2020年01月13日

父と御節とお年玉

お正月は、父のところにも御節を持って行った。
五十前まで実家暮らしだった、ぬるい私は、
御節なんか作ったことはもちろんないので
ほんと、真似事も真似事…

37BA1EBA-D312-42C3-BEF9-FDAA25669EAF.jpeg

それでも、父の所にもお正月が来なければ困るので
出向いた。

すると、
「(妹)も、昨日持って来てくれたんよ」
と。

ああ、妹も、
パパにも御節を!って思ってくれたんだなぁと
とても嬉しくなった。


クリスマス前に、
姪っ子用のお年玉を父宅に用意しておいた。
大人の事情でこんなことになり、
姪っ子にとってはお年玉をくれる大人は両家のジジババだけ。
そして肝心の父はお金を持ってないときている。
なので、私が二人分用意した。
「カラ子ねぇより」と書けば、
ママの逆鱗に触れてしまうだろうし
姪っ子が困らないように
「じぃじからって言っていいからね」と託しておいた。

お年玉をもらった姪っ子ズは、
部屋の隅っこに突っ走り
中を確認していたという(笑)

もっと入れてやればよかった。
だけど、あまり入れても、
ママとパパもいい気はしないんだろうし、この先高校生になるまで続くわけだからね。

お年玉とは別に
いつもの「作るお菓子」とジュースも用意していたんだけど
それは喜んで持ち帰ったそうだ。

なんでここまで私は色々してしまうんだろう、と考えて、
「姪っ子にあれこれしてあげたい」のはもちろんだけど
姪っ子が父の所に来て「たのしい!」と思ってもらわないと
もう来てくれないのではないかというのが怖いんだなと思った。

私は、父と母から、最高に可愛い孫を奪ってしまったから、
その罪滅ぼしをしようとしてるのだと気付いて
ああなんというエゴイストだと、うんざりする正月。

********************************************

更新の励みになってます
よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
家族崩壊ブログ



*******************************************
********************************************
posted by からっぽ at 14:00| Comment(1) | 姪っこ
カテゴリアーカイブ