2020年03月02日

再入院の経緯、つづき



2/16
翌日、デイケアを見学させるために
予定通り父を迎えにきたケースワーカーは、
あまりの父の様子に驚き、
救急外来へ父を連れて行ってくれたそうだ。

病院で「部屋に戻すのは危険だから入院させてほしい」と頼んでくれた。

しかし、
「ここは救急なので
命に関わる状態以外は帰宅してもらう、
明日具合が悪ければ昼に内科を受診して
そこから入院手続きを…」
と、入院はさせてもらえなかったらしい。

ケースワーカーから私に連絡があり、
「今そういう状態で、我々では意見を聞いてくれないから、
ご家族から、入院したいと希望を伝えてもらえないか」
と頼まれた。
私はすぐに病院に電話した。

救急につないでもらい、
「今そこで受診している者の家族だ」と名乗り、
父の状態を伝えて、とても一人で暮らせる状態ではないのだと訴えたが
やはり「命の危険がないから」との一点張りだった。

私とケースワーカーは諦めて、
その日は、ケースワーカーさんに父を部屋まで連れ帰ってもらった。




2/17
心配だったので、夜に父の部屋を訪ねた。

ところが、そこに父の姿がない!


車椅子もあるし、
なにより携帯が置いてある。

でも鍵は閉まっている。

え、これって、
まさか部屋のどこかで自○とかしてんの?
と、本気で背筋が凍り、バスルームや、
バカらしいが
クローゼットまで開けて探してしまった。

しかし、いない。

また、ろくでもない「友達」が来て
一緒に出かけたのか?
でも携帯も持たずに?
それにしてもあの容態じゃ無理だろ…


と、携帯を開くと、
担当のソーシャルケースワーカーさんから着信が何度もあっていた。

とりあえず、そこに電話をするも出ない。

途方に暮れて部屋で立ち尽くしていると、
折り返し電話がきた。

「父が部屋にいないんです」
『あれ、連絡行ってませんか。入院したんですよ』



経緯は、こうだ。


今日の昼、
病院を受診させようと
手配された介護タクシーの運転手が父を迎えにこの部屋を訪れた。
迎えに気づいた父が玄関の鍵を開けようとして立ち上がる。
しかし、そのまま転倒して動けなくなったらしい。

気配は分かるものの、鍵は開かないし…で困った介護タクシーの運転手さんは
機転を働かせて隣の部屋の人に頼んでベランダ伝いに父の部屋へ。

こういう時のために、
ベランダ側の窓は施錠していないのだ。

そして、様子があまりにもひどいので
救急車を呼んでそのまま病院へ。


『今まだ、病院で検査中だと思います』

夜22前、私は病院へ。
救急でやっと父と対面。

低カリウム症、になっていたらしい。
ちょっと帰せないので、このまま入院してもらいます、と。
そんなこと昨日わからなかったのか?!と思ったが、はい、はいと聞いておいた。

救急車で運ばれた父は、
携帯もないし、靴もはいてないしで
とても心細かったらしい。
私が顔を出すと、とてもホッとした顔を見せた。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 22:47| Comment(2) |

2020年02月22日

再入院

2/15、
渡し損ねていたバレンタインのチョコを持って
父のアパートを訪ねた。

ベッドで寝たまま「おー」と声を出し
体を起こそうとするものの
起き上がれない様子。


そしてなにより、
とにもかくにも、

部屋が臭い!!!!!



いつも、
シケモクというのかな、
一度消したタバコに再度火をつける、
体に悪い吸い方をしてるにおいが
いつも部屋中に充満していて
今日もそれを覚悟してコートは車に置いてきたのだけど

今日のは違う。

アンモニアだ!


父は横たわり、すっかり衰弱していて
髪が伸びまくり、まるでイエスキリスト
もしくは落ち武者!


