2019年11月29日

譲れない戦い・5


つづきです


「で?」
そう言ってこっちを見たので
私もスイッチが入ってしまった。
しかし、それでも冷静になって
「で、って…」
と呟くと
「下、ちょっと診ましょう…あー、腫れてますね。どうしました」

「…えーと…以前ここで、左上を治療していただいて…
というか私、毎回この話してるんです。
これが主訴で一年繰り返してるんですけど
こういうのってカルテ残らないんですか?」

冷静に、というかしみじみ呆れ気味に言ってしまった。

「はー、なるほど。いや…で?」
「噛み合わせ悪いって一年訴え続けたんですが」
「え、うちでしたのは左上ですよね」
「そーです」
「下のことを言われても」
「いや、左上を治療した翌日から突然
左下が腫れ上がって一年そのままで
その挙句に左下の歯が根元から折れてるって、
確実に上が原因ですよね」
「はー、でもうちで治療したのは上ですよね」
「…」
「まー、これだと、真ん中は元々なくて、
折れたところは抜歯として
二本歯がないことになるから、4本ブリッジか
部分入れ歯でしょうね」
「…4本ブリッジ、土台になる歯にすごく力かかりますよね。
他院ではお勧めしない、と言われたのですが」
「あ、それなら五本ブリッジ。
この手前の歯を削ればいい。治療してないから健康なので強いし」
「…」
「この歯はいいんですよ、もう折れてるんで。
で、こっちはー」

もう折れてるんで、いい?!

「その歯が折れてるのは素人の私にも分かるんですよ。
でも折れたのは最近で、それまでは折れてなかったわけです。
10月にレントゲン撮ってますからね」
「まぁ…でもうちでしたのは左上なんで…」
「あのー、先程から、先生の言葉をきいていると
『うちでしたのは左上だから、下のことは知らん』と聞こえるんです」

と、ここまで言ったとたん、
なんと

「言い合いになるんやったら…」
と言い捨てて?
ボソボソっと言い残して、まさかの退室!!

そして、すぐ他の患者さんの治療をする声が!!


途中退場?!

もう、唖然としていたら、
同室で話を聞いていた歯科助手が、私の腕をさすり始めた。

「申し訳ありません、先生、あんな…」

半泣きで、ナゾに私を摩擦であたためる。
が、緊張していたし、胸もいっぱいだったので
私も思わず涙ぐんでしまい、
「みなさんが悪いわけじゃないんです。
医療だから、絶対とか、完璧とかないことも分かっている。
だけど、せめてひとこと、
そうなんですね、とか、私の話を聞く姿勢を見せてほしかった」
と伝え、
「また先生呼んできますので」
と言う看護助手さんに
「いえ、もう帰りますので」
と微笑むしかなかった。


「おいくらですか」
と会計で聞いたが、
その日のお会計は請求されることはなく、

「これからも、上の歯の保証の関係でメンテナンスに通わなければいけないが、
あの院長に会わずに出来ますか」
と聞くと
「出来ます出来ます。私がします」
と歯科助手さんが言ってくれた。

いつものように、
平身低頭ぺこぺこしながら歯科医院をあとにした。


つかれた。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 20:45| Comment(0) | 自分のこと

2019年11月26日

譲れない戦い・4

つづきです



翌日、
「治療はいらないが、レントゲンを撮ってもらって話をしたい」
と電話をして、元の歯科を訪れた。

まず受付で、
いつもの「今日はどうされましたか?」
「実は一年前に上の歯を入れてもらって、そしたら下が腫れて…」
のやり取りをして、
「今日は治療はいりません、お話だけしたい」
と伝えたら、
いつもと違う、個室的な診察室に案内された。
もめる、とでも思ったのだろう。

そこにまた、歯科助手のお姉さんがやって来て
「えっと、今日はどうされましたか?」
「…左下が腫れてまして」
「えっ、ここですか?どうしました?」と聞くので
「だからー、なんでカルテに残ってないの?」と思いながらも、数万回目の
「実は一年前に左上に被せ物をしてもらい、
その翌日から左下が腫れて、
一年調整してもらっております」
という説明をして、
「失礼ながら他の病院で診てもらったところ、
中で折れていると言われました。
今後の方針についてこちらの先生のお話も聞きたいのですが」
と言うと、
えっ、あっ、とうろたえ、
「ではレントゲンを」
ということに。

