ファン
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年12月31日

2018年最後の鉄道ブログをお届けいたします

こんばんは。2018年の大晦日の夜、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

この1年はどんな年でしたか。

さてラストの写真は、夕暮れの外房線を走る、209系2000番台電車の写真で、締めくくりたいと思います。

この年末年始に青春18きっぷを利用し、快速列車や普通列車で、旅をされている方々も、多いかと思います。

もし鉄道旅で、沿線から鉄道写真を撮影したい場合に、JR線の駅で下車して、沿線から列車の写真を、撮影してみては如何でしょうか。

乗って移動するのも良いですが、もしこれから鉄道ブログを始める場合、撮影地に足を運び、走行中の列車を撮影するのも、面白いかと思います。

青春18きっぷ以外にも、JR東日本で発売中の、トクトクきっぷで、フリー切符の休日おでかけパスでも、首都圏近郊区間の旅と、沿線撮りは楽しめますので、アウトプットしてブログにアップするのも、良い事かと思います。

千葉房総地区で普通列車を中心に、運用されている209系2000番台も、鈍く光る線路や夕陽を入れて撮影すると、よりいっそう引き立ちます。

文章にしてネットに毎日アップするのは、ハードな面もございますが、鉄道ブログの魅力を伝えるには、良きツールかと思います。

2019年も迫っておりますが、どうぞ今後の読者の方々が、よりいっそうのご活躍を願いながら、来年も良い年で有ります事を、願いたいと思います。

この1年、当鉄道ブログへ閲覧頂きまして、有り難うございました。

それでは来年も、鉄道ブログを継続して更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ良い年をお過ごしください。

※写真は鈍く光る線路と夕陽をバックに、外房線の誉田〜土気間を通過する、209系2000番台で運転中の普通列車。

撮影日2018年4月4日


_20181231_213819.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

臨時列車も多数運転されておりますね

こんにちは。2018年も今日で最後ですね。

大晦日の月曜日、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

さてJRもこの年末年始に、多数の臨時列車が運転されておりますが、東京在住の私が注目するのは、JR型車両で普段は運転されて無い車両が、臨時列車で走る時は、乗ってみたい気持ちと沿線で撮影したい気持ちが、交差いたしますね。

写真の651系電車も、今冬に運転される臨時列車に、特急水上号が上野〜水上で運転されておりますね。

上越線で営業運転する臨時の特急列車ですので、下り列車に関してはほぼ、満席で運転された様ですね。

個人で乗り鉄を楽しみたい鉄道ファンは、4号車グリーン車の1人用席を、早々確保された用で、運転当日にえきねっとで調べたら、グリーン車は通路側に2席しか無い状況でした。

その他に高崎〜成田で運転される、快速成田山ぐんま号も、E257系500番台で運転される様で、こちらは来年の運転になりますが、やはり指定席はほぼ満席に近く、青春18きっぷ組が指定席を、確保した様ですね。

渋滞知らずの鉄道とは言え、帰省ラッシュとUターンラッシュで、混雑は激しい様ですので、年末年始の乗り鉄を楽しむには、予め確認してから乗らないと、混雑やトラブルに、巻き込まれますから要らぬストレスは、軽減したいものです。

昨日も高崎線の湘南新宿ラインの、グリーン車に乗車いたしましたが、東京副都心を通る為、やはり快速列車や普通列車のグリーン車は、長距離列車を中心に、満席の状態が続いており、通路やデッキに立って移動する乗客も、何人かいらっしゃった様です。

繁忙期のJRグループは、割引切符も使用できないのが多いですが、少ないながらも割引切符は発売しておりますので、年末年始の乗り鉄を楽しむ方々は、要領良く楽しんで欲しいと思います。

昔に比べて鉄道移動も、楽になって来ておりますので、時刻表とにらめっこしながら移動すれば、車両の運用も掴めますからね。

2018年の鉄道を総括すると、前半はダイヤ改正等でお別れ列車や路線廃止等で盛り上がりましたが、後半になったらトーンダウンした年かなと思います。

平成最後の年末年始ですが、読者の皆さんもこの1年を振り返り、どんな年だったでしょうか。

来年2019年も迫っておりますが、日本の現状は益々、厳しくなると思いますので、体には気を付けて、良い年をお過ごしください。

※写真は北浦和〜与野間を走る、651系電車の回送列車。
臨時列車の特急水上号は今回、651系電車7両編成で、運転されている。

撮影日2018年7月29日


_20181231_104941.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2018年12月30日

