ファン
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年07月14日

踏切事故に遭遇したE353系電車の運用変更が有りそうです

こんにちは。3連休中日の日曜日、如何お過ごしでしょうか。

東京は生憎の雨模様の天気で、気温も7月とは思えない様な、肌寒い休日です。

さて昨日は、篠ノ井線の村井〜広丘の踏切で、松本発新宿行きの特急あずさ22号(E353系S102編成+S206編成)が、踏切で立ち往生してた乗用車と、衝突いたしました。

この事故により乗用車は大破し、E353系電車もスカートや、ブレーキ管、汚物処理タンク等が破損し、車体にも傷が付く被害に遭いました。

ただ幸いな事に、乗用車のドライバーと、特急あずさ22号の乗客約170名と乗務員に、負傷者が居なかったのは、良かったと思います。

今回の踏切事故ではE353系の、付属編成(S206編成)の被害が激しい状況で、これから長野総合車両センターに回送し、修繕されるかと思います。

現在は、塩尻大門で一時期に留置しておりますが、近日中に事故に遭遇した、全12両編成が回送されるかと思います。

基本編成のS102編成は、ちょっとスカートに傷が入ったものの、大きな被害は無かったので、長野総合車両センターで整備してから松本車両センターに、回送されるかと思います。

その後は松本車両センターで整備して、特急あずさ号や特急かいじ号等の運行に、充当されるかと思います。

問題は中破したS206編成3両が、暫くは運用離脱し、長野総合車両センターで修繕されるかと思いますので、11編成のうち10編成稼働中の運用を、大幅に見直すかと思います。

付属編成付きの編成で、どうしても12両編成で運転しなければならない、朝に新宿や千葉を発車する特急あずさ号や、特急かいじ号と特急富士回遊号の連結列車以外は、12両から9両での減車で、運転されるのでは無いかと思います。

この3連休以外に間もなく、夏休みに入りますので、土休日とお盆の時期は、E257系の臨時特急あずさ号・特急かいじ号の運転で対応させ、特急はちおうじ号に関しては、12両から9両で全列車が、運転されるのでは無いかと思います。

踏切事故による繁忙期の稼ぎ時に、E353系の付属編成の損傷は、JR東日本長野支社も痛手ですが、今回の事故を踏まえて、付属編成に関しても、S112編成以降の増備は、必要になるかと思います。

臨時のE257系で運転される、特急あずさ号や特急かいじ号も、9両で運転して混雑が激しかったならば、同系の付属編成も、長野総合車両センターで整備し、一時期に運用復帰しそうですね。

車両運用の詳しいスケジュールは、私もJR東日本に勤務しておりませんので、あくまでも予想で、鉄道ブログを書いておりますが、考えられる方法に関しての、読者の皆さんとの相違に関しては、どうぞご留意願います。

昨日の踏切事故は15時06分頃に発生し、現場からE353系が塩尻大門に回送されたのは、20時34分頃でした。

今回の踏切事故で、後続の特急あずさ号や特急しなの号は、一部列車で運休となりましたが、松本駅等で混乱やトラブルが無かったのは、中央道の高速バスで新宿や名古屋に、移動を変更された方々や、長野までバス・タクシー・レンタカーを利用し、長野まで移動して北陸新幹線で、東京方面に向かった乗客も、多かったと思われます。

それでは3連休中日の日曜日の午後も、楽しいひとときを、お過ごしください。

※写真はカーブを通過する、E353系電車の特急あずさ号。
今回の踏切事故で中破した、付属編成のS206編成の離脱により、10運用1呼車体制が、変更されるかと思われる。

撮影日2018年3月11日 八王子〜豊田にて


_20190714_083652.JPG


img src="//railroad.blogmura.com/img/railroad88railroad.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村



にほんブログ村









posted by soloonly at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。