テーブルの上にはいつヘルパーさんが作ったのか、というくらい膨張した雑炊が置いてあった。
そしてビールと焼酎。

数ヶ月前から
夜中にトイレに起きたときに転倒するのを避けるために
オムツを使用している父。
これはどこか、
カーペットとかに、
トイレが間に合わずおもらししてるのでは?!と
カーペットを探してみるが見当たらない。

「何でこんなにおいなの?」
と聞いても、返事はするが、
か細すぎて聞こえない。
「いつものタバコの匂いはしないからいいけど」
「ずっと吸ってないもん」
「またビール飲んでるの?」
「友達が来たんよ」
そのやり取りの声が、か細くて聞こえない。

嘘でしょ、なんでこんな急にやせ衰えてるの?!

ふとみると、ゴミ箱に嘔吐のあとがあった。
そして、それには血が混ざっていた。


「あまり食べてない。食べれん。きつい。
明日また福祉の人来るけど、キャンセルしようかと」


私も、動揺して、どうすればいいのか分からなくなったが
とりあえず

「明日、福祉の人に病院連れてってもらって!」としか…

「オムツかえようか?」
「さっきヘルパーさんに変えてもらった」
「じゃ、もう明日まで動いたらダメよ」
テーブルの上に、携帯と水分を並べて部屋をあとにした。

私が一人で頑張っちゃダメなんだ。
せっかく福祉と繋がれている。
だから嘔吐のあとも、あえてそのままにした。
ゴミ箱の中だし、見てもらったほうがいいと思ったから。

具体的な動きは出来ず、
私はアパートをあとにした。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 07:21|

2020年02月20日

父、救急搬送

父がまた入院しました。
浮浪者みたいな様相でした。

疲れた。

また詳しくご報告します
posted by からっぽ at 00:27| Comment(0) |

2019年09月05日

疲れたよ

私は、世の中でも有名な
超ブラック大企業に勤めているんだけど、
最近本当に忙しさが加速して来て
一昨日、39.2の熱が出た。

インフル!?と青ざめつつ
朝まで熱を計り続けたが、
全く下がらず。

絶対に休むわけにいかない職種な為、
この仕事についてから、平日に有給など取ったことはなかったが、
初めて「一日休ませてください」を申し出た。

休んで朝から病院に行ったものの
目の前の「39.2」の体温計を前にお医者さんも
「何の熱だろう???」と首をひねるばかり…
結局解熱剤だけもらって帰宅したが、
次の日の朝5時まで38.8から下がらなかった。

それでも、二日も穴を空けられないこの職種。
やばいやばいと何度も熱を計り、7時前になぜか37.7まで下がったので出勤した。

そして激務をこなしているうちに
大量の汗をかき、夕方には平熱に戻った。

今でも、この二日間は何だったのか分からない。


今日はまた、とくに忙しかった。
通常の昼休みにあたる時間に、一ヶ月、業務が入ることになった。
つまり、昼休みなしで、
一日ぶっとおしで一ヶ月働くことになる。
今までも、休憩時間などなかったのだが、それでも昼休みには自分の仕事をさばくことが出来ていた。
これからの一ヶ月は、それが出来なくて、その分夜に残ることになる。

朝から大声を出し、立ちっぱなしで時には走り回り
必死で働く、それは私が選んだ仕事なので良いのですが。


帰って、ご飯を作って
十分で食べられて、
次は洗い物をして…

その間ずっとダイニングに座りっぱなしの彼にイライライライラ!


ああ、私余裕ない…
ダメだこんなでは。
あと一日頑張れば休み…


と思っていたら、
父の担当をしてくれている福祉の人から電話が来た。

最近、父が転倒が増えたとのこと。
アルコールが増えていること。
玄関の鍵を閉めたまま泥酔して、ヘルパーが部屋に入れず
ちょっとした騒ぎになったこと。
なので、やはり、ずっと父が拒否している施設入所や、
せめて作業所への通所などを検討して欲しく、
次の土曜に父含め関係者会議をするから娘の私にも同席してほしいと。


