクトにまとめる。

・天井高さも最低限(毎日何回も行うだろう上り下りを少しでも軽減)

・手摺をどうするかは検討中。

・下数段の廻り段部分で座って靴を脱いだりできる。


といったところ。
明日は更新できたらメインの2階を載せます。

【7.5坪の家】CGパースを書いてみる


年末は忙しくて更新できず。再開記念にCGを1枚。
覚えたてのGoogle SketchupとPhotoshopで気軽につくってみました。
自分の家なので点景とかはなし。

外壁はチョコレート色のガルバリウム。
色はこげ茶か黒かガンメタかですごく迷ったけど、この色で行くつもり。
(最終決定は現地にカットサンプルをあてて決めます)

笠木、サッシはシルバーで潔く。

耐火建築物にガルバを用いる方法は結構悩まされた。
途中相談した工務店の方も考え方はそれぞれ違ったと思う。
最終的に一番納得のいく仕様で考えてくれたのが棟梁だった。
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。