広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

同胞団がメンアラド戦記 RMTのゴールドアイテム

アラド RMT エジプトでは、今年6月に初の自由選挙でムルシ氏が選ばれて以降、当初期待されたほど経済や治安状況が改善せず、同胞団のかじ取りに対する市民の不満が高まっている。同胞団がメンバー動員のために用意したバスにも火がつけられた。関連記事ムルシ氏が大統領就任「宣誓」 タハリール広場で軍批判(6/30)エジプトで反軍デモ アラド戦記 RMT「静かなクーデター」を批判(6/20)「自由万歳」広場で祝福 エジプトのムルシ氏支持者(6/19)エジプトで大規模デモ続く 旧政権首相の排除求める(6/6)エジプトで大規模デモ 元首相の決選投票進出に反発(5/29)反米デモ死者7人に イスラムの若者ら、治安部隊と衝突(9/15)軍部有利判決に抗議激化、大統領選に影響も エジプト(6/15)エジプト、旧政権批判が再燃 選挙やり直し求める動きも(6/6)。同氏の就任後、双方の大規模な衝突は初めて 若者らが「政権を倒せ」などとシュプレヒコールを上げると、同じ場所で集会を開いていた同胞団側はデモ隊が用意した舞台を破壊するなどして抗議。 【カイロ=山尾有紀恵】エジプトの首都カイロアラド戦記 RMTのゴールドの 買取中心部のタハリール広場で12日、ムルシ大統領の政策を批判する若者らと、ムルシ氏の出身母体である穏健派イスラム組織ムスリム同胞団のメンバーらが衝突。エジプト国営通信によると約120人が負傷した。双方が投石し、火炎瓶が飛び交うなど、広場は一時騒然としたアラド戦記 RMTのゴールドアイテムを稼ぐ時間の少ない方にもアラド RMTページへようこそ
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。