2018年09月30日

リフォーム代は誰がもつ?

窓が開いて、私はまず
「こんばんは。なんだか、間に挟むみたいになってしまってごめんね」
と話しかけた。
「どうかね。とりあえず、話をしませんか」
改めてお願いしたが、義弟は
「いやー、もう…」
の一点張りだった。

私は、本契約を済ませたこと、最速で動いていること、
もしかしたら、もしかしたら君達が引っ越して来ようとしてる28日に間に合うかもしれないが、
それが分かるのは24日とかだと思うよ、ということを話した。
義弟は「引っ越し屋の方も、早く返事をしないといけないし、住宅の更新契約も返事しないといけなくて困っている」と答えた。

「そうは言われてもどうにもならない。
更新料を捨てられないと言って、28に引っ越して来ても構わないが、私は住んでいるぞ」と答えた。

これらの会話中に、後部座席に姪っ子ズが乗り込んで来たこともあり、
二人とも終始笑顔で、特に私は優しい口調を保つことに全力をかけて
「まぁとにかく、こういう話をしないわけにはいかないので、話しにきませんか?」
を繰り返したが、
「いや、もう…」だそうだ。


「頭金、銀行に借りてでも…って言ってたけど、大丈夫?」
「いや、あの時は…あれからリフォームして借りたから、もう借りれない」
「うん、だから大丈夫なん?と思って」
「頭金は、ちゃんと返してる。今まで通り返すってことで」
「毎月千円?ずっと?」
「これから、子供らにお金がかかるので。10年くらいはお金がかかる。
それがすんで落ち着いたら払える」
「だからそれまで私は我慢して待てと」
「そこは、お願いするということで」
「…そういう話を、ちゃんとしませんか?」


これ、ずっと笑顔で。


「というかリフォーム代も、俺らが負担するのもおかしいと思っている。
三年しか住んでないのだから。
リフォームしたくないけど、古くなって仕方なかった。
この先内装なども、なんで俺らが全部…」
「ほ ん き で い っ て る ?」

私は、自分の頭がおかしくなる気がした。

たとえるなら

家を建てた大家が、
10年人に貸して、
その人に「外壁が経年劣化したので、あんたが外壁塗り替えて」と言う。
理由は、「だって私は住んでないし」

こういうこと?


目眩がしたが、なにしろ子供らがいるし、
私はとにかく、感情で話をしたくないので。


「そっかぁ。
これは、むずかしいね、二人で話してもダメだね」
「俺が話しても…○ちゃん(妹)がお金のことは全部…
もう、頭金は、そうやって払っていく気で、払わないとは言ってない」
「じゃ、妹と一緒に話に来たらどうだろう?」
「いや、もう話す気ないんで…」
「そもそもこの話は、新年度に間に合わせるということと、お金のことをきちんとするってことだったんだけど」
「いや、でも更新料の返事もせんといけんので…」

「わかった。
これはどうも、ここで話してもダメだね!
間に誰か入ってもらおうね。
書類どーり、ということなので、28日までという期日指定してきたところから半年以内に立退くことになるので
立退料とか引越代とか、もちろん敷金返還とか発生するけど大丈夫?」
「書類は…見てみないと。うん」

ずーっとこれを、ふたり、笑顔で話しました。
途中途中で、下の子が、玄関先にいた母に
「ばぁば〜愛してる〜」と叫び、嬉しそうに手を振るので
はいはいとその頭を撫でて、
上の子の姿は私からは見えなかった。
とにかく最後は明るく、
「とにかく急いで話は進めるからね、間に合えばいいけど、難しいと思うけど…
また連絡するねー」と
軽く別れてみせた。


私が先に、義弟と話していたから
母は、いつものように車で姪っ子ズと別れを惜しむことができず、
玄関先にいた。
私ももちろん、姪っ子ズに
「またね」とも「ばいばい」とも言えず、別れた。



