ファン
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月05日

上野東京ライン・湘南新宿ラインのグリーン車の車内販売が今日から便利になりました

こんにちは。今日から首都圏で営業運転されている、普通列車グリーン車の車内販売が、便利になりました。

先月の鉄道ブログで、横須賀線・総武快速線のグリーン車の車内販売で、ICカードのSuica・PASMO等が、利用可能になった記事を掲載いたしましたが、今日から上野東京ラインと湘南新宿ラインのグリーン車の車内販売でも、ICカードを利用できる様になりました。

令和の時代になってやっと、首都圏の普通列車グリーン車の車内販売は、キャッシュレス化いたしましたが、営業開始してから15年目にしてやっと、実現した感じですね。

JR東日本の車内販売は、特急・新幹線で販売商品の縮小と廃止により、減少いたしましたが、人口も多く利用者も増加中の、普通列車グリーン車(快速列車含む)に関しては、一部の区間を除き、ほとんどの列車で営業しております。

価格はスーパーやコンビニの販売価格よりは、やや高くなりますがその分、車内でソフトドリンクとアルコール、おつまみ品は購入できますので、グリーン車内で堂々と飲食できるのは、メリットが大きいと思います。

勿論、お酒を飲み過ぎて車内で騒いだり、大声を出すのは論外ですが、普通に飲食するならば、私は構わないと思いますね。

グリーンアテンダントも、車内販売で販売する飲食品は、グリーン車の車内で飲食を前提とした商品を、販売しておりますからね。

まあお土産品は持ち帰り商品かと思いますが、ソフトドリンクやアルコール、おつまみ品に関しては、グリーン車の車内で、飲食しても良い商品ですからね。

もし他の乗客に迷惑になったり、車内での火災に発展する、煙草類は販売しておりませんし、グリーン車の車内も当然ながら禁煙ですから、商品を置いても売れないですからね。

最近はネットで、電車内の飲食マナーに対する、書き込みを見掛けますが、車外から購入して匂いのキツイ、飲食品を除けば、車内販売で販売されている、ビールやおつまみで、目くじら立てて、批判される筋合いは、無いですからね。

私も東京在住で、近郊の神奈川・千葉・埼玉等に移動する際に、普通列車のグリーン車の車内販売を、よく利用いたしますが、ビールや柿の種を車内で静かに、飲食しますね。

確かに柿の種は音がでますが、だからと言って食べるのを止めろと、車内の他の客が言って来ても、止める筋合いは無いですからね。

ただ空き缶や屑物は、下車する際にゴミ箱に捨てて、座席のリクライニングと、テーブルは元の位置に、戻してから降りれば、何も文句は無いですからね。

今日これから首都圏の普通列車グリーン車に乗り、車内販売を利用される方々は、ICカードを利用して、購入してみては如何でしょうか。

※写真は上野東京ラインで運転中のE233系電車。
後方寄りの4号車と5号車には、2階建てグリーン車が連結されており、グリーンアテンダントによる車内販売も、一部区間を除いて営業されている。

撮影日2018年6月19日 北浦和〜与野にて



_20190605_075523.JPG


img src="//railroad.blogmura.com/img/railroad88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" />
にほんブログ村



にほんブログ村













posted by soloonly at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道

もしもE657系電車にグリーン車2両が連結されていたならば

おはようございます。今朝の東京は曇り空の天気ですが、爽やかな風が吹いております。

常磐線の特急ひたち号・特急ときわ号で運転されている、E657系電車は勝田車両センターに全車、10両17編成170両が配置されております。

E657系のグリーン車は、5号車に連結されておりますが、もしも4号車の普通車もグリーン車だったならば、185系電車の10両で運転されている、湘南ライナーを置き換えても、良かったかも知れませんね。

一応E657系も横浜以西は、総合製作所横浜事業所から新製された編成が、逗子から試運転を兼ねて、横須賀線や東海道本線で運転されましたからね。

まあ厳密に言えば、大船以西は自力での試運転や回送運転は、まだ無い様ですが、交直流電車も東海道本線の東京〜熱海の、JR東日本区間ならば試運転すれば、特に問題は無いと思いますからね。

もし湘南ライナーの185系が、E657系に置き換えられて、営業運転したとしたら、定員は減少し乗降扉は減少するものの、車内にグリーン車・普通車を含めて全席、コンセント付きですので、朝の通勤時にスマートフォンの充電や、ノートパソコンを使用しての、ちょっとした仕事を、車内でできますからね。

後は遅延した場合に、最高速度が185系より早いので、遅れを最小にする事ができる点かと思います。

交直流特急電車で車両数も少ない事から、東海道本線のライナー運用には、充当されて無い様ですが、大船から横須賀線を経由して、成田空港に向かう特急成田エクスプレスも全車両に、コンセントが付いておりますから、乗車券以外に特急券を購入すれば、大船から東京まで特急通勤できますからね。

185系電車が東海道本線を走る姿も、残り少なくなって来ましたが、置き換えの際に湘南ライナーも、特急に格上げされる噂は出ておりますので、乗りたい方は早めに、乗車する事をお薦めいたします。

それでは今日も気をつけて、行ってらっしゃい。

※写真は常磐線の松戸〜金町間を走る、特急ひたち号E657系電車。

撮影日2018年5月15日

_20190605_052835.JPG


img src="//railroad.blogmura.com/img/railroad88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" />
にほんブログ村



にほんブログ村













posted by soloonly at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。