ファン
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月15日

雨の中を疾走する651系電車の回送列車

東北地方は今日から、梅雨入りしたそうですが、折角の週末に雨模様の天気は、テンションが下がりますね。

さて以前、梅雨の時期に因み、雨の中で沿線撮りした、651系電車の回送列車の写真を、アップいたしました。

雨で濡れた線路は鈍く光り、その後方から651系電車の回送列車が、「回送」のヘッドマークを輝かせて走るシーンは、何処か哀愁漂う写真となりました。

こちらの写真は昨年の3月に撮影いたしましたが、撮影した当時は気温も低く、寒さも厳しい時期でした。

ただ6月だと極端な寒さは無いので、沿線に旬の紫陽花や立葵の花と一緒に撮影できれば、不満も解消できそうですね。

まあそれでも雨の中、鉄道写真を撮影するのは、容易ではございませんので、三脚やビニールカバーも揃え、撮影地に足を運ぶのは、修業かと思います。

6月も半ばになり紫陽花や立葵も、ピークの時期ですが、鉄道写真と絡めて撮影すると、よりいっそう引き立つと思います。

今日も雨の中を撮影地で、鉄道写真をされている方々も、いらっしゃるかと思いますが、どうぞ足元に気をつけて、撮影してください。

※写真は高崎線の行田〜熊谷ゆ走る、651系電車の回送列車。
雨の中を疾走する651系も、回送の表示が輝いて、見える様な感じで有る。

撮影日2018年3月21日


_20190615_133048.JPG


img src="//railroad.blogmura.com/img/railroad88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" />
にほんブログ村



にほんブログ村











posted by soloonly at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

特急日光号・特急きぬがわ号の横浜発着実現を

こんにちは。週末土曜日の東京は、雨模様の天気で外は肌寒いです。

さて東京の新宿と栃木の日光を結び、埼玉の栗橋から東武日光線に乗り入れる、特急日光号や特急きぬがわ号ですが、日光に行くには、やや不便な横浜発着で、運転するようになれば、利便性はよりいっそう高まると思います。

神奈川県から栃木県の日光や鬼怒川温泉の方へ、旅行に行く人も少なく無いと思いますし、県内の小学校や中学校の修学旅行では、日光へ移動する学校も、少なく無いと思いますからね。

JR東日本が横浜発着又は、鎌倉総合車両センターの有る大船発着の、定期列車を運転しないのは、写真に掲載の253系電車が、6両2編成の12両しか無い事や、湘南新宿ラインの線路容量の関係、横須賀線のダイヤ調整が、ネックスなのかと思われます。

車両に関しては、昨日の鉄道ブログでもお伝えした通り、千葉房総地区の特急廃止で余剰になっております、E257系500番台電車を改造し、東武日光線や鬼怒川線に乗り入れが、可能になれば運転できます。

あと問題は線路容量やダイヤですね。平日は本数が多くて難しいので有れば、土休日や年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の時期に限り、運転するのも良いかと思います。

車両面では、東武日光線の栗橋〜東武日光および、鬼怒川線の下今市〜新藤原は、ホーム有効長が6両分しか無いので、現在のJR東日本の車両から乗り入れとなると、253系の他にE257系500番台と、E259系の6両編成に限られてしまいます。

E259系には6号車と12号車に、グリーン車が連結されております。もし東武鉄道へ乗り入れる場合、グリーン車の扱いをどうするのかが問題になります。

東武鉄道側はJRのグリーン車の取り扱いで、グリーン料金の申請を、国土交通省に提出しなければなりませんし、東武スペーシア100系電車には、グリーン個室のみになる為、その取り扱いについて、問題になります。まあ253系電車も元グリーン個室を、復元して復活しても良いと思いますね。

JR東日本が東武鉄道に乗り入れる場合、グリーン車連結により、東武鉄道との旅客収入の配分も、問題になりますので、E259系では難しいですね。

そうすると候補はやはり、E257系500番台の東武鉄道乗り入れ改造が、今の現状から増発を考えると、妥当な処かなと思います。

確かに6両編成の253系より短くなり、5両編成のE257系500番台になりますから、乗車人員も減少いたします。

それでも東武鉄道側からすると、東武の保安装置が取り付けられて、5両編成となるとホーム停車時の、乗務員負担は軽減できますね。

253系も2編成しかございませんから、検査時や1編成で運転する場合にもしも、不具合が発生したら運休になりますからね。

年間を通じて観光客も多い、日光への安定的な輸送を考えると、余剰のE257系電車を改造し、東武日光線や鬼怒川線に乗り入れて、新宿発着以外に横浜・大船発着や、八王子・立川発着が有っても良いと思います。

技術的な問題による乗り換えを強いられる場合を除いて、何度も乗り換えて鉄道を、移動する時代では無いですからね。

今後のダイヤ改正で実現する日が、来て欲しいと思います。

※写真は253系電車で運転中の、特急きぬがわ5号の鬼怒川温泉行き。

撮影日2018年6月1日 北浦和〜与野にて


_20190615_095046.JPG

img src="//railroad.blogmura.com/img/railroad88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" />
にほんブログ村



にほんブログ村











posted by soloonly at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。