…私が連絡しても返事が来ないことがあったけど
次の日にはヘラヘラとメール連絡は来ていた。


疲れたなぁ。
あと、金曜、土曜、がんばる。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:27| Comment(0) |

2019年08月11日

とても疲れた一日のこと・3


そして次、
C父のガラケーの機種変をする

なのだが、その前に、
先日書いた「姪っ子とのニアミス」が起きたのだ。

横断歩道を渡る三人の中に姪っ子を見つけた瞬間
「三人なら、みんな乗ってもらえる」
「今ならママもいないから話ができるかも」
と、頭がいっぱいになった。

半年以上会っていないわけだが、
ラインのトップ画ではキラキラの姿を見ていて、
ああすっかり大人っぽくなったなぁとちょっと気後れさえしていたのだけど
実際久々に見れば、相変わらず日焼けして真っ黒で
ガリガリにやせた(一族みなガリです)、
ごぼうみたいな可愛い姪っ子だった(笑)
話しかけた結果は、すごくせつなかったけど、
姿を見れてとても嬉しかった。


さて、機種変である。
数日前、妹宅(もめたあの家)宛に、AUから父へ、ガラケー終了のお知らせが届いたらしい。
父が「なんか使えなくなるらしいんだ」とオロオロ私に電話してきた。

そんなことはないだろうと思うが、その手紙は
近々妹が転送してくれるまで見ることは出来ないし
どっちにしろ、やはりラインくらいは出来たらなぁ…と思っていたところだったので
とりあえず近所のソフトバンクとワイモバイルへ行き、
シニア向けスマホを見せてもらった。
ラインのために1GBでもつけると、一気に五千円弱になってしまった。

そして最後に、今契約しているAUに行ったが、
父が来ないと、機種変の料金は提示できないと言う。
では、いつが二年縛りの更新月ですか、と聞いても
父に来てもらわないと教えないと。

委任状をとって、二人の身分証を出せば良いですか?と聞くと
私と父の戸籍謄本が必要だという。
だが、離婚して籍を抜いてますよと言うと、
やはり父本体を連れて来てくださいとなった。


父は歩けない。
だから私が来ている。

言われている内容は、仕方ないことなんだろうけど
相手の態度が「きまりなんで」「だからぁ…決まりなんですよ」「あ、それだと教えられないです」という感じだったので頭にきた。
順番待ちの番号の紙をグシャッと握りしめて
「障害者なんです。でも父を連れてこないとダメで、
連れてくれば教えて頂けるんですね」
と低く言ったときに涙が出た。

エアコンの件からもう、
私はずっと頭いっぱいで、
しかも姪っ子の件もあって、
本当はずっともう泣きだしたかったのだ。

だけど、そんなことはAUには関係ないわけなので、
涙をかくして
「出直しますね」とだけ言って帰った。

なんで私が?!
なんで、なんで
って、頭に血がのぼった状態で考えて
全部自業自得だと、深呼吸した。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 14:03| Comment(0) |

とても疲れた一日のこと・2


そして次、
B父の駐車許可証の手続きをする

身体障害者を載せていて、建物のそばなどにちょっと停めさせて欲しい時に、
ダッシュボードに置いておけば違反にならないというアレだ。

一度、父をアパートに連れ帰り、肩を貸しふうふう言いながらベッドに座らせ、
私は座りもせずにじゃあねと車に走って戻ったら
違反を切られていたことがあり、
こんな事これからしょっちゅうある、と慌てて手続きをとった。

気づけばもう、二年前らしく
有効期限切れになりそうなので
再度手続きが必要だったのだ。


近所の警察署に手続きを聞きに行くと
父の住所地の警察署でしか手続きできないと言われ
(県の公安委員会が発行なのに、なんでかね)
父の住所地の警察署へ行く。
その前に、父の所へ寄り、
委任状を作り、手帳と印鑑を借り、
区役所へ。