二枚撮り直して、折れた歯のレントゲンを表示して待つこと10分、

いつものテキパキ医師が現れた。

「こんにちは!えっと、写真見てほしいって?
あー折れてますね。

で?」



本当に、このセリフだった。


またつづきます

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 22:50| Comment(2) | 自分のこと

2019年11月25日

譲れない戦い・3

つづきです


そして今月、
これはもう本当に、よそで高さを調整してもらった方がいいかもしれない、
その方が早い!
と観念して、他の歯科を訪ねた。


「実は、他院で一年前に左上に被せ物をしてもらったのですが、
そこは何ともないのですが噛み合わせが悪いらしく
左「下」が腫れ上がり、
訴え続けて一年が経とうとしております。
それで、その先生には申し訳ないのですが、
一度他の先生の目でも診ていただければと思い、
セカンドオピニオンをお願いしに参りました」
と正直に話すと、すぐに全体のパノラマ写真と
左下のレントゲンを撮ってくれ、
写真を映し出し、


「あああああ」と。


「あああああ?!Σ(゚д゚lll)」
「あああ〜〜、折れてますよ」

そして、写真を見ながら説明してくれた。

「噛み合わせ悪かったんでしょうね。
力かかっちゃったかな。
歯の、根元から縦に割れています」


左下のブリッジの、土台になっていた歯は、
歯茎の中で、綺麗に根元から割れていた。

805DE63A-6856-400A-A54D-5DA5EAB54D21.jpeg

もう、この時点で号泣したかった。
その先生はとても丁寧に説明してくれた。
「食いしばり癖もあるのかもしれませんね」

そうですね、
私の人生、歯を食いしばってばかりなんです。

「これは、抜くしかないと思いますが、
ブリッジなので、その部分は二本、歯がないことになる。
治療としては、そこにインプラント二本入れるか、
部分入れ歯か、
4本でのブリッジにするかになります」


部分入れ歯!!!!


部分入れ歯!!!!!!!!

35154513-7CB6-4C3D-933D-9ACB3073DE01.jpeg

もう、どうしたらいいのやら、
座っているのに立ちくらみまでする。


ブリッジは、もう、上下左右四箇所全部に入っているので、
あまり抵抗がないのだけど、
4本ブリッジというのは
強度的に少し怖い…とのこと。

「じゃあ、その横までいって、五本ブリッジ!とも考えたけど
5本目は全く治療歴のない、
全くの無傷の歯なので
削るのはもったいないし」

と先生は仰る。
四十年近く、ほとんど虫歯で、前歯以外ほとんど治療歴があると思っていたのに、なんでそこだけよりにもよって無傷!

そして先生は
「ここでこのまま治療に進んでも良いですし、
一年診ているその先生の所に戻られても良いとは思います。
上の歯には保証があるでしょうが、
下の歯に対する因果関係をその先生が認めるかは、難しいかも…」
とアドバイスをもらい、

もちろん私も腹の中が煮えくり返っているので

「一度、その先生のところでお話してきます」
と答えて帰宅した。


つづきます
すみません、移動や、ちょっとした時にしか書き貯められないもので

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************

posted by からっぽ at 22:30| Comment(0) | 自分のこと

2019年11月22日

譲れない戦い・2

つづきです


そして、
先月10月中旬、
またメンテナンスの時期が来て再診に向かった。

その頃も、やはり噛んで噛んでも高いし、
夕方には、体の方が「合わせに」いっているのか随分落ち着くのだが
朝起きるたびに口の中がガチャガチャになっていたし、
メンテナンスの席でも、また、
歯科助手のお姉さんに
「どーしても下の腫れが気になります。しかも膿んできました」
と訴えることに。

歯科助手のお姉さんは毎回
「えっ、ここですか?どうしました?」と聞くので
「なんでカルテに残ってないの?」と思いながらも、数回目の
「実は一年前に左上に被せ物をしてもらい、
その翌日から左下が腫れて、
一年調整してもらっております」
という説明をして、
その時はテキパキ医師の指示により、別の先生に高さ調整してもらったのだった。


皆さまご存知の通り私は小心者で、
人に嫌われるのが怖いので、
ものすごい低姿勢で、
「すみません、私が上手く伝えられないばかりに」
とぺこぺこしているものの、
さすがに、「何度も修正してもらってます」と言えば
苦情のニュアンスを感じたのだろう、
今回は大幅に高さを下げてくれた。


だがしかし、
やはり翌日にはガチャガチャで、
確実にその辺りは高さが高くて
どこかに当たっていて、
でももう下げすぎて、何か変わったのだろう、
今まで噛まなかった舌を噛みまくり
これはどうにもならん、と、本当に毎日悲しく過ごしていた。

水商売で母が不在なのをいいことに
私は幼少期から歯磨きもせず寝て
小学生の頃から永久歯は何本もクラウンを被せられていた。
当時の歯科医療では「残す大切さ」なんて言われておらず
「歯医者は破壊者」
とさえ言われていた時代なので
片っ端から抜かれて、
高校時代にはすでに四箇所のブリッジ持ちだった。