大丈夫、最後にはならない。
きっと会いにくる。
きっとまた会える。
終わりじゃない。
そう信じる。
あんたたちの前でこんな話をする羽目になってごめんね
私もがんばるから、
あんたたちも、待っててください。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 16:44| Comment(1) | 二世帯住宅

さよならのキス

コメントありがとうございます、
読んでます。
あの家に決めたこと、誰も「いいね」って言ってくれないんですよ。
「え、なんでまた…」って立地で。
車がある分にはとても便利な閑静な住宅街なのですが、
老後車を手放したらバス一本!なので。

なので、「おめでとう」って言ってもらって嬉しかった。


今日は、上の姪っ子が、何度もキスしてくれました。
いつもふざけて、ほっぺちゅー!とか言って迫っても、
ギャーギャー言って逃げ回るのだけど
今日は、仕方ないな、と言ってしてくれました。

やはり、ばぁばと私がいるこんな夜は、今日で最後になることは分かってるみたい。

いつも通り遊んで、途中でショッピングモールに出かけて
100均と本屋やゲーセンに寄って。

家で、久々にバターロールを焼いて、
発酵させすぎて全部くっついちゃって
それをむしってパン屋さんごっこして。

家中のお菓子を食べ尽くして。

私はその様子を、たくさん写真におさめた。
どの姿もたまらなく愛おしかった。


母が、
「ライン出来ないなら、番号だけでも交換したら?」
と言った。上の子は返事をしなかった。
「それか、カラ子ねぇに用がある時は、ばぁばにラインしておいで。
カラ子ねぇから用がある時も、ばぁばから伝えるから」
母が代案を出すと
「そうする」
と答えた。
「めんどくさ。ライン登録したら怒られるの?」
と私が聞くと
「べつにー。ママ、ライン見ないし」
と言った。
でも、何かが困るのだろう。
私は、上の子のラインを登録しないことにした。

新しい家の場所だけ、
簡単な地図に書いて説明した。
とても近いということ、
新居の近所にある建物は、今の家からも見えるので
二階のベランダから
「ほら、あの裏だよ」と教えた。


夕飯では母がさばいたタコの刺身を、美味しい美味しいと食べた。
そして20時になり、義弟がお迎えにやってきた。

あの、話し合いをすっぽかして以来である。
私は、姪っ子ズより先に車に向かい、
助手席の窓を叩いた。

逃すわけにはいかない。
ちゃんと、私の言いたいことも伝えなくては。
私軸で話し合いをすること、そうアドバイスもいただいたし、
とにかく話し合いは必要なのだし。
そう思って、出て行った。
私は、人と論争するのが大嫌いだ。
とても怖かった。嫌だった。
私こそ逃げたかった。
でも、話し合わないと。
大切なことだ。大切な人だ。


そして、この後、
本当にこの一家との決別を本気で考える出来事がおこることになる。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 01:46| Comment(2) | 姪っこ

2018年09月29日

姪っ子との最後の晩餐

昨日は、仕事から帰りつくと同時に
不動産屋さんが来て、2時間弱かけて本契約でした。
重要事項説明とやらで、言わなくてもいいような当たり前のことを法律に則って丁寧に説明してくれるわけですが
長くてお互いグッタリ(笑)

次は、6日に、銀行に出向きます。

大変ね!


そして今日は、
「ほんとに最後」のつもりで
この家で姪っ子ズと最後の晩餐です。
母が上の子に「おいで」とラインすると、
上の子からは「迎えにきて」と返事が。
ママからは「勝手にしなさい、行くなら自分で行って」と言われたのでしょう。
さすがに、顔は出せないだろう。

今朝早くに迎えに行くと、妹の車はありました。
いるなら送ってやればいいのにね。
リフォームなや様子もきになるだろうに。

みんなが不自由な暮らしをしています。


母はさっきから、
最後、のつもりで、いつもより大袈裟にパン屋さんごっこの客を演じている。
上の子は、最後になるかもしれないことを知ってるのか、
いつもクールなのに珍しく私の背中に乗ってきたりする。

