2019年12月31日

2019が終わっていく

2019が終わっていく。


どんな一年だったんだろうと
振り返っても振り返っても

空虚しか、ない。


まだみんなで同居していたとき、
最愛の妹が私を無視するようになって
ああきっともうすぐ出て行くんだなと
怖くてたまらなかったころ、

私は、大好きな姪っ子と会えなくなるんだと怖くて怖くて、
夜中に悲鳴を上げて飛び起きたりしていた。

少女漫画にあるような、あれを
本当に経験した。
(というか、経験した人がいるからこそ、ああいう表現ができたんだろうねぇ)

当時、彼氏とは別居で
寝るときには電話を繋いだままで寝ていたのだが
私が変な声を出して夜中に起きるからビックリされて
「どうした?!」となり、
私は怖い、怖くてたまらないんだと
わぁわぁ泣き叫び、

あの頃が一番、メンタル的にやられていた。


あの頃に比べたら、
実際失った2018の秋から2019なんて、
本当に、なんでもない、
ただの空虚なんだ。


その証拠に、
家の敷地面積ほどもある広大な庭は
入居した時のまま放置されているし
そこに引っ越し屋が適当に置いた物干し竿もそのまま動かされていない。
私は、燃え尽きて、ただただ
適当に食べて入浴して眠って仕事に行くだけのロボットみたいだった。

実は今年は職場も変わり、
立場も変わり、
給料がいきなり八万も上がるような変動の一年だったのだけど、

そんなもん、
何一つ心に残らず、
ただ春が来て夏の後秋が来て、
今年は秋なんて三日くらいしか体感できないまますぐ寒くなって
もう大晦日だ。


前の家を買った時
家を買ったんだと、みんなには知られたから
去年から年賀状は、出してない。

転送はかけているから、まだ転送されてくるけれど。

それでも、恩師だけには書いた。
ここの住所を書くたびに
「ああ覚えなきゃ」って思う。
そのくらい、まだここの住所も覚えてない。どうでもいい。


別居を始めたころ、
姪っ子からの年賀状がきたことがある。
「あけましておめでとうございました」
と、習いたての字で書かれてあった。
宛名が、住所と苗字までが妹の字で、
その先は、姪っ子の、
ほとんど読めない「からこさま」という平仮名だった。

母宛の年賀状は全部妹の文字だった。
つまり、私の名前を書くのも嫌だったのでしょう。
妹の意思表示に、胸を痛めてないふりで、
「おー、◯ちゃん、上手に書けてるじゃん」と笑ったなぁ

今年は姪っ子ズは、
ばぁばには書くことは許されているだろうか。そうだといい。

2019
私は一歩も動けず、
諦めながら生きて来ました。
よく頑張りました

今年は彼氏が一緒なので
おせちのまねごとを作りました。
あとは、豚の角煮が柔らかくなるまで圧力鍋を放置するだけ。

お年玉をあげる人もいません。
また、父の所には顔を出さねばなぁ。



ここを読んで下さっているみなさん、
本当にありがとうございます。
姿の見えないあなたに支えられて
2019が終わります。

どうか幸せに。
良いお年をお迎えください。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:30| Comment(0) | 自分のこと

2019年12月18日

一年経つ

あの、連れ戻された日から
たぶんそろそろ一年経つ。
もう、写真も見ないようにしてる。
見たら泣いてしまう
posted by からっぽ at 19:34| Comment(0) | 姪っこ

2019年12月12日

抜歯が終わりました

一週間前に抜歯が終わりました。

とても上手な先生らしくて
麻酔の注射から抜き終わるまで、
まったく痛くなかった。

だけど、麻酔が切れた後痛くて
夜中目が覚めた。

痛み止めを三回分しか貰ってないので
仕事中に飲まなくちゃと我慢して
かなり苦しんだ。

あとから彼氏に
「なくなったら、また貰いに行けばいいんだから、
飲めばよかったんだよ」
と呆れられ。

たしかにそうだ。
貧乏性?