東北新幹線の車両トラブルの影響で宇都宮線は混雑が激しかった様です

こんばんは。今年最後の日曜日の夜、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

今日の関東地方は、冬晴れの天気でしたので、行楽・帰省・大掃除日和でした。

年末年始の交通機関は今日も混雑いたしましたが、日本海側の大雪の影響で、航空券の欠航も発生し、帰省客に影響が出た様です。

鉄道も例外では無く、大雪の影響により一部の路線で、運転見合せも発生した様ですね。また東北新幹線も午前中に、車両トラブルでブレーキ故障により、約2時間近く運転見合せになり、夕方17時現在も、遅れが発生している様です。

東京駅では年末年始を故郷や、リゾートで移動する乗客の、阿鼻叫喚が発生し泣き声や怒号も飛びながら、駅員も乗客対応された様で、どちらも大変だったと思います。

東京駅での東北新幹線の車両トラブルで、運転見合せが相次いだ為、並行する宇都宮線や東北本線の普通列車には、振替乗車で移動する帰省が乗り込み、宇都宮線の普通列車・快速列車のグリーン車は、満席や立ち客が多く発生した様です。

また宇都宮線も午後になり、乗客対応等で遅延した為、東北新幹線と共にダイヤ乱れは、終電近くまで続きそうです。

本来、東北新幹線で東京や上野又は大宮から宇都宮〜郡山まで移動するのが、宇都宮線・東北本線は運転しておりましたので、振替乗車の乗客が宇都宮線で移動しても其ほど、苦痛にならない距離ですから、宇都宮線のグリーン車も上野東京ラインの品川以西から移動中の、乗客も加わり軒並み満員になった様です。

特に宇都宮や黒磯行きの、上野東京ライン直通列車の車内は、地獄の様な移動だったと思います。


2018年も明日で終わりますが、大晦日に故郷に帰る方や旅行される方は、くれぐれも風邪引かない様に、気をつけて移動してください。

写真は宇都宮線を走るE231系電車。

撮影日2018年4月29日



_20181230_172821.JPG




にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

年末年始も指定券が取りやすい特急しおさい号

おはようございます。2018年最後の日曜日、如何お過ごしでしょうか。

東京の今年最後の日曜日は、冬晴れの天気で、1日を過ごす事ができそうです。

今日もこの年末年始に、海外旅行や国内旅行、帰省で各交通機関は、混雑が激しいかと思います。

ただ年末年始で各交通機関が混雑し、満席の車内で、立って移動しなければならない列車も有るならば、乗車当日に指定席を予約し、指定券を購入しても乗れる列車はございます。

写真の特急しおさい号は、東京と千葉の銚子を結び、255系電車9両編成で、運転されておりますが、4号車に普通車座席と変わらないグリーン車も、営業しております。

約135kmの距離を結ぶ特急しおさい号も、JR東日本のB特急料金で、安く乗車できますので、年末年始もお得な感じかと思います。

4号車に連結されているグリーン車は前述の通り、普通車と変わらない4列座席で、ややシートピッチが広いのと、フットレストが付いている点が、普通車と違う点かと思います。

ただ年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の時期等の繁忙期でも、空席が有る場合が多いので、千葉銚子まで騒々しい普通車で移動するならば、やや高いグリーン料金をプラスしても、乗る価値は有るかと思います。

以前移動した時、千葉駅で普通列車を待ってた際に、特急しおさい号のグリーン車の車内を、ホームから覗いてみましたが、少ないながらも利用者は居た様です。

まあ特急しおさい号のグリーン車は、何処か分からない、馬の骨の様な乗客から疎開し、快適に移動する為の空間と思えば、グリーン料金も納得できるかと思います。

特急しおさい号には車内販売の営業は、ございません。以前は車内販売も営業しておりましたが、採算の面で厳しく廃止になった様です。

もし特急しおさい号の車内で、飲食しながら移動したい場合は、予め東京駅や千葉駅の駅ナカ等で、飲食品を購入して乗車される事を、お勧めいたします。

前述の特急しおさい号のグリーン車を東京から銚子まで利用する場合、やや高いグリーン料金が気になる方は、千葉から乗車して、100km未満のグリーン料金で利用するのも、良いかと思います。東京〜千葉は代替として、総武快速線のグリーン車を利用して、特急料金とグリーン料金を、節約すれば良いですね。

運賃や特急料金、グリーン料金に関しては、市販の時刻表やJR東日本のみどりの窓口等で、お尋ね願います。

それでは今年も今日を含め、あと2日となりましたが、お体に気をつけて、お過ごしください。

※写真は総武本線の物井〜佐倉間のカーブを通過する、特急しおさい号で運転中の255系電車。

撮影日2018年1月15日



_20181230_092426.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2018年12月29日