母は、私には、
「数年待って。大きくなったら、きっとあんたの家にも、自分で遊びに来てくれるようになる。
お母さんも待つから」
と言っていた。
それでも心のどこかでは、これが最後になるかもと怖くてたまらないのだろう。

8時にお迎えがきます。
あと5時間半。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 14:35| Comment(1) | 姪っこ

2018年09月27日

家を決めました

家を、決めました。
明日本契約です。

5月に、出て行けと言われて
一番最初に内覧に行った家です。
結局そんなもんです(笑)

今の家からだと、車で5分10分というところですが、直通の交通はなく、
姪っ子たちが歩いてくることはもちろんありません。


私一人で住むには、アホかというほど大きな家、
今の家より大きいです。
運動場みたいな南庭があります(-_-;)
今の庭の二倍です。
彼氏が、バイクで走り回れました…
雑草が怖いので早々に人工芝でもひいてやります。

築23年、リノベ物件で、内装も外装もやり直してありますが
スケルトンリフォームではないので
まぁあと20年後くらいに建て替えてもいいかもしれません。
その頃には小さなマンションがいいとか言ってるかもしれないし、
死んでるかもしれないし、
もう先のことは、いい(笑)

家の裏にバス停もあります。
バスに乗れば、新幹線駅まで、直通30分程度です。

だけど、JRとなると、駅までは徒歩30分なのです。

そこがずっと気になって。
でも、よく考えてみたら、今の家だって、JRなんか全然使わないんだった。

そして、母は、10月1とか2とかに引っ越しになりそうです。


大きく、いろんなことが動き出します。


********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:35| Comment(1) | 二世帯住宅

2018年09月26日

次の機関を探す

日本法規情報なんとか、という所に相談メールを送った。
ここは、電話で対応してくれるらしいので、
とにかく送ってみることにした。

色々、私の状態を書いて、


「【おたずねしたいこと】
1.私はなんとか新しい住まいを決め、おそらく10/25くらいまでには退去できそうです。
この場合、六ヶ月以内に退去させられるとして、
立退き料と引っ越し代の請求は可能ですか?
初めて「退去して」とラインが来た4/30の受信履歴は残っています。


2.敷金として二ヶ月分最初に払っています。文面には「甲は賃貸借終了による本物件の明け渡し完了と同時に、乙に対し敷金を返還する」とありますが、これは何があっても請求可能でしょうか。」

と書いた。



「お近くの弁護士は…」ということななるかもしれないけど
簡単なものなら回答も得られることがあるらしい。

司法書士の勉強しとけばよかったね(笑)
そこまでやらないと生きていけないのかね私は。

もう、敷金も立退き料もほんとは要らないのだ。
要らないから、妹とはもう、穏便に、さっさと縁を切りたい。
そんな思考は、
「もう慰謝料も養育費もいらないから
一刻も早く離婚して、平和な生活が送りたいの!」
という女性と同じなのだろう。
今までは、養育費ももらわず父と別れた母を
「アホか、もらえるもんはもらえ!」と罵っていたが
今ならその気持ちは分かる。
また一つ、私は経験値を積んだのだろう。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 20:15| Comment(0) | 生きづらさ

2018年09月25日

法テラス役に立たず

法テラスを調べたところ、平日しかなかったので
(法テラス東京、は土曜の相談業務もしているみたいだが)
メール相談、というのに送ってみた。

細かく相談を書いて、連休の間待ってみたが
先程きた返信によると

「あなたの場合、近くの法テラスはどこどこ!
あとは細かく答えられないけど、
「よくあるQ&A」を書いておくね!」

みたいなことだった。


あほか、と。
よくある質問ならとっくにGoogle先生に聞いてる。
さすが公的機関だなぁ、と
しみじみ呆れている。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 15:30| Comment(0) | 自分のこと