すぐに血は止まったけれど
口の中に少しでも血が滲んでいれば
気持ち悪くてたまらないわけで、
ティッシュ一箱使う勢いでツバを吐きまくった。

そして一週間後の今日、
抜糸も終えました。

次は、半年後、
ゴールデンウィーク明けまで、歯茎を育てます。


その歯医者さんから家に帰るためには
駐車場を出てすぐに
三車線の一番奥の右折レーンに入らなきゃいけないんだけど
大混雑の大通りなのでそれが出来なくて
諦めて大回りをして帰っている。

その大回りってのが、
前の家への帰り道で。

ワンコと何年も歩いた、散歩道で。


寝てても走れる大好きな坂道を登り、
毎晩散歩に行ったワンコとの思い出の公園に寄った。
何年も撮りまくった夜景をまた撮って、
ああやはり大好きだと思った。
山だから、毎年
ああなんて綺麗な紅葉
なんて綺麗な夜景と、
まったく飽きもせず立ち止まってスマホをかまえては、
ワンコから「早くー」と引っ張られたな
あと二分歩けば、
一年会えていない姪っ子が住むあの家がある。


今の家を買うとき
ここの読者のみなさんにも
「遠くを買った方がいいのでは」と
アドバイスをもらった。
生活圏にあれば、どうしたってこうやって、
わざわざ胸を痛めることになる。


なにやってんだか
分からない私の人生


なぁワンコよ
キミがいなくなった冬がまたきたよ
どんどん弱っていって、
いつか先に虹の橋を渡ってしまうと怖かった冬
どうかその時は、私も連れて行ってくれと
本気で願っていたのに
こんな世界に置いていかれて

きっと私には、
まだ生きる意味があるんだろうね。

歯もないけど、
生きていかなきゃいけないんだろうね、
なぁワンコよ。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 20:23| Comment(2) | 生きづらさ

2019年12月03日

私が長い時間をかけて仕込んだ意地悪

動揺して、リカバリー出来ずに一日がすぎたこと。



彼氏からラインが来た。
動画が添えてあった。

前の、あの家の前を、
車で通過する動画だった。

「だいぶ変わってたよ」
と。


少し高台になっているので
車道からは見上げる形になるのだけど、
母が一から育てた甘夏のみかんの木は、切られているのか、
綺麗さっぱりなくなっていた。

ボロい賃貸に住んでいた頃から
「庭でみかんを育てたい」と希望していた母が、
引っ越してすぐに植え、立派な木になっていた、あの甘夏。

毎年たくさんの実をつけるようになり
ご近所にも配っていた甘夏。

お隣の駐車場に少しはみ出してしまうからと、
こまめに素人剪定したりして。

あの家を追い出されるときも
「あの子たち、この甘夏、育てきるかね」
と私がきくと
「もうこの木は何もしなくても大丈夫だから」
と言っていた。

動画は五秒程度で、
家の前を一瞬だけ過ぎるもので、
他には、私が甘夏の数年後に植えた温州みかんの小さな木が実をつけて見えた。

こっちは切られてないんだ…


最後まで母が、
心残りにしていたブルーベリーの木は
奥の方にチラッと見えた。
よかった、残ってる。
こっちこそ、水ももらえずこの夏に枯れて切られただろうと思っていたのに。


この一年、
私も母も、姪っ子に対して「みかんは無事育ってる?
ブルーベリーは大丈夫?」
と聞くことが出来なかった。
「もう切ったよ」と答えられるのが怖かったから。