新幹線や特急もチケットレスサービスが拡大して欲しいですね

こんばんは。寒波の厳しい今年最後の土曜日ですが、読者の皆さんは旅行や帰省の他に、自宅の大掃除や正月商品の買い出しで、過ごされた方々も、いらっしゃるかと思います。

今日は午後から所用で、JR線を利用いたしましたが、新幹線や特急の利用者も多く、混雑しておりましたね。

あとちょっと気になったのは、JR東日本の駅で指定席券売機が設置されているのに、窓口が混んでいるのが気になりましたね。

確かに繁忙期の指定席券売機も、列に並んでおりますが、窓口に比べるとやはり早く済ませられる為、短時間で順番が回っている感じでした。

まあみどりの窓口の長蛇の列も、一概に新幹線や特急の指定券ばかりで無く、指定席券売機で発券できない、寝台券や学割等の証明書が必要な割引券、その他にきっぷの払い戻しや、Suicaの払い戻しで、並んでいる乗客もいらっしゃるかと思いますが、これが券売機で発券可能な新幹線や特急の指定券で有れば、駅係員も券売機に、誘導すれば良いかと思います。

折角、様々な使い方ができる指定券券売機を投入したのに、窓口に並んでそれだけの為にきっぷを購入するのは、時間も勿体無いですからね。

その他にはJRも、チケットレスサービス適用の列車を、もう少し増やせないかなと、思ったもしております。

そうすればわざわざ、駅や旅行代理店に足を運ばずに、スマホ1台でチケットを決済できますからね。

JR東日本では、在来線の特急の一部で、チケットレスサービスが導入されましたが、新幹線だとJR東海のスマートEXと言うサービスで、チケットレスサービスができる様ですね。

スマホがきっぷになる日も、JRの新幹線と在来線特急列車で、実現しておりますが、将来的にはJRグループの、全新幹線と特急で、チケットレスサービスが、展開される日も、近いかと思います。

スマホでチケットレスできれば、きっぷの手間も軽減できますからね。

明日も各交通機関は混雑いたしますが、どうぞストレスにならない様に、お体に気をつけて、要領良く移動してください。

※写真はチケットレスサービスを、実施している常磐線の特急E657系電車。
松戸〜金町にて撮影。

撮影日2018年5月15日


_20181229_164933.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

普通列車・快速列車で気軽に移動すれば良いのでは

おはようございます。今日から年末年始の休みに入った方も、多いかと思いますが、各交通機関は朝から混雑しておりますね。

この年末年始は来年の1月4日・5日を有給に当て、長期で休みにした方々も、いらっしゃるかと思います。

曜日の関係で長期休みが取れた方々も、海外旅行や国内旅行、長期の帰省で移動中かと思いますが、SNSを閲覧すると新幹線や特急の自由席で立って、移動されている方々も、かなりいらっしゃる様ですね。

もしこの時期に新幹線や特急の指定席が取れず、自由席で立っての移動が嫌で有れば、時間は掛かりますが、普通列車や快速列車の乗り継いでの移動も、考えてみては如何でしょうか。

普通列車や快速列車の場合、一部の列車を除き、ほとんどが自由席ですので、予約不要でお気軽に移動する事ができます。

乗り換えは確かに面倒臭いですが、身動きできない車内で、立って移動するよりはマシですからね。

また今の時期はJRグループで発売中の、青春18きっぷもございますので、要領よく移動すれば、快適で安上がりな交通費で、移動する事は可能ですからね。

昨日の鉄道ブログでも掲載いたしましたが、首都圏の近郊区間で営業運転中の、普通列車グリーン車も、それ専用の普通列車グリーン券を購入すれば、青春18きっぷでも快適に、移動する事は可能ですので、車内で静かに過ごせるかと思います。

まあ首都圏の普通列車グリーン車も、長距離の普通列車や快速列車のグリーン車は、やはり混雑している様ですので、この辺りはやはり短距離普通列車や快速列車のグリーン車を利用し、乗り継いで行けば快適な車内で、移動できるかと思います。

今日は首都圏近郊区間を運転する、普通列車・快速列車のグリーン車も、日中は乗客が多いかと思いますが、それでも短距離普通列車・快速列車のグリーン車は、まだ座席に余裕が有るかと思いますので、上手くグリーン車を乗り継いで、ストレスを軽減して欲しいと思います。

