ファン
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月01日

社畜養成機関の学校教育に意味無いだろ

今月は卒業シーズンですが、学生時代を振り返ると、義務教育の小学校・中学校の教育に、否定的な感じで授業を受けておりました。

当時住んでいたマンモス団地は、そのエリアだけで1つの村社会みたいな街でした。

その学校の教師から同級生・先輩・後輩と全く価値観も合わず、約9年近くは本当に黒歴史でした。

現在、大人になり学校教育のおかしさに対して、物を申す年齢になりましたので、ブログでも書き込みしておりますが、時代に合わない教育を、文部科学省の官僚が教育委員会を通じ、教師から児童・生徒への教育に、果たして旧態依然の教育が、正しいと言えるのでしょうか。

学校内の虐めは人間なので、皆仲良くと言う虚構教育は、無いに等しいと思います。また教育委員会の虐め隠蔽体質も、昔から変わらない状況でございます。

もう虐めや義務教育の学校教育に対し、不信感を感じながら、我慢して教育を受ける事に、価値は無いと思います。

グローバル化やAI化で、労働者養成教育をしても将来貧困化するだけでしょう。

否定的なブログの書き込みになりましたが、皆さんはどう思いますか。


posted by soloonly at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

2017年01月28日

学校の部活動なんて自由参加で良い









中学時代はサッカー部に所属し、高校時代は陸上部に所属した私は、学校の放課後課外活動の部活動で、毎日の練習や休日の練習と試合に正直、ウンザリしながら参加しておりました。

何故ならば、放課後の課外活動である部活動て、勉強で机に座りじっとして黒板に向かって授業を聞いている体制の時間が長く、気分転換の為に運動をする処だと認識しておりました。

しかし同級生の中には、「部活動の運動部は試合で勝たなくてはいけない、課外活動だから毎日練習しなければならない。またみっちり遅くまでやらなければならない。」との価値観に毒された同級生・先輩・後輩が多く、また練習もキツイ為、中学時代はウザイその環境に嫌気が射して、時々サボったりもしました。まあサボったりして休んだら、何故か同級生が文句を言い、顧問に叱られた経験もございますが、私は全体主義が強い公立の小学校・中学校が嫌いで、当時住んでいた公団団地内の学区にある、小学校や中学校に通学するのが大嫌いでした。

中学校卒業後、高校は男子校でサッカーの様な集団スポーツに嫌気の射していた私は、個人競技で運動ができてお金も掛からない陸上部へ入部いたしました。因みに通学した中学校は当初、陸上部は有りませんでしたが、私が中学2年の時に新設されました。ただ転部も認めない公立中学校でしたので、嫌々ながらサッカー部を続けました。(笑)

ところが高校で折角入部した陸上部も、新人の顧問が駅伝や長距離にウェートを置く方でしたので、長距離を走るのは構わなかった私ですが、駅伝もやれと言われた時は正直、ガッカリいたしました。

運動部に所属しながら集団行動が苦手な私は、どうも部員の同級生や先輩・後輩との価値観も大きく離れており、当時実業高校で男子校と言うこともあり、高校時代の青春を謳歌して就職すると言う価値観が、私には全く合わなかったのです。私は中学時代の成績が最悪で、高校も仕方なく入学した男子校でしたので、大学へ現役合格したい気持ちは高校1年生の入学時から思い続けておりました。

そんな私の性格でしたので前述の、同級生・先輩・後輩との価値観は全く合わずに、周りから浮いた感じで続けておりましたが、陸上部を辞めるきっかけになったのは、後輩からの陰口をたまたま聞いてしまったのです。言いたいことがあれば直接、私に言えば良いものを陰口を聞いた私は、その日から部活動に対する情熱と、価値観の合わない同級生・後輩との時間が無駄に感じる様になりました。

そして高校3年生へ進級する前に、顧問の処へ退部届を提出し私は約2年間の、高校陸上部人生に幕を下ろしました。顧問からは「〇〇(私)お前は陸上に対する情熱はそんなものなのか?、高校3年の秋の大会出場まで、他の同級生は頑張るのにお前は先に逃げ出すのか?」と言われたので私は、「私にはこの高校を卒業したら現役で大学へ進学したいので、勉強へ集中する時間が必要です。その夢は中学時代から果たしたい目標がありました。陸上部を3年間続けるよりも、将来の人生と就職活動に於いて、自分の人生を少しでも有利にする方が、陸上部で3年間やるよりも有益です。私と同じ同級生の部員は皆、高校3年間の思い出として卒業後は就職するそうです。私との方向性は相違いたしますので、これ以上私が続ける意味はございません。色々お世話になりまして有難うございました。」と告げて、陸上部を退部いたしました。

大学現役合格と、親からの要請で運転免許を、高校3年生の卒業迄に取得する目標も有ったので、他の部員とあまり仲の悪い部活動の人間関係を続けても、大学現役合格も運転免許取得も得られないと思いましたので、陸上部は辞めて正解だったと思います。

まあ私の人生から言えば、部活動は本当に全国大会を目指したいのであれば、毎日参加して練習に励めば良いと思いますし、緩く仲間と半分遊び間隔でたまに出たいのならば、それでも良いと思います。またその様な価値観を一方的に押し付けるのは、好ましい事では無いと思いますので、緩やかに課外活動すれば良いと思います。

高校の陸上部では中学のサッカー部の時と異なり、予選会にも出場できたことは顧問へ感謝しております。しかし私は大学現役合格を果たしたい目標もございましたので、中途退部をした事に関しては一切、後悔しておりません。

因みに大学現役合格と運転免許取得は、高校卒業時に果たす事ができました。(勿論、大学も4年で卒業しました。)

部活動の人間関係で悩んでいる生徒も、大会や試合に出場するレギュラーになる場合は兎も角、そうでなければ自分の判断で参加・不参加をしても良いと私は思います。無理に周りに合わせる必要性は無いと思いますので。もしこれで虐めが発生した場合は、担任や学校長・教育委員会に言うのでは無く、弁護士へ相談いたしましょう。学校や教育員会へ対応を期待しても、空振りに終わる事が多いですし、隠蔽して来ますので。










posted by soloonly at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。