広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

【話題株】UアローTW RMT最安値ズは月次売上

TW RMTシャツ、ニットなどの春物、初夏物衣料に加えクールビズ衣料にも動きが出たことが要因で、月後半の気温上昇で盛夏衣料の売り上げも拡大し、休日が2日少ない減収要因を吸収した高値抜けからPER9倍台の割安TW RMT相場修正で5年ぶりの2000円大台回復も想定範囲内となってくる  高速道路のサービスエリア、「東京ソラマチ」、駅ナカ商業施設などへの積極出店を続け、品揃えと精度向上の取り組TW RMT買取みを強化、海外生産を中国からベトナムへシフトし生産性をアップすることなどが寄与する  一方、同社の業績は、前期業TW RMT比較績を2回上方修正し、純利益が、50億1600万円(前々期比39%増)と6期ぶりに過去最高を更新したが、今期も64億1400万円(前期比27%増)と続伸が予想されている  5月度の月次売上高は、小売のネット通販合計の既存店が、1.6%増と連続して前年同月を上回り、全社売上高も、10.3%増と同じく連続2ケタ増となった  株価は、前期第3四半期の好決算に前期業績の再上方修正、期末配当の増配が加わって1932円まで300円高、今期業績の連続最高予想では材料出尽くしで長大下ヒゲでほぼ往って来いの下値を確認、切り返して高値を取ったユナイテッドアローズ は5日、39円高の1907円まで上げて3営業日ぶりに急反発し、5月31日につけた年初来高値1960円を射程圏に捉えている  前日4日大引け後に発表した今年5月度の月次売上高が、連続の2ケタ増となり、月次売上高が、連続マイナスとなった同業他社のファーストリテイリング と対照的に好調に推移したことから、同社の今3月期純利益の連続過去最高更新を見直し割安株買いが再燃しており、円高進行に伴うSPA(製造小売り)としての円高メリット、5月22日開業の東京スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」などへの積極出店なども再度、意識されている?TW RMT最安値
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。