首都圏近郊区間の普通列車グリーン車は、同一方向で途中下車しない場合に限り、グリーン車の乗り継ぎが可能です。

詳細に関しては時刻表やチェックしたり、JR東日本のホームページ等を、チェックしてください。

2018年も残り僅かになりましたが、年末寒波の影響で、体調を崩しやすい時期ですので、読者の皆さんもお体に気をつけて、良い年をお過ごしください。

※写真は山手貨物線のカーブを通過する、湘南新宿ラインの快速列車で運転中のE231系電車。

撮影日2017年2月

2017-004-0131A.jpg



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2018年12月28日

明日から首都圏の普通列車グリーン車も混雑しそうですね

こんにちは。御用納めの午後、如何お過ごしでしょうか。

東京も気温が低く寒いですが、今日の仕事納めや御用納めを過ぎれば、明日から年末年始の休みですので、職場内で大掃除をされている方も、余裕が有るかと思います。

さて今日は所用で常磐線の普通列車グリーン車を利用し、移動中でございますが、まだ平日金曜日の午後なので、車内は比較的空いております。

まあ最も土浦行きの普通列車ですので、後続の勝田行きのグリーン車は、そこそこ乗車して居るかと思います。

東京近郊区間の限定区間での運転ですので、気軽に安く乗れるので、新幹線や特急に比べ乗りやすいですが、乗客が多く乗車する分、残念ながらマナーの悪い乗客も乗って来ます。

普通列車グリーン車も、4号室・5号室の2階建て車両で運転されてますので、好みの逃げ場はございますし、後続列車も運転されておりますから、何とかなるかと思います。

首都圏の普通列車グリーン車も、だいぶ浸透しましたから、グリーンアテンダントも車内で、グリーン券を発行する手間は省けましたが、繁忙期はまだ乗り慣れない客も多く移動するので、事前に確認して快適に、移動したいですね。

今日は仕事を終えたその足で、帰省や旅行で移動される方々も、いらっしゃるかと思いますが、どうぞお体に気をつけて、お過ごしください。

※写真は宇都宮線のカーブを通過する、E233系電車。後ろ寄りの4号車・5号車に、グリーン車2両が連結されている。

撮影日2018年5月


_20181228_140523.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

特急列車の車内前面展望から初日の出を楽しみたいですね

こんにちは。今日で仕事納めの方々も多いかと思います。

日本海側では発達した低気圧の影響で、大雪になっている地域も有る様で、年末年始の帰省や国内旅行に、影響が出るのは避けられない状況です。

東京もここ数日、寒さも厳しくなり、厚手の羽毛布団を掛けても、寒く感じられ風邪引いた方も、いらっしゃるかと思います。

前置きが長くなりまして、失礼いたしました。

さて2018年も残す処、あと僅かになりましたが、年末年始のお休みを利用し、旅行される方で元日に、各交通機関を利用し、初日の出を楽しむ方もいらっしゃるかと思います。

飛行機も元日の初日の出フライトで、新年を機内で迎える乗客も多く、例年通り満席になりますが、鉄道でも初日の出の臨時列車を毎年、運転しておりますのでそれなりに、人気は有るかと思います。

ただJRの特急列車で、前面展望から眺めて、初日の出を楽しませてくれる列車は、時刻表を見る限りやや少なくなって来ており、ちょっと残念な気分になりますね。

定期列車メインで運用しておりますので、車両数の少ない特急車両や、山間を走る特急車両で、初日の出の臨時列車を実施するのは、難しい面も有りますが、車両数に余裕も有り、前面展望も良い写真の、JR九州の783系特急電車ことハイパーサルーンで、2019年の初日の出の特別臨時列車が運転されないのは、残念な気分になりますね。

元日と言う休日や、人件費の問題、採算の問題も有るかと思いますが、初詣や新年の温泉で入浴等を兼ねる、イベント券と一緒に発売すれば、乗客も集まるのでは無いでしょうかね。

宮崎県内と鹿児島県内を走る日豊本線で、日向灘や桜島の海に面した場所を、ゆっくり徐行したり、駅で臨時停車して2019年の初日の出を楽しみ、初詣と温泉や正月の郷土料理を食べ、健康祈願のツアー列車を運転すれば、鉄道利用もニーズ有りますからね。