だからこそ本当に
すごくすごく今、歯を大切にしていて
ここ十年はずっとメンテナンスしてきた。

それなのに、ここにきて
これなのだ。

またつづきます

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 18:35| 自分のこと

2019年11月18日

譲れない戦い・1

言わなきゃいいのに、
戦っても無駄なのに、またやってしまった。


私はこれで、
最愛の妹を失ったというのにね。



話は一年前の12月に遡る。
私はその頃、左上の歯に、被せ物をする治療をした。
前歯から4番目なので外から見えるからと、
自費の白い歯を入れてもらった。

その歯自体はとても綺麗に仕上がり、その後も何も問題ないのだが、
翌日から、左「下」の歯茎が、4本分ほど腫れ上がってしまった。
噛み合わせも高いし、これはダメだわと歯医者に駆け込んだ。

上の歯を治療してもらった時から感じていたが、
その歯科医は、超テキパキ医師で、
診察→判断→治療がめちゃめちゃ早い。
上の歯の時も、あっという間だった。
せっかちな私は、そのテキパキ感が気に入ったものだった。

テキパキ医師は、出戻った私に
「あー、合ってなかったですかね、はいはい」
という感じで、ササッと噛み合わせを調整してくれた。


ところが、それでも
どーーーーにも高く感じ、変なところが当たっている。
慣れでなんとかなるかな?と思って様子を見たが、どうにもならない。
それで、申し訳ないと思いながらも
また数日後出戻って、
「やはり噛み合わせが高くて…」と訴えた。

その時にも
「どうしましたか?」
「数日前、上の歯を入れて頂いたのですが、噛み合わせが高くて、
下が腫れて…」
とイチから説明した。


また噛み合わせを調整してもらって、
はい様子を見てくださいねと言われ…


しかし、それでも合わなかったのである。


この時に別の歯医者で
噛み合わせだけ直して貰えばよかったのだが、
なにしろ自費で入れた上の歯の保証の関係で
三ヶ月に一度メンテナンスにも通わないといけなかった為、
ずっとその医師にだけ頼りきってしまった。


そしてなんと、
この「下の歯茎が腫れて痛いです」
「腫れてますね、どうしました」
「実は◯ヶ月前に上の歯を入れて頂いたのですが、
下の歯茎が腫れてしまって…」
「ああ、高さ調整しましょ。はい様子見てください」
は、

1 1 ヶ 月

続くわけである。


(長いので続きます)

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 20:45| 自分のこと

2019年11月02日

どんな痛みなんだろう

洗濯物をたたんでいたら、靴下に毛玉がたくさん出来ているのに気づいた。

そういえば、うちには毛玉取り機があったはずだと思い出した。
といっても私は一度も使ったことはない。
随分前に私が、100均の小さな毛玉取り機を買って帰った際に、
母が
「あら、うちにもあるのに。しかも高いヤツ、
これいいんよ、すごい取れるんよ」
と言っていたのだ。
その毛玉取り機がどこかにあるはずだ。


母は、何度も何度も、
この毛玉取り機いいんよ、よく取れるんよ、と言っていた。
もちろんたいして興味もなく、使うこともなく、
私の100均の毛玉取り機は一度使っただけで壊れて、
もう忘れていた。

引っ越してそのままになっていた、納戸小物の段ボールをあさると、
手のひらより少し大きめの毛玉取り機が出てきた。
きちんと箱に入っていた。
本体価格2500円、税込2625円、ということは
消費税が5%の頃の商品らしい。

image.jpg

100均の毛玉取り機の、ひ弱な感触を覚えていたので、
大して期待もせず動かして見たら、

これがまた、恐ろしいほどよく取れる!

おもしろくなって、片っ端から毛玉を退治した。



こんな、
たった1つのグッズでさえ、

母は、人生のなかで1つずつ集めた馴染みの物たちを
全ておいてあの家を追い出されたんだね。
私が、全部取り上げたんだね。

今暮らしている家で、
ふと毛玉を取りたいと思った時、

「ああ、あの毛玉取り機は、カラ子の家だ」と気づいた時、

母の胸はどの位痛むのだろう。

日常の中で何度、そんな思いをさせたのだろう。

置いて行かざるをえない庭の花たちのことは、ずっと思っていたけど、
母が育ててきた草木たちだけではなかった。


ほんとに何もかも、置いて行ったお母さん。
毛玉取り機も、
掃除機も、
鍋もおたまも、
洗濯バサミも、
タオルも、
全部お母さんが見立てて、買い揃えてきたのにね。


お母さん、
この毛玉取り機、
ほんとによく取れるねぇ。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 17:40| Comment(2) |
カテゴリアーカイブ