この一年の間に何度も
「あの家、どーなったか見に行く?」と彼氏にも聞かれ、
その度に
「ううん、いい」
と答えていた。
見るのが怖かった。

なのに、何でわざわざ動画まで撮ってくるかね。

まぁ、彼氏も心配というか、
気がかりだったのだろうけど。

「甘夏ないね」
と私が返信すると
「こめんね、言わずにおれんかった」
と返事がきた。

きっと、彼も胸がいっぱいなんだろうな、と思ったから、
腹もたたなかった。
ただただ、悲しかった。

悲しくて悲しくて。


あの家を買って、
引っ越す前から私と妹は、
「お母さん、みかんの木植えられるね」
と何度も言いあっていた。
母の夢を叶えられるのが嬉しくて嬉しくて。
家を買ったと母に伝えたときも
「みかんの木、植えられるよ」
と一番に言った。
引っ越してから、すぐに苗を買いに行き
大騒ぎで植えた。
最初の数年は、我が家の冗談みたいな小さな木と近所の立派な木を比べては
「今に見ておれ〜」と笑い合った。

甘夏がなくなったことが悲しいんじゃない。

あの思い出も、
あの気持ちも、

全部もう、どうでもいいものみたいに扱われたことが分かって


…いや、そんなこと本当はとっくに分かってたけど、
形として分かって、
もうどうしようもなくて、

もう、どうしようもなくて。


母もきっとずっと、
あの甘夏はどうなっただろうと思っているのに、
それを考えたら悲しいからと
打ち消して、
そうやって今も、
悲しい気持ち打ち消しているはずで。


お母さん、ためだった。
甘夏、切られちゃった。


お母さんを喜ばせたくて
あの家を買ったこと、
みかんを植えたこと、
頑張って大きく育ててもらったこと、
全部、ごめん、傷つけるためにしたことみたい。
まるで、傷つけるために、時間をかけて仕込んだ意地悪みたい。

あの家を買ったりしなければ
ずっと母はあのボロい賃貸で
「庭にみかんの木を植えたいねぇ」と夢を見ながら
幸せに暮らしていたのに。


ごめんね、
夢だけ見せて、取り上げて。

お母さん、ごめん。


********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 18:57| Comment(1) | 二世帯住宅

2019年12月01日

歯科、その後

さて、前の歯科に見切りをつけたものの、
折れていることには変わりない。
なので、どこかで治療してもらわなければいけない。

折れていることを見つけてくれた歯科でお願いしてもよかったが、
どうせ歯科医を変えるのならば
ここは、インプラントを得意としている先生を探したいな…と思って
ネット検索し、家のそばの歯科医を訪ねた。

ネットでも「とにかく予約が取りにくい」とあった通り
なかなか予約がとれず、時間がかかった。


初対面の先生は、
「○○と申します、はじめまして」
と挨拶してくれ、
レントゲンを見て、
折れている歯は抜くしかないこと、
抜いたあとはインプラントか部分入れ歯か…と言った。

そこはまた悩むとしても、
どのみち抜くならば、怖いので今日抜いてくれと申し出ると

「いえ、今日は抜きません。
今、その歯の周りは化膿していて
ブヨブヨで、麻酔が効きづらいと考えられる。
この状態で抜くことはしたくない。
薬で、少し炎症を抑えたところで抜きましょう。
抜いて、もしインプラントならば
半年は歯茎が落ち着くのを待ちたい。
今、化膿して骨が痩せていますので
しっかり骨が出来てから、
土台のネジを埋める手術をしたい」
ということになった。

こうして、抜歯宣言だけされたものの、
信頼できそうなこの先生に、これからお世話になることにした。

はじめましてのあと、
どうしてここに来るに至ったのか、
なぜ中で折れているのか、
私の話をたくさん聞いてくれたし、
なにより、「私が口を挟む間があった」。
私もたくさん話せた。

医療に絶対はない、
開けてビックリ、なことも沢山あるし
私だってまた、抜こうとしたらあーだこーだで…というようなことを
言われることもあるのかもしれない、

だけど、もう、しらん(笑)
正直言って、これ以上は、
ドクターショッピング的なことになってくるだけだろう。


長丁場、
そして中古車が買えそうな治療になりますが、
がんばります。

もう泣きそうですが。


長文お付き合い頂きありがとうございました!


********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 18:55| Comment(2) | 自分のこと
カテゴリアーカイブ