まあ元日はおせち料理にお酒は定番ですので、当然ながらお酒を飲んだ後の、飲酒運転はできませんから、もっとその辺りをアピールして、売り込めば良かったと思います。

もし臨時列車の運転で、ダイヤの調整が厳しければ、特急ひゅうが号も車両の差し替えをして、列車名だけ「特急ひゅうが初日の出号」でも良かったのでは、無いでしょうか。

折角、良いロケーションの沿線を走るのに、様々な理由が有るとは言え、前面展望の783系が、元日の初日の出の特別列車を運転できなかったのは、残念にでしたね。

それでは今日もお体に気をつけて、今年最後のプレミアムフライデーを、お楽しみください。

※写真は日豊本線の南宮崎〜宮崎間の、大淀川橋梁を走る783系電車。
グリーン車と普通車の先頭車は、前面展望を楽しめる構造なので、JR九州も783系ハイパーサルーンを、有効活用して欲しいと思う。

撮影日2005年9月



_20181228_091133.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

2018年12月27日

東武10000系電車の全車リニューアル完了まで時間掛かりそうですね

こんばんは。木曜日の夜、如何お過ごしでしょうか。

明日で仕事納めの方もいらっしゃるかと思いますが、年末年始を海外や国内の観光地、帰省で故郷に帰る方は明日、業務終了後に直接、目的地にむかう方も多いかと思います。

私も年内の派遣業務を、前倒しで今日、終了いたしましたが、年末年始は自分の仕事をしておりますので、正月休みは実質無いのも同然です。

前置きが長くなりまして、失礼いたしました。

さて今夜も前回の鉄道ブログに引き続き、東武鉄道に関するブログを、更新したいと思います。

写真は東武東上線の撮影地、東武練馬〜上板橋間を走る、10000系電車のマイナーチェンジ版、10030系電車の写真です。

東武東上線の都内区間の、池袋〜成増の間は地上区間を走り、踏切も多く点在しておりますので、お気軽に撮影できる場所が多く有ります。

東武東上線も東京と埼玉を結ぶ、通勤・通学路線ですが、主力車両はやはり10000系電車が多い印象です。

自由自在の10000系も、東武東上線では池袋〜小川町は全て10両編成での運転で、中間車に連結されている運転台は、固定編成化されており、分割併合ができない様になっております。

10000系グループも、1983年〜1996年に掛け486両が製造されましたが、全車リニューアル工事に、かなり時間を要しております。

リニューアル編成は車内を始め、外観もパンタグラフのシングルアーム化や、LED表示に改造されております。

ただリニューアル工事施工車両と、非リニューアル車両では、格差も出ておりますので、早急にリニューアル工事が完成して欲しいですね。

10000系グループの車両486両も、まだまだこの先、運転されそうな予感がいたしますので、事故の無い様に運転して欲しいです。

※写真は東武東上線を走る、1000系電車代池袋行き。

撮影日2018年8月


_20181227_195610.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

東武500系リバティがJR線に乗り入れる日は来るのか

おはようございます。木曜日の朝、如何お過ごしでしょうか。

年の瀬なのに、久しぶりの満員電車に、うんざりしながら鉄道ブログを更新しておりますが、今年は今日で満員電車への乗車も最後ですので、気分的にやや楽かなと思っております。

さて今年の鉄道友の会でローレル賞を受賞した、東武500系特急電車のリバティ(以外リバティ)ですが将来、同100系スペーシアの様に、JR線に乗り入れて新宿から東武日光・鬼怒川温泉又は会津田島まで、運転される日が実現するのかと思い、色気と考えてみました。

もしリバティが、新宿から東武日光と会津田島行きで運転された場合、少なくとも会津田島までは、快適に移動する事ができそうですね。

会津田島は高速バスも、東京や新宿から
運転されておりませんし、高速バスの運転も、東京や新宿から会津若松や喜多方への運転ですからね。

東武鉄道の効率的な輸送体系で、運転できそうな感じですね。

ただリバティを今のまま、JRに乗り入れる事はできないと思いますので、JR東日本で運転可能な、保安装置の設置や乗務員訓練、試運転も欠かせないかと思います。

ただ東武鉄道も、鬼怒川線や第3セクターの野岩鉄道・会津鉄道共に単線ですので、線路容量やホーム有効長を考えると、3両編成で運転可能なリバティを、JR線に乗り入れさせたいと、考えているかと思います。

新宿発着の東武日光・鬼怒川温泉方面の特急も、午後に新宿を発車する列車は、空いておりますから6両固定編成のスペーシアや、JR東日本の253系よりは効率に、運転できそうな感じですね。

来春のダイヤ改正では、特に変化無い様ですが、2020年頃のダイヤ改正で、置き換えられそうな、感じがいたします。

それでは今日も、お体に気をつけて、行ってらっしゃい。

※写真は東武線を走るリバティ。

撮影日2018年5月20日


_20181227_075317.JPG



にほんブログ村



にほんブログ村







posted by soloonly at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。