2019年09月30日

母を捨てて一年

母からラインがきました。

「明日は10月1日
こっちにきて一年
もう4.5年いる気がする」



あの日から一年。
夜に下道で二時間かけて真ん中の妹が母を迎えに来て

二人で家の前でツーショットを撮って
大荷物を積み込んだ軽トラに
笑顔で母は乗り込み
「もー知るか、こんな家」とばかりに
元気に去って行った。

きっと今でも本当は、愛してやまない、誰より磨き上げたあの家を。


母を見送って、一人で玄関に戻ると
いつも母がはいていたスリッパが
玄関に残されていて

それを見て、
玄関で号泣したな。


今でも覚えている、
今でも涙が出る。


お母さんごめんね、
あの時どんなに、
「一緒に行こう」と言ってほしかっただろう

一緒に行かなくて、ごめん。
自分の道を、選んでごめん。


文句も言わず、
離れたその場所で、
元気に過ごしてくれていることに、
本当に感謝しています。

必ずいつか、また一緒に暮らそう。
posted by からっぽ at 22:50| Comment(0) |

2019年09月19日

また、家族になってくれる?

「また家族になってくれる?」

朝ドラの中で、千遥が、なつに言った言葉。


妹よ、
ねぇちゃんは、今でもあんたが大好きだ。
「また家族になってくれる?」
posted by からっぽ at 20:27| Comment(0) |

2019年09月15日

体育大会に来ています

姪っ子(上)の体育大会に来ています。
行くね、とは言ってないし、
できれば見つかりませんように。
posted by からっぽ at 13:49| Comment(0) | 姪っこ

2019年09月11日

姪っ子が、ラインでたくさん話をしてくれた日のこと。

八月末の、「母が来たけど、やはり姪っ子に会えなかったこと」の顛末を。


妹に、「あずからせて」とラインしても既読がつかないのに業を煮やした母が、
直接姪っ子(上の子、中一)に、
「会える?」とラインした。
すぐには既読はつかず、母は寝てしまい、
私はその横で漫画を読んでいた。

一時間も寝て、起きた母が
「…あら。○ちゃんから返信がきてる。部活行ってたんだって。
スタンプが200も押されてる」

なんだと?!

なんてもったいない。

慌てて母が、今から会おうとラインすると
「どこで?」
「どうやって?」
「だれと?」
と一気に返事が来る。

「カラ子ねぇと迎えにいくよ」
と母がラインすると
「ママがダメって言うよ。絶対絶対絶対絶対絶対ダメって言うよ」


そう言われた瞬間に、
私達はもう何も言えなくなった。
「そんなの無視しろ!会うよ!」
と言えば、この子の心がどうなるか、
そんなことは簡単に思い至るわけで。

「でも会いたいね」とでも言えば
「うん、会いたいね」と答えるだろう。
それも言えない。

言えない言葉がたくさん溜まるけど
ただ、私と母は、二人で
カンカンに怒った表情を作って、
ほっぺをパンパンに膨らませて腕を組んだ写メを送った。
姪っ子からは
「www」と返事が来た。
これでいいのだろう。


「じゃ、行かないから、
ばぁばが来てることも、◯ちゃん(下のチビちゃん)には言わないでね」
「なんで」
「会えないから、かわいそうだから」
「あーね、しかたないことよ」

なんで、こんな思いを、
こんな子供が。
おばあちゃんに会いたい、
孫に会いたい、
そして徒歩圏内に二人はいるのに。

全部私のせいだ。

やっと中学生になったような子供が
「仕方のないことよ」という結論を出している。
私の中にいる、三歳のあの子、五歳になったあの子、8歳の…
って、小さな小さな子供だったはずの姪っ子が、なんだか大人になっていく。

「大人になって、自由に会えるようになったら会おう」
というと
「うん!私が一人暮らしし始めたら毎日会えるよ!」
と。

そんな先まで、我慢するつもり?
一番「ばぁばに甘えたい年頃」でしょう。

ちびちゃんが「ばぁばに会いたいー!なんでばぁばの家に行けなくなったの」って言うたびに、
この子は、おねえちゃんは、胸を詰まらせているに違いないのに。

「今まで土曜日は、毎週ばぁばの家に来てたのに、
チビちゃんはどうしてるの?」
と聞いた。
この四月から中学生になったお姉ちゃんは部活になってしまったし、
今まで学校ごっこだホテルごっこだと楽しく過ごしていた二年生のチビちゃんは、まさか一人でお留守番?
と思ってきくと
「ママの会社に行ってる」
とのこと。
連れてってもらえる職場なのだろう。
ゲームしてるのかな?


そのあと
「ねー、この前試合したんよ」
と、部活の話をしてくれたり、
一気にたくさんの報告をしてくれた。
めんどくさいから電話しよーと言っても、
「やだ」
「思春期か」
「そうwww」
と電話はしてくれなかった。
そして、
とつぜん、
「ママ帰ってきたから、ばいばい」
と、ラインは終わった。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:29| Comment(0) | 姪っこ

2019年09月08日

会いたい

いま、そばにいてくれる人を大切にしよう
posted by からっぽ at 01:26| Comment(0) | 姪っこ

2019年09月05日

疲れたよ

私は、世の中でも有名な
超ブラック大企業に勤めているんだけど、
最近本当に忙しさが加速して来て
一昨日、39.2の熱が出た。

インフル!?と青ざめつつ
朝まで熱を計り続けたが、
全く下がらず。

絶対に休むわけにいかない職種な為、
この仕事についてから、平日に有給など取ったことはなかったが、
初めて「一日休ませてください」を申し出た。

休んで朝から病院に行ったものの
目の前の「39.2」の体温計を前にお医者さんも
「何の熱だろう???」と首をひねるばかり…
結局解熱剤だけもらって帰宅したが、
次の日の朝5時まで38.8から下がらなかった。

それでも、二日も穴を空けられないこの職種。
やばいやばいと何度も熱を計り、7時前になぜか37.7まで下がったので出勤した。

そして激務をこなしているうちに
大量の汗をかき、夕方には平熱に戻った。

今でも、この二日間は何だったのか分からない。


今日はまた、とくに忙しかった。
通常の昼休みにあたる時間に、一ヶ月、業務が入ることになった。
つまり、昼休みなしで、
一日ぶっとおしで一ヶ月働くことになる。
今までも、休憩時間などなかったのだが、それでも昼休みには自分の仕事をさばくことが出来ていた。
これからの一ヶ月は、それが出来なくて、その分夜に残ることになる。

朝から大声を出し、立ちっぱなしで時には走り回り
必死で働く、それは私が選んだ仕事なので良いのですが。


帰って、ご飯を作って
十分で食べられて、
次は洗い物をして…

その間ずっとダイニングに座りっぱなしの彼にイライライライラ!


ああ、私余裕ない…
ダメだこんなでは。
あと一日頑張れば休み…


と思っていたら、
父の担当をしてくれている福祉の人から電話が来た。

最近、父が転倒が増えたとのこと。
アルコールが増えていること。
玄関の鍵を閉めたまま泥酔して、ヘルパーが部屋に入れず
ちょっとした騒ぎになったこと。
なので、やはり、ずっと父が拒否している施設入所や、
せめて作業所への通所などを検討して欲しく、
次の土曜に父含め関係者会議をするから娘の私にも同席してほしいと。


…私が連絡しても返事が来ないことがあったけど
次の日にはヘラヘラとメール連絡は来ていた。


疲れたなぁ。
あと、金曜、土曜、がんばる。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:27| Comment(0) |
カテゴリアーカイブ