2018年09月24日

あの子が幸せならそれでいい

みなさん、応援本当にありがとうございます。

みなさんに会いたいよ笑
そして「そーだよね、そーだよね」って言いたいです。



祖母の転院に伴って、二番目の妹宅に3泊してきた母が、
昨日帰ってきた。

やはり興奮状態だった。

玄関に、庭の花を飾ってあげただけで、
妹から「嬉しいー!娘が喜ぶー!」と大感激されたりするらしい。


二番目の妹は温情暑いタイプなので
多分「あなたが来てくれて嬉しいよ、迷惑に思ってないから大丈夫だからね」を
あんに伝えるためにオーバーに言葉にしてくれているのだろうと思う。

「どーかね、2番目の娘との生活は。
3人の子供の中で、私が一番かわいかろ?」と冗談できくと
「うしし」と笑ったあとで
「いやいや、どの子もお母さんの宝物」
と言い直した。
「いや、そこは私が一番可愛いと思うべきだ!」と、二人で爆笑した。

そして、しみじみと
「これで、あの子(一番下)が幸せになるならそれでいい。
あの子は家族を守ろうとしているのだから。
まぁ、「大事な娘がおばぁちゃんとオバちゃんを大好きだから
私は腹がたつけど我慢しよう」方向の守り方が普通ではあるが。
義弟くんも、旦那さんだから、最後まであの子の味方でおってくれていい。
まぁ、「妻よ、それはあんまりバイ」と、時には言える正しい味方であってほしいとは思うが」
と言いながらも
「とにかく、あの子が幸せならいい。
これで数年後離婚とかしたら許さん」
と言っていた。

母だなぁ、と思った。
姉は、この家の屋根吹っ飛んでしまえと思ったよとは言わなかった。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 11:55| Comment(0) |

2018年09月23日

友人らの怒り

友達は、母がキレるのも無理はない、と言った。

「いいんじゃない?
おかんの言ってることはまともだよ
大人じゃないのは妹ちゃんだけじゃん」

「ほんっとそれ。
家族と思ってないとはっきり言ってるんだから、もういいじゃん
弁護士立ててやれ」


「優先順位
@頭金をまず返す
A立ち退きの期限と日程決め
だね!
妹ちゃんは
頭金のこと絶対うやむやにする気よ!
絶対にそれだけは阻止しなきゃ!」


「契約書どーり、なら
賃貸契約で、六ヶ月前に追い出すんやけ立退料よねー
10月28日に引っ越してくるなら、半年前に言ってくれんと困るわ〜って(笑)」


「弁護士通して話し合いますと言え
こっちが下手に出てるのに、その態度はないわ
あ〜ぁラインで送れば証拠が残るのに
良いのかしら?」

「ほんとよね、証拠だらけで。
だからさ、カラ子の妹だから頭あんまり良くないんだよ」

「ほんとよね」


(−_−;)……


「出て行ったのはあっちが勝手にしたことなんやから、
そもそもカラ子が出ていく道理はない。
なのに、出ていってやると言ってるのだから、こっち優先やわ
家族と思ってないのは、こっちの台詞やわ!」

「ただ、権利書の名義やローンの名義が義弟くんだから面倒なだけ」

「家族ほど汚い関係はないから、後々の事考えて、第三者をいれるべき」

「主張は分かるが、筋違い(笑)」
「気持ちは分かるが、筋違い(笑)」

「では、内々の話し合いに応じないのであれば、公的な所で話し合いましょう。
もしくは、
では、こちらも10月末の立ち退きは難しいため、宜しくお願いします。
ラインには応じません」

「よろしくお願いします合戦(笑)
とりあえず、こちらの譲れない条件と主張をまとめて送って、
あとはブロックするか。
いやいや、ブロックはやはりまずいので、とにかくラインが来たら、会って御話ししましょうと返事をその一点張りにした方がええかな」


そして最後にはみんな、
「絶対バチあたるわ、不幸になるわ」
と言っていた。



世界で一番、幸せを祈った妹でした。
妹で、我が子で、親友で戦友だった、可愛い可愛い、小さなあの子に、
「せめてバチはあたれ。」
と思ってしまう自分に驚いています。
バチのレベルは、そうだな、
今綺麗に塗り直されて、ほぼリフォーム完成した屋根が
次の台風で飛んでしまえとか
そんな程度だけど(そんな程度?)。


