広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年05月01日

そう言えば「みなみけ」

 「みなみけ(13) (ヤンマガKCスペシャル)
」というマンガの最新刊を読みました。(講談社・2015.5.1)

 これは、南さんというお家の、性格の違った三姉妹の日常的な暮らしや会話が淡々と描写されているマンガです。
 ただ、高校、中学、小学の南家三姉妹ですが、彼女らは保護者なく姉妹だけで暮らしているようで、父や母の描写がない。たまに従兄のおじさんが尋ねてきますが、複雑な家庭事情があるに違いないと勘ぐられます。
 けれど、南家の家庭事情はほとんど語られることはなく、ただ食べ物や季節のモノについての独特な会話が繰り広げられているだけです。ですから読者としては、あたかも小中高の三姉妹が保護者なく自活するのが特に注目するようなものではない一般的なことかのように錯覚してしまう。

 また、舞台は南家三姉妹の学校での交際にまで広がっていて、そのそれぞれが符号、符丁して、一話の中でひとつのテーマや言葉が丸く収まっていきます。そして、それぞれにおいての独特な言葉のやり取り。これがこのマンガの最大の魅力でしょう。

 生活の些細なところにスポットを当てて群像劇を織り成し、それぞれの複雑そうだと想像される家庭事情についてはほとんど無視という態度は徹底されています。だから、お話はいつも明るく、シュールです。
 でも、こうした喜劇に少し哀愁含みの独特な雰囲気のあることも確かなんですよね。

みなみけ(13) (ヤンマガKCスペシャル)





みなみけ(1) (ヤンマガKCスペシャル)






みなみけ コミック 1-12巻セット (ヤンマガKCスペシャル)









そう言えば「斉木楠雄のサイ難13巻」

 2015年5月1日現在、今日読んだのは「斉木楠雄のサイ難 13 (ジャンプコミックス)」というマンガの新刊。(集英社・2015.5.1)



 このマンガの主人公は、斉木という超能力者の男子高校生です。そんな超能力者の彼が何をするのかと言えば、別に何をするわけでもない。

「僕はただ平凡な人生を送りたいと思っているだけなのに、やれやれ」

 といったような巻き込まれ型のライトノベルの主人公みたいな子なのです。
 それでいて、シリアスなバトルに巻き込まれるわけでもない。ギャグマンガですから。



 こうした舞台設定そのものが、作者のギャグセンスに中々ハマっているように思われます。
 というのも、斉木はオールマイティ超能力者ですから、人の思念を読み取ることもできるし、千里眼も利き、物を動かすこともできる。だから、斉木視点で、周りの人間についてほぼ神視点のような描写が可能となるのです。つまり、ツッコミのある神視点のようなものが実現されているというわけ。
 ただ、そんな斉木でも、彼の静かな生活とやらを悪気なく阻害してくるキャラクターから逃れることはできません。つまり、ほとんど神的に思える斉木の超能力も世界において完璧ではないんですね。
 この超絶的な超能力と、その能力を上回る破天荒な人間の行動との際に、笑いがこめられているわけです。

 麻生周一という作者についてですが、しばしばキャラクターがベタに過ぎるのと、絵で魅せてくれることを期待はできないという欠点はありますが、私はこの作者のギャグセンスが結構好きです。とりわけ、桃太郎の話の『劇団!インプロビゼーション』(斉木楠雄のΨ難 3 (ジャンプコミックス)巻末掲載)
という読みきり作品には衝撃を受けた覚えがあります。

 斉木楠雄のΨ難の新刊もおおむね通常営業だったように思われます。通常通りそれなりに面白かったです。



斉木楠雄のサイ難 13 (ジャンプコミックス)





斉木楠雄のΨ難 コミック 1-12巻セット (ジャンプコミックス)


[まとめ買い] 斉木楠雄のΨ難



マンガ批評について

 そう言えば、私は自分が結構マンガ好きであり、またマンガを多く読んできたことに気づきました。
 面白かったものから腹の立ったものまでありましたが、いろんなことをマンガから得たような人生であったような気がします。

 そういうわけで、このブログでは日々読んだマンガやこれまで読んだマンガについてお話していこうと思います。
 とは言え、私はマンガを書いたりするのはからっきし駄目です。絵なんて全然描いたことありませんしね。 
 だから、世間でよくされているような客観的で技術的な批評なんてできないし、しようとも思いません。

 世間話程度に思っていただいて、それでみなさんが次にどのマンガを読もうかを考える参考にしていただけたらと思っています。

posted by 荒川瑞樹 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
最新記事

漫画・アニメ ブログランキングへ
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
荒川瑞樹さんの画像
荒川瑞樹
自営業。 およびライター。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。