住民票を取るにも一苦労。
別居の私が取るためには、委任状だけでなく色々いるといわれ、
生活保護世帯なので発行料は無料のはずなのに
「父の印鑑カード」なるものがないと生活保護の証明にならないといわれ
住民課の横の生活保護課に確認もしてくれないと言われ、
とにもかくにもお金を払って住民票をもらい
こんどはそれらをコピーする為コンビニに行くも駐車場がないコンビニで停められずグルグルまわり、
やっとの思いで警察署へ行き手続きを終えた。


そして次、
C父のガラケーの機種変をする

つづきます
********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 06:00| Comment(0) |

2019年06月17日

父の日と、二人の娘・2

お好み焼き半分でお腹いっぱいになってしまう父を心配しながら
私は黙々と自分のブタ玉を焼いていた。
父は、あっちが痛いこっちが痛い、
お金が足りない、と
同じ話ばかりしている。

数ヶ月入院していたので、
その分の生活費を今頃生活保護費から引かれるらしく
「九月まで辛抱せんにゃいけん」
と言った。
「あたりまえや!私なんか年中辛抱しとる!」
「ははは」

はははじゃないよ…

私が呆れていると、父は思い出したように

「あ、そーいえば明日、(妹)が(姪っ子ズ)を連れてくるって」

と言った。


え、

と思った。
今までも、父の日はおろか、正月も誕生日も顔を出さなかった妹である。
だけど、とても嬉しかった。
父の喜びを思うと、とても嬉しかった。

お好み焼き屋さんを出て、
そばのドラッグストアで、
いつもの金曜日のようにお菓子を山ほど買った。
姪っ子ズが毎週遊びに来ていた頃のように、
あの子達が好きな駄菓子を山ほど買った。
こんな幸せな出費は他にない、と思った。このお菓子棚ごと買いたかった。
姪っ子ズは、「作るお菓子(粉に水を入れて、練ったら団子になって、和菓子セットが作れるとか、小さなクレープが作れてトッピングも出来るとか)」が大好きで、
それも買った。

…実は我が家には、
「いつか遊びに来るかも」と思って
この作るお菓子が二箱ある。
それは九月が賞味期限切れなので
本当はそれを取りに行こうかとも思ったのだが
「いつかちゃんと姪っ子ズが遊びにきて、これを喜んで作ってくれますように」という願いもあり
お守りがわりとしてそのまま我が家に置いておくことにした。


つづきます

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 22:50| Comment(2) |

2019年06月16日

父の日と、二人の娘・1

父の通院日。
珍しく土曜日だということで、付き添うことにした。

ついこの前まで、押しぐるま?というか、あの、おばーちゃんが買い物に連れて行くカート…疲れたら座れるやつを福祉から借りていたのだけど
退院後やはりまた歩けなくなり
今はまさかの車椅子生活らしい。
部屋がワンルームで狭いので、
退院してしまうと、ほとんど歩かない生活となり、毎回あっという間に筋肉が細って歩けなくなるのだが、
車椅子までいったのは今回が初めてだ。

一人では、タクシーから降りた後が大変だろうと思い、付き添ったが
本当に大変だった。


私の軽自動車では、まず、折りたたんだ車椅子が入らない。

後部座席を倒しておかねばならなかったと思っても、後の祭り。

よりにもよって久々の雨の降る中、
背中を濡らしながらなんとか車に積み込んで
病院に着いて、
受付をして外来に行く。

「ごめんなさいね、今日は先生いないから、処方だけですけど」
本当に、この一言で、
おそらく30秒くらいで用は終わり、
思わず
「あのー、これ、本人連れてこなくちゃダメですか?
私だけで受け取ることは出来ませんか?」と聞いてしまった。
すると、次回は、もし容態が変わらず診察が不要なのであれば
娘さんが来てくれてもいいですよー、とのこと。

父までも、まさかの
「いや、代理の人でもいいんよ」
と。
「知ってたなら先に言ってよ!そしたら家で待っててもらって、私だけで来たのに!」
思わず文句を言ってしまった。
ここまで来るのに、ゆうに1時間かかっているので、
腰が抜けそうだった。