********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 13:50| Comment(1) | 二世帯住宅

2018年09月22日

家族とは思っていません

母が、ついにキレて
妹にラインをしたらしい。


50A8CD7B-AFD8-4ABE-9260-6A5DE0A05C3A.jpeg

74E44F52-E38A-4BC3-A790-231409EEF5CB.jpeg


ABD06BA5-E3B9-46B8-9477-8BABACEA1406.jpeg

CAF5D2E3-1EEA-4403-A248-AB5BEA2C9D7A.jpeg

そして、義弟は来ませんでした。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 11:23| Comment(0) | 二世帯住宅

2018年09月21日

他人だね

つづき



友人らは私の代わりに怒り狂っている。


「いやいや、アパート借りたのは向こうの勝手やろ?
こっちは関係ない
更新の話の見落としは
完全に向こうの落ち度やろ、100%ね!
こっちがそっちの更新時期かなんか覚えてるわけないやろっ!
と、いってやれー」


「新学期に向けて...の話が前にあったので、
年度末までに引っ越す予定で段取りしてたから、
それをいきなり、10月更新が云々言われても、時間的に難しい

更新手数料の発生で頭を悩まされる事は同情するが、
困っている状況からすると、いきなり1ヶ月で引越させられるこちらのほうが困惑度合いはおおきい。
そちらの事情で、取り決めたことをコロコロ変えないでほしい

みたいな、返答してみては?」


「毎回いうことやけど
相手の言いなりどおりにする必要ないから!
カラ子は甘すぎる!
姉妹の縁切る覚悟で言いたいことビシッといっちゃいなー」


そうこうしてるうちに、
今度は最愛の妹からラインがきた。
実は、ラインがくるのは初めてだ。
当時はガラケーで、
スマホ時代になってからはブロックされていて
私が一方的に、着てはもらえぬセーターを、
いや読んでもらえぬ「誕生日おめでとうメール」を送っていたが
既読がつくことはなかった。


辛抱たまらん、という勢いで、
挨拶もなく送られてきた内容は、こうだ。

「主人の言ってる事意味分かりませんでしたか?

・数ヶ月も前から言っていますが 上の子の中学入学の為 退去して下さい
・10/28までに退去して下さい
・家財道具は一軒家でなくても 賃貸で入ります

主人と会って話す必要は無いと思います。よろしくお願いします。」


私は、2014年からの誕生日おめでとうメールに
既読が初めてついたことに
「うわぁ」とも「オロオロ」ともならず、
なんだかとても冷めてしまった。


このラインが来た時、仕事中で、同僚から
「…他人だね。もう、他人じゃん。
私、家族からこんな文章きたらもう…」
と、私の代わりにへこんでくれた。

私は悩みながら返事を打った。


「べつに誰かとケンカをする為に話すわけではないよ。ラインでする話ではないというだけです

・数ヶ月前に会って話しましたが「新学期に間に合えば」という話からスタートしている
・だけど早いにこしたことはないだろうから急いで動いてはいる
・子供らのことが一番であるのは、まったくそのとおり

昨日、ここはどうかな、という家の購入申込(仮審査申込)をした所だったので、間に合うかも(かも)しれないし、
間に合えば良いなと思って動いています。

間に合うならそれが一番いいね、
でも間に合わないかもしれないよ、更新料はそれは仕方ないとしか言えないよ。

お金の清算もあるし、文字だと誤解もあるだろうから、顔を見て話をしましょうというだけです。」

「このLINEを主人に見せておきますので もういいかと。
よろしくお願いします。」


そして、これを、
現在祖母の転院のために二番目の妹の所に行っている母に転送すると、
母がキレた。


つづきます


るぅさんも、いつも応援ありがとうございます!
本当に嬉しい。

みなさん、私、なんかすみません、上手く動けなくて。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:03| Comment(0) | 二世帯住宅
カテゴリアーカイブ