そのあと食事をした。
明日は父の日だからねと、カードを渡した。
「あああ、ありがとう、パパこんななのに、なんもできんで」
そう言って嬉しそうに読んでいた。
実は、もう五年も前の父の日に服を贈ったとき、ラッピングについていた
「お父さんありがとう」
というシールを、父はテレビの横にずっと貼っていて、
大切にしてくれていたので、
多分このカードは家宝にしてくれるのだろう。

BCD58AC6-4557-41EB-AA04-CFC05AA07677.jpeg

父は、このときだけでなく
何度も何度も
「ごめんね、ありがとう」
「ありがとう」
と言う。


食事に連れていったものの、
バリアフリーではないので、一苦労。
なんとかドアはギリギリ車椅子で通過出来たが、押さえていないと閉まるドアで、一人で大奮闘していたが
バイトさんは助けてくれず。
店につくなりトイレにいきたいと言い出し、車椅子で連れて行く。
障害者トイレはなく、男性トイレにまたしても大奮闘して乗り込み
立たせたり座らせたり、一旦出たり入ったり…
席に着くまでに10分かかる(笑)

こんな、介護のほんのワンシーンを体験しただけでねをあげて、
普段から介護なさっている方々の苦労を思い知り、尊敬する。
本当に大変だ…

お好み焼きを食べたのだけど、
父は半分も食べきらなかった。
自分でノンアルコールビールを頼んだけど、それもほとんど飲めなかった。
それでも「久しぶりだ」と楽しそうに焼いていた。

長くなったので一度切ります

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 19:20| Comment(0) |

2019年05月29日

こんなメール1つできっと大喜びしている

父の生存確認のために
毎晩一度はメールするように伝えてある。
律儀に毎晩、「おやすみなさい」とメールがくる。

めんどくさいのだけど
顔を出すのはもっとめんどくさいし、
でも、何かしてやりたいし
そんな自分のエゴだけで、続いている。

父にとっては、私は唯一、愛情を注げる相手なのだし
私も精一杯、あなたのことを気にかけているよと伝えたい。

今日も無事、おやすみなさいとメールがきたので
「おやすみ、たまには私の夢でも見なさい(笑)」
と打ってやると
「朝には忘れてるかも おやすみなさい」ときた。
画面の向こうに、嬉しそうな父の姿が浮かんで
ああまた近いうちに顔をだして「あげなくちゃ」と
騎士きどり。

父のことは大好きで、
でもその生き方には呆れるばかりで、
それでも大好きだ。

入院中はいつも、歩けるまでに回復させてもらえるのに
退院してしまえば狭い部屋の中で
途端に筋力がなくなって歩けなくなる。その繰り返し。

今はまた、「歩けない」と訴え始めた。

長生きしておくれ。
私にとっても、父と母は、
愛情を注げる大切な相手だ。
どうか長生きしてください。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 22:03| Comment(1) |

2018年11月25日

再入院

父がまた入院した。

もう、最近は足が全く立たず、部屋の中で転倒しては血まみれになり
自分で救急車を呼んで…ということもあり、
私としては「入院してて!」という感じだったのだが、
やっと入院の手はずが整った。

あちこち痛い痛いと訴える父に、
「そりゃ酒もタバコもやめてないのだから、当たり前」
とバッサリ言うと、「うん」と呟く。


生活保護費の振込み日の関係で、
私が毎月父のアパートの家賃は振り込んで、そのあと父から返してもらう…ということをしていたのだが
この一年くらい返してくれなくなった。

それがいけないのかな?
お金に余裕を持つようになって、
ビール買ってるのかもしれないから、
私のせいかもしれない。

顔を出すと喜ぶから、
お見舞いには行っている。
私しかいないから、仕方ない。

入院してくれてるうちは、
一安心だ。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 23:28| Comment(0) |
カテゴリアーカイブ